ハピーさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数54

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【雑談】【 不発弾が75年も「生きていた」in Poland 】

    2020年10月18日08時47分 作成

    2020年10月18日09時07分 更新


あわや大惨事!第2次世界大戦の大型不発弾が処理中に水中爆発(2020年10月15日)

ポーランドの北西部で13日、第2次世界大戦中の大型の不発弾が、海軍による処理作業中に水中で爆発しました。 不発弾は、長さ6メートル、重さ5.4トンで、そのうちおよそ半分にあたる2.4トンが爆薬でした。…

https://www.youtube.com/watch?v=wtthhilAO3Y




補遺:

現在、以下の本を並行読書中……



>>>

ヒトラーの脱走兵-裏切りか抵抗か、ドイツ最後のタブー   2020/9

内容

第二次世界大戦におけるドイツ国防軍の脱走兵は、捕まって死刑判決を受けた者だけでも3万人以上と、他国に比べて際だって多い。その多くは戦闘中の逃亡ではなく、民族殲滅などを目にした、命懸けの抵抗としての脱走であった。戦後になっても、彼らを断罪したナチスの司法官たちが続々と復権する一方で、彼ら脱走兵は長い間、名誉回復されないままだった。ある脱走兵の生涯から人間の尊厳を見つめる。

著者について

對馬達雄
1945年生まれ.教育学博士(東北大学,1984年)、秋田大学名誉教授.専攻・ドイツ近現代教育史,ドイツ現代史. 主著『ヒトラーに抵抗した人々』,『ディースターヴェーク研究』(1984年),『ナチズム・抵抗運動・戦後教育――「過去の克服」の原風景』,『ドイツ 過去の克服と人間形成』

読者レビューより

●  戦後ドイツ最後のタブーであったナチス・ドイツ国防軍脱走兵の復権運動史。

 主人公は最後の生存脱走兵として、2009年の完全復権を見届けたルートヴィヒ・ハウマン。
(略)
凄い本である。

〇ナチス・ドイツ国防軍の脱走兵は約30万人、捕まったのが13万人、軍法会議での死刑判決3万5千人、処刑が2万2千から2万4千人。英米に比べて、桁違いに多い。
10万人が刑務所等に送られ、多くが虐待衰弱死、または最前線に送られて戦*し、戦後まで生き延びたのは4千人に過ぎない。

〇また、『国防力破壊』という罪(兵役拒否者主にエホバの証人のほか、民族の闘争心を弱めようとした者も含まれる。たとえば、ドイツは負ける。ヒトラーが暗*されなかったのは残念だという井戸端会話)があり、軍法会議で原則死刑の重罰が課せられた

〇脱走の多くは前線ではなく、帰郷や休暇中に起きており、多様な動機に基づき、ナチへの抵抗の側面もある

〇戦後ナチスは消滅したが、西ドイツでは膨大な元ナチ党員が新体制に取り込まれ、軍司法官も、処罰なく復職し、司法官僚の多くが、元ナチ党員、元突撃隊員で占められ、脱走兵に対するナチス軍法会議の判決は正当とされ、取り消されることはなかった

〇虐待、最前線送りを生き延びた脱走兵は、犯罪者、卑*者として社会的に抹*され、職にもつけず困窮し、遺族も補償、年金がもらえず、生活に困窮した

〇やっと、1970年代後半に至って、「清潔なナチス軍司法」に対する疑惑追及の動きが始まり、1980年になって、庶民兵士の脱走をナチへの抵抗として見直す「脱走兵追悼」動きが広がってきた。しかし、官僚、議員、学者、ドイツ軍人同盟等の無視、自己弁護、策動、反対運動も激しく、ドイツ統一を経た長い長い戦いの末に、ようやく、2009年メルケル政権下の国会で『ナチス不当判決破棄法の再改正法案』が成立し、完全復権となった

〇主人公ルートヴィヒ・バウマンは1942年友人クルトと脱走を図り失敗。死刑判決を受けて、減刑され、15カ月の収容所暮らしの後、独ソ戦に投入され、奇跡的に生き残り、終戦後ソ連の捕虜となり、釈放されて、1945年郷里のハンブルクに帰る。しかし、脱走兵と蔑まれ、アルコール依存となり、父の遺産も飲み尽くしてしまう

〇ブレーメンに移りセールスマンとなり、12歳年下の優しい新妻との間に6人の子供に恵まれるが、アルコール依存は収まらず、貧困と借金の果てに妻を死なせてしまう。それでもアルコール依存は続いたが、ようやく1971年49歳の時完全断酒し、反核平和運動に参加していく

〇そして、1986年、64歳のバウマンは元脱走兵であることを公言し、街頭に立って、良心的兵役拒否、元脱走兵復権を訴えていく。1990年、70歳の時、歴史家メッサーシュミットと知り合い、元脱走兵たちに呼びかけ、「社団法人ナチス軍司法犠牲者全国協会」を立ち上げ、その会長となって、復権運動を進めていく。創立時の会員は男性35人、女性1人。女性はヒトラー暗殺失敗者たちの行動を褒めて密告され、死刑判決を受けたが減刑され、連合軍により解放されたルイーゼ・レールス

〇しかし、元脱走兵の会員は年々死亡減少し、バウマンは最後の一人となってしまう。2009年完全復権法案が成立した時、バウマンは87歳で、ベルリンに来て本会議を傍聴した。2018年死去。享年96

(以下略)


>>>

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    騙されてみて下さい(書き逃げ)

    <材料> 2人分 ・醤油  大さじ4 ・お酢  大さじ1 ・にんにくチューブ  約1cm弱 たったこれだけで激うまステーキソースの出来上がり!

    コメント | 2

    お気に入り | 1

    PV | 246

  • 2

    Thumbnail

    diary(*^.^*)

    あたしの暇潰しの写真館( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆フィーリングあう人だけ、、、お立ち寄りください。( ☆∀☆)

    コメント | 21753

    お気に入り | 15

    PV | 70723

  • 3

    Thumbnail

    たーです 自然ってやはりいいな♪

    ネットで調べたら10月31日からだったけど、気分転換に行ってみたら コスモス畑やってたー(^_^) どこでもドア?もあったよー 小ちゃな子供さんならもっと喜ぶだろな♪ 風に揺られてる色とりどりのコスモスに癒されました♪

    コメント | 11

    お気に入り | 0

    PV | 88

  • 4

    Thumbnail

    休みの今朝も、、、止まらない、、

    、、ケーキ作り、、(^▽^;) もう、ケーキ作り依存症って感じです( ´艸`) 何でこうなったのか、自分でも気づかないままここまで進んできました もう、夕べのうちから今日作るケーキをググりまくって見付けたのが、フランス発で、今話題のスウィーツでガトー・インビジブルというケーキです インビジブルとは、、隠れて見えないという意味だそうです スライス状の材料と生地が、焼くと一体となって見えなくなってしまうところから来ているとか、、 そこで、リンゴがたまたまあったのでチャレンジしてみました ミルフィーユ風な断面の綺麗な仕上がりと、リンゴの甘酸っぱさが堪らないですね パウンドケーキとはまた違った、新しいケーキですかね こっちも、ハマりそうです!(^^)!

    コメント | 9

    お気に入り | 0

    PV | 136

  • 5

    Thumbnail

    おとな女子部

    サークル作りました。 アラフィフ・千葉・東京・埼玉 ・栃木 同年代で ちょっと話したい時に気楽にお喋りしましょう★気の合う仲間さがし しましょ!年齢 住まい表記してね★もしくはミニメにてお知らせください(o^^o)掲示板はオープンです★ 宜しくね!

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 153