• Thumbnail

    【日常】奔放な彼と強い彼女ー7ラスト

    2017年12月08日00時24分 作成

    2017年12月08日03時18分 更新


 彼が帰ってきた事に気付いた彼女は玄関に立ち
 腰に手を当てて彼を待った、だが怒ってはいない

 ドアを開けた彼が彼女を見て一瞬怯んだ、何とも言えず滑稽だ
 彼女は彼女で何処かの気の強い女将さんの様である

 そのままの姿勢で彼女は彼に 何処行ってたの?しょうがない人ね
 そう彼に言った、彼は んん、ちょっと豆腐を買いに そう答えた
 
 それ この間も聞いたわよ、その割りに厳つい格好だわねぇ
 彼女は笑いながらそう言った

 彼は へへっ と一言だけ答え、ブーツを脱いで廊下へ歩こうとした
 彼女は彼の腰に腕を回し、器用に彼の前へ回り込んで

 ねぇ今日いい事があったの そう言って彼の顔を見上げた
 俺も今日いい事があった そう返した

 彼は趣味のための部屋に入り ポーチを外し、ジャケットを脱いだ
 貰った包みを取り出し、ポーチをラックに置いた時

 少し開いた押入れの襖の間から 子猫が出て来た
 やたら構いすぎず、自由にさせているが、何故か押入れが大好きな子猫だ

 子猫を下から掬い上げて肩に乗せ、彼は部屋からキッチンへ向かった
 彼の肩に乗せられている子猫を見つけた彼女は

 あら?寺田さん今頃出てきたの? そう子猫に言った
 子猫は んなー と彼女に鳴いて返事をする

 彼女が寺の境内で拾って来たので名前がそうなった 彼女の一存で・・
 カリカリがいるの?ちょっと待ってね 彼女はそう言って器にエサを入れ
 彼は肩から寺田さんを下ろした
 
 彼は持っていた包みをテーブルに置き これ お土産 そう言ってベッドある部屋へ入り
 ベッドの上に大の字で寝転んだ、部屋に入ってきた彼女は、彼の上に馬乗りになって
 彼の顔を覗き込みながら 今日は何してきたの? と彼に聞いた

 彼は 湖に行って、それから美女とお茶を飲んで来た そう答えた
 彼の脇腹を拳で突付きながら彼女は まぁなんて事してるの?駄目よそれは
 そう言って彼の脇腹をさらに突付いた

 待て待て、話せば長くなる、ははっ、ちょっとやめろぅ そう言いながら
 彼女の脇腹をくすぐった、そんな二人を少し覗いて寺田さんはまた彼の部屋の押入れに入って行った

 ベッドの上で今度は彼に被さって抱き付いた彼女は彼の耳元で
 私も、今日、紳士といい事があったの そう言った

 リア充め!
img

この記事を投稿したユーザー

基本はおバカなんですがシリアスに考える時も、親しみやすさはあるんじゃないかな、足跡見たらポチしてしまうのでごめんなさいね。

1

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

  • Thumbnail

    自己紹介します!

    都内で医療の仕事してます。 シフト制のため平日が多いですが、 同じような人たちと、 いろいろ会話できたらいいなと 思って今回こちらへ登録しました。 趣味~ 温泉♪ イイ湯探しがマイブーむ 好き~ 甘いもの♪ 喫茶店探しもマイブーム 食べ放題も行ってみたい^^ 動物好き!ネコカフェに興味ありあり♪ こんな感じの自分です♪ よろしくおねがいします♪

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 224

  • Thumbnail

    非常にむかついた!どうなってんの!

    折角1500字以上の記事を書いたのに いきなりお知らせ画面になって1時間無駄になった ガイドラインに触れるような事など書いてないのに 何なんだ! 定形語句だけで機械に判断させて! 一気に削除するなんて ほんとむかついた!

