kzさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数76

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【まとめよう】オワフ島ドライブ・エッグスシングスの朝食&ダラーの黄色いカマロ ^^!

    2021年10月20日08時41分 作成


オワフ島 気ままなドライブ
   エッグスシングスの朝食 & ダラーの黄色いカマロ ^^!

ブログ&動画 

オワフ島ドライブ・エッグスシングスの朝食&ダラーの黄色いカマロ ^^! - kzのブログ

オワフ島ドライブ・ エッグスシングスの朝食& ダラーの黄色いカマロ ^^! www.youtube.com ek0901.hatenablog.com 車の説明を聞くと・・ムスタングの装備に不安が、、…

https://ek0901.hatenablog.com/entry/2021/10/20/063000

img

この記事を投稿したユーザー

0

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    真夜中の水族館。

    また真夜中になってしまった。毎日の真夜中の水族館。と言っても真夜中の水族館で魚を眺めている訳でもなく株のデイトレードの夜間取引PTSの株価のチャートのグラフではあるが妙に静かで真夜中の水族館の魚を眺めている様な静寂さを感じる。バツイチ独身なので仕事帰りに飯を食い仕事帰りにスパってか俗にいうスーパー銭湯なるものに入り汗を流して帰る。風呂上りは夜寒い季節になった。バツイチ独身寒さは堪える。飯も食ったし風呂も入りそそくそと家路を急ぐ。家に帰りついても、おかえり!と言ってくれる者もなく、たまにエキフレを覗いては他のサイトのようにギラギラしてなかった、お気にいりのエキフレを開く。エキフレも終わりだなあ..などと思いながらパソコンの夜間証券取引のPTS画面を開く。株価のチャートが夜の水族館みたいな静寂さを感じさせる。あちゃあ今日も日経平均冴えなかったなあ..とかそんなこんなで1日が終わる。バツイチ独身まったく冴えない1日の終わりである。あ!もう明け方かあ..そろそろ寝るかあ!もう今日がここまで来てる。エキフレが終わるまでに長く話していける相手見つかれば、いいなあとエキフレ砂時計を気にしながら....1日の終了です。(笑)さて今日がもうそこまで来てるな、今日も頑張っていきますかあ!(笑)

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 204

  • 2

    Thumbnail

    毎日が 勝負

    勝負、、戦ってる訳ではない。 何かを求め、追い、探し、挑戦する事、 何でもない日々を 想い出残る日々に。 今日の相手は、何だろう? 手強い相手でも それなりに…  夢と希望  ロマンを求めて♪

    コメント | 2347

    お気に入り | 8

    PV | 8899

  • 3

    Thumbnail

    たまには、気取って2

    今日は、もう、昨日になりますか。 朝の冷え込みが厳しかったこちら地方。 少し余裕を持ちたいと、なけなしの時間を使って捻出する という、本末転倒気味な事をしました。 近所にある個人の昔ながらの喫茶店で焙煎、ブレンドされた 珈琲を普段から購入してまして、朝からサイフォンで 淹れます。 たった一杯の為に用意も片付けも手間ですが、自己満足の 世界に浸ります。 深煎りの細かいメッシュに挽いた苦味に少しの酸味。 はふ〜 と息を吐く自分に満足します。 たまには、良いよねと言いながら、豆を早く使いきらなきゃ とも思い返し、明日はコーヒーメーカーにしておこうかと 思案します。 短いですが中々、良い時間を楽しめました。 皆さんはどんな良い時間を過ごされてますか? たまには、気取ってみたお話、お聞かせ下さいませ。

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 124

  • 4

    Thumbnail

    寒いな

    かなり寒い。何か手が凍えて来た。今は炬燵欠かせない感じ、今年はと言うか来年当たり雪降かなぁ?〜ここ数年見てないからな

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 169

  • 5

    Thumbnail

    私の責務

    弱きものを助けること。 小さい頃、足を痛めて歩きづらそうにしていた蟻を塀の上の人に踏まれない場所へ移動していたらしい。あまりに視野が狭く全くのナンセンスな行為なんだけれどその時の自分が考える中での精一杯の安全だったのだろう。思えばその頃には心が確立していて、そしてそれは今も変わらない。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 176