かつおさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数80

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【雑談】モーサイ。

    2017年03月20日21時19分 作成


大阪モーターサイクルショーに行って来ました。排ガス規制以来、今一面白味に欠けていた国内各社250ccクラスに、ようやく魅力的なニューモデルが揃い始めました。販売開始と、今年の試乗会が楽しみです。

残念ながら、購入予定は有りませんが...。
img

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    ちゃんねるへのコメント

    初めてちゃんねるを投稿してみましたφ(..) 皆さんは普段どんなちゃんねるにコメントを寄せてますか? また、どんなちゃんねるはスルーしてますか?

    コメント | 13

    お気に入り | 2

    PV | 291

  • 2

    Thumbnail

    無職のネカマに抗議したけど(ユンゴク→ヤンセン→ヨウ○ウにまたハンネ変えてます)

    ヨウ○ウ(現在:またユンゴク→ヤンセンからハンネ変え)というハンネで 女性の記事と女性オーナーのサークルに年齢、住み、性別まで偽って すぐ、飛びついてくる本当は40代後半(目的の女性によって38歳、44歳に変化)の男。 初期のハンネはモミコ。困ってる女性、疑うことを知らない女性に紳士ぶった回答で近づき、 女性なら貞操観念なく飛びつき、誰にでも突然ミニメをしてくる。 意見に賛同しなかったり、拒否ると暴言メールを送りつけてきたり、暴言記事を作る。 奥さん、子供、仕事の自慢はウソ。相手によって内容も職種もころころ変わります。 いつもの調子で彼が得意気に話していると、それ以前と話しが違うことに気付いた女性から どれが本当なのか?あなたの話しは信用できない!と問い詰められたりしていました。 それらの方から抗議されないように 彼は、これまでハンネを毎日変えたり、 女性でアバ登録したり、サークルに複数参加したりして通報しようとしても、 これなら特定されにくいだろうと考えたのか、そうやって逃げてました。 一時期干されていたのに、最近また横行中!! 強制退会を何度も喰らってるウソつき男です!!みなさん注意しましょう!!! 気に入った女性に粘着質なフォローをしてきます! 迷惑なのは彼が強制退会になる度にフォローしてきた彼のアバの残骸が残り削除できないらしいです。 一説によると彼は強制退会後、再登録したときにそれを頼りに対象の女性を見つけるためだとか。 彼の過去を知らない方々、気をつけましょう!!

    コメント | 34

    お気に入り | 5

    PV | 289

  • 3

    Thumbnail

    笑ってはいけないが…。

    私は他人の日記等を殆ど見ないのだが、面白そうなタイトルの記事が有ったので拝読したのだが、それには悪質なネカマ・ストーカーの事が書かれて有り、その人が私が先日掲載した記事にコメントして来ていたり、goodしたり来ていた。私は何となくウザイ奴と思って無視したままなのだが、そのウザイ奴は私が以前相談相手(?)になってた女性と同じサークルに入っている事が判明!たぶん、彼女目当てに入って来たと思う。その時からちょっかい出して来ていたから。教えてあげようかな?と思ったけど50代の大人なのだから自己責任でやればイイと思いワザワザ私から連絡するのは止めにする。もう余計なお節介は彼女にはしないと決めたのだから…。

    コメント | 1

    お気に入り | 3

    PV | 268

  • 4

    Thumbnail

    ここナンパスポット? オレもLINEしたいな 女性と(笑)

    メル友ほしい LINEしたい 自己PRが人気ない、ミニメないからと… ちゃんねる の方がみんなに見られるだろけど ココ そんなとこじゃないのでは? 同性とは そんなのする気ないでしょ? どーせ 異性からの申し出を 蟻地獄が獲物を待つようにしてるんでしょうけど (笑) サークルのオフ会と称した合コンにでも参加したらLINE友達もできるかもですよ!

    コメント | 10

    お気に入り | 0

    PV | 235

  • 5

    Thumbnail

    癒えない約束

    奥の方で頭が疼く。切ないのはいつもこの瞬間だ。読みかけの小説にしおりをはさみ、時間をもう一度確認し、電話をかける。コールは5回までと決めていた。 出ないことを知っているから、切ないのではない。もう染み付いた約束が、切ない。 「私を忘れてなければ、絶対電話して。」 毎週、この時間、君に縛られる。 俺が心配するほど、君はもう弱くはないんやろう。 いつか、これをやめなければならない。 やめられない俺が、弱いんや。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 176