• Thumbnail

    【まとめよう】【IT それが見えたら、終わり。】観ました

    子供が消える町に「それ」は現れる 【IT それが見えたら、終わり。】観ました。 わたしは27年前のIT をみていません。まずはそれを大前提に・・・。 評価はかなり高く、予告を初めて観た時は正直めちゃくちゃ怖いと思いました。映像的な怖さより、不気味さが。『ピエロ』っていうだけで不気味だと感じるのはわたしだけなのでしょうか?作中にも怖がる子供が出てくるのですが、ピエロは子供にとって恐怖の対象のように感じます。少なくともわたしは子供の頃からピエロが怖かったです!だからマクドナルドのドナルドさんも苦手です! それはさておき、実際に映画館で観ると、恐怖は冒頭の子供とのやりとりがピークでした。あまり書くとネタバレになるので書きませんが、冒頭シーンは本当に秀逸です。演出も、言葉のやりとりも、表情まで、ドキドキが止まりません。ところが、冒頭のあるシーン以降は、評価とは裏腹に、なんと言うか、映像を駆使した子供だましのように感じました。あの最初のシーンの繊細さはどこにいったの!?と大きな声で聞きたくなりました本当に。 この映画を観たいと思う大人の方は多いと思います。原作はキャリーやシャイニング、ミザリーなど数々の名作ホラーを生み出したスティーヴン・キング。さらにスタンドバイミーなどの名作もあり、27年前のIT ファンの方も多いのではないでしょうか。作中、『IT は27年毎に現れる』とあるように、27年ぶりにリメイクされたこの映画は話題性もあり期待も大!それ故に、正直残念でした。スティーヴン・キング独特の世界観を壊してしまう、安っぽい映像化に感じられました。 ただ、びっくりホラーとして観るには十分怖いと思います。わー!きゃー!なびっくり演出が沢山あり、気持ち悪いデジタル映像も数々。スタンドバイミー的な青春要素も含まれているので学生さんにもよさそうですし、びっくりおっかないホラー好きの方は楽しめるのではないでしょうか。現代の新しいホラーとして受け入れられる気はしました。不気味さや独特の迫りくる恐怖を期待している方にはあまりオススメできません。とは言え、27年前に映像化されたIT を知らないので、比べようもなく、もしかしたらそれよりずっと怖くて不気味なのかもしれませんが。 ちなみに余談ですが「IT 」とは、鬼ごっこの鬼を指すそうです。人は、追いかけられると恐怖を感じてしまうのは何故なのでしょうね?

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 74

  • Thumbnail

    【まとめよう】【ドント・ブリーズ】みました

    生きて脱出したければ息をするな! 【ドント・ブリーズ】みました。 予告を見た時から気にはなっていたのですが、テレビで見たせいか、予告を見た時のような張り詰めた恐怖は感じませんでした。それでも音や演出は十分怖かったです。思わず見ながら息を止めてしまうほど。 サイコサスペンスを想像していたのですが、実際はサイコホラーだと思います。監督はリメイク版死霊のはらわたのフェデ・アルバレス監督。ホラー映画の監督ですね。演出も怖いですが、盲目の老人役のスティーヴン・ラングは異常な強さと不気味さが怖さをより引き立てています。。アバターに出演していた時もかなり怖かったですものね。 この映画の怖さは、13日の金曜日のジェイソンのような、とんでもない化け物が出てくるわけでも、死霊が襲ってくるわけでもなく、本当にただの人間が、人間らしい歪んだ感情を持って迫りくるところだと思いました。ありそうなんですよ。現実に。(いや、こんな強い人なかなかいないと思いますけど) ラストまで目が離せない展開で、長い映画ではないにも関わらず、満足度の高い映画でした。お化けは苦手だけどちょっと怖い映画が観たいという方にオススメです。