    コメント | 7

    お気に入り | 0

    PV | 503

  • Thumbnail

    RIBBON IN THE SKY

    坂道の途中で 風に吹かれたら 思い出になってしまった 約束のリボン 空に放とう 切ない時間 甘い時間も 全部絡めて この指先から さよならを   RIBBON IN THE SKY

    コメント | 3

    お気に入り | 0

    PV | 166

  • Thumbnail

    ヴェール ヴェルヴェット

    静かな夜は 蒼いヴェールの海 遠い潮騒は まるで貴方の吐息の様です 夜明け前 唐突に 好きですと 囁いた声は まだ胸の奥に木霊して あの頃と 変わり無い 自分へ それからの貴方へ 愛すること 生きること 問いかけながら 何時か 貴方に 幸せですと 伝えられる様に 冬空のオリオンへ 願い託そう 遅ればせながらハッピぃ ニュイャー 去年から書いている物語の彼の名前を付けてやってください おねがいしまーす☆

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 82

  • Thumbnail

    二人と寺田さんのスイートホーム

    此処暫く週末に外へ出してもらえない寺田さんは 彼女にべったりである 彼女の足に絡まったりよじ登ったり キッチンに立ったまま彼女は寺田さんを踏まないように 起用に足を使って寺田さんをあしらっている つれて帰った時より少し大きくなった寺田さんは 彼女に遊んでもらいながら んな んな と鳴いて その時ばかりはご機嫌だ 彼女がとても楽しみにしていた家も完成し 必要の無い家具もリサイクルショップへ売り 後はそれほど多くない荷物をまとめて引越しだ 彼の部屋にあった小さな折り畳みテーブルで 食事を済ませ 膝の上で寺田さんを愛子ながら ねえ 荷物はいいけど寺田さんどうしよう? そう彼に聞いた んん・・車に乗せて荷物の後ろ追いかけるしかないよなあ 荷物が片付くまで車に置いとくしかないだろ うーん・・ちょっと可哀想だけど仕方ないよね うん 俺が運転するから 助手席で抱いてろよ こっちの荷物出すときは交代で抱いていようか じゃあ そうする 引越しはそれほど大事ではなさそうだし 距離も近かったが 引越しやあとの掃除も業者に任せることにしてある 独身の引越しに少し荷物が増えたくらいの引越しだ 膝の上の寺田さんは明日のイベントなど知る由もなく ご機嫌である 翌日 業者が来る前に玄関を開け放し 業者がわかり安くするため幾つか荷物を外へ出して置いた 暫くして業者が来たので 押入れに寝ている寺田さんを抱き抱え 彼女は 可愛らしく且つ強引に 引越し業者にてきぱきと指示を出した 荷物も多くないので午前中に新居へと荷物は 運ばれ その後ろを彼女の車で付いて行った 彼のオートバイはもう新居のガレージに納めてある 車に乗せられた寺田さんは何処か知らない所へ放置でも されるのかとびっくりして なーなーと鳴きながら大騒ぎしている 大丈夫よ 新しいお家に引っ越すだけなの 彼女はそう言いながら寺田さんを宥めている 新居に到着し寺田さんを車においておくのも可哀想だと 彼女はそのまま寺田さんを抱え 再び 可愛らしく強引に引越の指示をし 後は細かい物の片付けを残すだけになった 彼女に抱えられたまま んーなーんーなー と 各部屋を連れて回られた寺田さんを 彼女は床へ下ろし 今日からここが寺田さんのお家 どの部屋がいいの? そう言って 座り込んで動かない寺田さんの頭を撫でた 彼は 後は寺田さんに任せようよ そう言って部屋の片付けを続けた 寺田さんはちょこちょこと彼女の後ろを追いかけて 部屋の加付けに付いて回り あちこちの匂いを確認している 少し落ち着いたのか 寺田さんはキッチンの椅子の下で 丸くなっておとなしくしている 明るいうちに二人は近所への挨拶を済ませ 簡単な夕食を摂ってお風呂に入ることにした どちらが先に入るかじゃんけんをしてみたが 結局二人で一緒に入ることになった 親父さんがぶち壊してくれた脱衣場の壁も元どうり 綺麗になっている バスルームは全てヨーロッパ調だが 使い方はごく普通にした 浴槽に浸かって両手足を上に伸ばしながら彼女は やーん もぉ 女王様みたーい そう言ってご満悦だ なあ ちょっとかわってくれよぉ あはは やーだよ 何だって この!この!俺にも入らせろ! 彼はそう言って無理やり浴槽に入り 結局彼女と向かい合わせで浴槽へ浸かった バスルームの前では寺田さんがちょこんと座って二人を待っている お風呂から上がった二人はキッチンの小さなカウンターで ワインを開け ささやかなお祝いをした 寺田さんにはちょっといい猫缶を開けてやった 寺田さんはお腹が空いていたのか 一缶あっという間に食べ終わり もっとちょうだいと 彼女におねだりをしている 彼女は お祝いだからね はいどーぞ そう言ってもう一缶を開けてやっている あれこれと二人で今まであったことを話し 明日もう一日の休みはまだ 手付かずの庭を 少し何とかしようと決めて まだ居場所の定まらぬ寺田さんを連れて 二階の寝室へ上がった 彼女は一番大きな両開きの窓を開け 夜空をじっと見た 自分で見つけたこの家が 彼女の 新しい故郷になる 田舎から出てきて今までの事を 思い出しながら 彼とここに居る 幸せを胸一杯に感じた 空を見上げたまま彼女は 幸せ一杯の涙を一粒流した 横に並んだ彼は どうした? そう一言だけ彼女に聞いた あはは 何でもない ずっと 二人でいようね そう言って彼に抱きつき 爪先立ちで彼の顔を見つめた 彼は何も言わず彼女を抱き上げ 接吻をして彼女をベッドに 運んだ そんな二人をよそに 寺田さんはベッドの下を 自分の居場所と決めて大欠伸をしながら背伸びをしている。 リア充なんて リア銃なんてーきらいだーっ 作者