    コメント | 0

    お気に入り | 1

    PV | 59

  • Thumbnail

    【まとめよう】【ユリゴコロ】観ました

    【ユリゴコロ】観ました。監督は熊澤尚人監督。『近キョリ恋愛』『君の届け』などの実写化もされているそうです。(どちらもみてはいないので存じ上げなかったのですが。。。) ユリゴコロと書かれたノートを闘病中の父親の部屋から見つけることでストーリーは展開していきます。そのノートには、殺人鬼の手記のような小説が書かれており、息子の亮介はそのノートの内容に魅了されていきます。 観る直前に知ったのですが、この映画はPG12指定だったようで、実際なかなか精神的にも映像的にも子供には見せたくないシーンが散りばめられていました。わたしも目を細め恐々スクリーンをチラ見する始末で、随分想像と違う映画だと面食らったのですが、半ばを過ぎる頃にはそれも和らぎ、飽きることのないストーリーのテンポに引き込まれました。 正直、これはいくらなんでもご都合展開すぎる!と、思わずにいられない部分もあるのですが、全体的にはまとまっていて、後半にはぐっと胸につきささる悲愴さや愛情に涙しました。 ストーリーも良いのですが、ユリゴコロは公開前からキャストが豪華で話題になっていたようですね。主演は吉高由里子さん。初の殺人犯役だそうです。相手役に松山ケンイチさん。亮介役に松坂桃李さん。どなたもいくつも映画に出ている俳優さんですが、特に吉田さんと松山さんは、流石だ!と思わせる演技力で、役にぴったりとはまっていました。吉高さんの友人役で登場する佐津川愛美さんも凄かった!個人的には松坂さんの演技は今回の映画ではしっくりこなかったのですが、クレイジーな役には合いますね。 あとこれは割とどうでもいい事なのですが、タイトルにもなっているユリゴコロの意味は序盤で分かるのですが、意外なところからついてちょっと笑えました。 観終わってみると、期待以上の満足感でした。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 61

  • Thumbnail

    【まとめよう】【ミスト】みました

    「後味の悪い映画」「元気な時に見ないと精神的にダメージが大きい」と聞いていた【ミスト】をみました。決して元気だったわけではないのだけれどw 重たい映画がみたかったんです!! 原作はスティーヴン・キング、監督はフランク・ダラボン。ショーシャンクの空にやグリーンマイルで有名ですね。ショーシャンクの空には救いのある名作ですね。グリーンマイルは後味の悪い名作?です。好き嫌いが分かれるようですが。 ミストは人間模様がかなり重いと聞いていたので、覚悟してみたせいか、中盤を過ぎても「大したことはないなぁ」という印象でした。展開のテンポも良く、人間のドロドロ感も割とライト。むしろ主演のトーマス・ジェーンのヒーロー感と協力者の関係が綺麗すぎるほど。序盤から鼻につく宗教家のマーシャ・ゲイ・ハーデンには何度もイライラさせられますが(そこらへんから闇が拡がっていくものだとばかり思っていました)それもなんなくクリアしちゃうので、おや??これで終わり???なんて思いながらラストに向かっていきました。 構え過ぎたなぁと思いながらエンディングを待っていたので、まさかそこに続きがあるとは思わず、え?まだ終わらないの?と思っていると、最後の最後で「えぇぇっ!?」 確かに、最高に後味の悪い映画でした。。。 あぁ、あのヒーロー感は、頼もしさは、正義は、心の真っ直ぐさは、ここに辿り着くためのものなんだなぁって。 なんとも、意地の悪い映画でした。いろんな意味で素晴らしい作品ですね。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 81

  • Thumbnail

    【まとめよう】【迷宮カフェ】みました

    『命をつなぐ場所がある』 ちょっと重たい映画がみたいと思い、なんとなく目についた【迷宮カフェ】を見てみました。 ちらっとみたあらすじには自殺ほう助の話のように書いてあったので、てっきりサスペンスだと思っていたのですが、ヒューマンドラマだったんですね。原作はなく帆根川廣さんのオリジナル脚本とのことです。 途中、というかかなり終盤まで、手作り映画のような茶番的要素が強かったのですが、心に響く台詞も要所要所にあり、じーんと感動し、見終わってみると「いい映画だったなぁ」と感じました。 あまり重たく描かれてはいませんが、扱われているテーマ自体は重たいものなので考えさせられる内容でもありました。 あと個人的に、角田さんの演技?が好きでしたw

    コメント | 0

    お気に入り | 1

    PV | 67

  • Thumbnail

    【日常】ドリーム☆

    コレは 観に行かなきゃ!! な♪

    コメント | 2

    お気に入り | 1

    PV | 76

  • Thumbnail

    【まとめよう】【ブレードランナー】みました

    10月27日に公開の『ブレードランナー2049』の前準備として、SF・AI映画の原点とも言える『ブレードランナー 』ディレクターズカット版を見ました。 エイリアンやハンニバルなどで有名なリドリー・スコット監督の映画だけあって、独特な世界観の中で、不気味さや恐怖の表現が非常に鮮烈に描いています。正直本当に怖いです。不気味です。目を伏せたくなるような、なんとも言えない感覚に陥ります。 この映画は古い作品ですが、色褪せない癖のある世界観とリドリー・スコット監督ならではの表現力が、35年経った今でも劣ることなく楽しめる作品として君臨しているように思います。 ちなみに原作は、SF小説では超有名な作家フィリップ・K・ディック。トータル・リコールやマイノリティ・リピートの原作も彼の書いた小説です。 ディレクターズカット版には、要になるユニコーンが要所要所に登場し、さらに新しく加えられています。これが次作のブレードランナー2049に繋がるのではないかなぁと期待しつつ、公開を楽しみに待つことにします。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 105

  • Thumbnail

    【雑談】初めての

    まだ使い方が手探り(*´`) 同じ趣味の話ができる人いるのかなー

    コメント | 5

    お気に入り | 1

    PV | 286

  • Thumbnail

    【日常】曇り空

    フリーランスという言い方って、 とてもカッコいいですが、 仕事がないとカッコ悪いですね。 忙しい時は、仕事なくなれーと思うけど、 本当に仕事落ち着いて、 平日ぶらぶら出来ても、 素直に嬉しいと思えるような、 思えないような。 そんな曇り空の1日。 ブックオフで映画「ドッヂボール」のDVD を150円で買えてラッキーでした。 帰って来て観て、声を出して笑った。 はっはっは。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 97

  • Thumbnail

    【まとめよう】ワンダーウーマン公開!ネタバレ注意 感想・評価は?

    ついに話題作のワンダーウーマン公開されましたね 感想はこちらのスレまで。 https://kaigai-drama-board.com/communities/save_the_universe/posts/9748 以下ネタバレ含みます。 【作品概要】 “『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・スピード』シリーズなどのガル・ガドット。『スター・トレック』シリーズなどのクリス・パインらが共演し、監督は『モンスター』などのパティ・ジェンキンスが務める。イスラエルでの兵役経験もあるガルの本格的なアクションに期待。“ 出典 https://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3/358186/story/ アメリカでは予想を超える大ヒット!評価も高く期待が高まりますね 【あらすじ】 ”人間界とは隔絶した女性だけの島で育ったアマゾン族の王女ダイアナは、ある日島に不時着した米兵パイロット、スティーブと出会う。時は第一次世界大戦末期の1918年。ダイアナは人間界で悲惨な戦争が続いていることを知り、それが戦いの神アレスの仕業だと踏んでスティーブと共に人間界へ向かう。超人的パワーを持つダイアナは“ワンダーウーマン”として世界の平和のために絶対的な悪と戦うことを決意する。” 出典 https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-08-18?utm_content=buffer2c27f&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer ▼感想 https://twitter.com/yukko_yy93/status/900924282770817024 https://twitter.com/valley1112/status/900924193591644162 https://twitter.com/CAPTAIN_X_RAY/status/900924334666989569 https://twitter.com/numagasa/status/901815479009820672 https://twitter.com/emachanyade/status/900927151066669057 https://twitter.com/d_kiya/status/901956465467965440 アメコミ界でもトップクラスの身体能力を誇るワンダーウーマンですが、スーパーマンに匹敵するくらいの強さをもっているんだとか!すごい能力の持ち主らしいです! ワンダーウーマンならぬ、スーパーウーマンに関する面白い調査が行われていました! ※スーパーウーマンとは 高学歴、高収入、容姿端麗など何らかの分野で飛び抜けて優れたスペックを有し、その自身の強みを活かして第一線で活躍する女性のこと。 <自分がスーパーウーマンだったら、養ってあげたい男性芸能人は? 養ってもらいたいスーパーウーマンな女性芸能人は?ランキングTOP3> ・自分がスーパーウーマンだったら養ってあげたい男性芸能人は? 1位 千葉雄大 2位 松坂桃李 3位 高橋一生 3位 山下智久 ・養ってもらいたいスーパーウーマンな女性芸能人は? 1位 石田ゆり子 2位 天海祐希 3位 吉瀬美智子 参考サイト https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000599.000001346.html https://ciatr.jp/topics/202562 【ワンダーウーマン 公式サイト】 http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/#/boards/wonderwoman 【エキサイト婚活】 https://wedding.excite.co.jp/

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 180