    コメント | 5

    お気に入り | 0

    PV | 67

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    自爆スイッチ押しました(´Д⊂ヽ

    すっきりしたんだか 楽に成ったんだか┐( ̄ヘ ̄)┌ 迷惑っぽいから あきらめたわ・・・(;´Д`)

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 247

  • 2

    Thumbnail

    気持ち的に終わってたけど…。

    全く期待してなく時間潰しで観てた女子マススタート。知らない競技で何となく競馬の菊花賞みたいな感じで観てた。そうしたら妹の脇役って感じでしか思ってなかったお姉ちゃんが金メダル。いや〜嬉しい誤算で一人で笑いが止まらない。今大会は期待しないで観てたけど金メダル3個になって…。次回の北京に期待してしまう。大穴狙いで葛西選手には何かやってくれるのでは?と思って期待してたけど…。勝負の世界だから何が有っても不思議じゃないけど、本命で決まり事も有れば伏兵で決まる事も有る。全体的に面白かった大会だったなぁ〜。ドイツの複合でメダル独占とかパシュートで開催国の選手置いてきぼりとかフィギュアで採点システムの影響で1位とか下町ボブスレーの契約不履行とか色々な競技で風問題とか…。小平・羽生選手に国民栄誉賞って話しが出てるらしいけど、それなら一人で金銀銅取った高木妹や一人で金を2個も取った高木姉だって対象になっても可笑しくないと思うけど…。姉妹で5個も取ったのだから…。 あれぇ〜! カーリング(女子)も銅取ったんだね! どうせ負けると思ってたから観てなかった。 いや〜今大会は最後まで楽しめたなぁ〜。 ラジオで何で日本雪国なのにスキースケートが国技になってないんだ?って在日外国人が言ってたけど、確かにもっと盛んになっていてもイイなぁ〜と思ってた。島国なのにヨットなんて縁遠いし、ボートを漕いだ事なんて遊びで数回しかないし、水泳だけは高校の時に大地震が有ったら川を泳いで対岸に行かないと帰れないからって最低300m泳げるように強制されたけど、他に国の気候に合わせた訓練とか体験なかったモンなぁ〜。雪国の地域はスケートやスキーやるみたいだけど、雪のあまり降らない地域でも小中学校の時から体育で取り入れたら競技人口が増えてレベルアップもするんじゃないのかな? 夢中になれるスポーツが増えれば小中学生の肥満も減るのでは? 何だか付け足しの方が長くなったかも…。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 262

  • 3

    Thumbnail

    お腹減ったぁ((T_T))

    写真は有名なパイシュー屋さんのSweetS☆ また食べたいなぁ(o^O^o) だけどいまいちお腹の調子が悪くて未だに食べれない( ;∀;) SweetS男子失格ですわぁ

    コメント | 7

    お気に入り | 0

    PV | 86

  • 4

    Thumbnail

    眠れぬ夜。

    なんだろう、何かざわめいて眠れない(^^; チョコ食べたいわけでないし〜ケーキ食べたい訳じゃないし〜… たまにはボーッとする時間も必要かぁ(^_-)

    コメント | 0

    お気に入り | 1

    PV | 80

  • 5

    Thumbnail

    ♪紫雲♪のお部屋だよ〜♪( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆花暦…………diary

    四季折々、、春夏秋冬、、、日常、、、あたしの好きな物がいっぱい〜♪ フィーリング合う人だけお立ち寄りください。

    コメント | 940

    お気に入り | 25

    PV | 2597