カリーさん

  • コメント数19

  • お気に入り数0

  • PV数168

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【日常】「ビジネス童○」と「偽装既婚」。

    2018年03月20日22時43分 作成


昨年の夏頃までフジテレビ系列の深夜番組として放送されてた「久保みねヒャダ こじらせナイト」、漫画家の久保ミツロウさん、エッセイストの能町みね子さん、音楽プロデューサーのヒャダインさんが、独自の感覚で議論を展開するバラエティ番組・・・15分番組という手軽さもあって、私と妻が大好きだった番組でした。

その番組の中ではたくさんの「こじらせワード」が作られ・・・そのワードが日常生活でも活用できるような傑作もたくさんありました。



【ビジネス童○】

題材は松田聖子の「赤いスイートピー」。この曲には“知り合った日から半年過ぎてもあなたって手も握らない”という女性目線の歌詞がある。

まず、この歌詞に登場する女性・・・“今日まで逢った誰よりあなたの生き方が好き”という歌詞から、おそらく「他の男と比べている時点で女の子の方は経験豊富」と分析したうえで、「今まで年上とか強気な男に振り回され、自分が経験豊富になったところで、あえて純朴そうな男に戻りたくなった」と推察。

そして、この歌詞に登場する男性・・・“手も握らない”、“気が弱い”、“時計をチラッと見る”という歌詞から、ズバリ「童○」・・・「時計をチラチラ見るということは次に何をしたらいいか分からない証拠。女性経験がない想定25歳ぐらいの童○」と推察。

しかし・・・ここで歌詞に登場する男性が本当に純粋な童○なのかどうかについて疑義が発生・・・実は「あえて純朴そうな男に戻りたくなった女性に対し、女性が付き合ってあげなきゃなと思わせるように、上手に男性が手綱を引いているのではないか」と。

つまり、この歌詞に登場する男は、“ついてゆきたい”と思わせるくらいまでの絶妙なさじ加減で童○性を売りしているビジネス童○、そしてプロの童○・・・手を握るのに半年かかるのも、まずは時間をかけて信頼関係を構築するためだと結論付け。

“うぶな人だから手を繋がないんだ”と思い込むのは大きな間違いであり・・・ほら、あなたのそばにもビジネス童○、プロ童○が・・・お気を付けくださいませ。

ちなみに私は・・・職場では「ビジネスエロ」を演じています。どうしても男同士(特に上司や年上の方)の飲み会では「下ネタ」が多くなり・・・露骨に拒否するのも場の空気がおかしくなるので、私は思いっきり乗っかって「エロトーク」を展開しますが・・・実は「下ネタ」はまったく好きではありません。完全にビジネスのための「エロ」です。


【偽装既婚】

適齢期になると周りから「彼女(彼氏)いないの?」とか、「まだ結婚しないの?」などと聞かれることが増えてくるが・・・正直、そんな心配は余計なお世話で、いちいち対応するのが面倒くさい・・・できれば、そういう会話を回避したい。

そんなときは「偽装既婚」で既婚っぽさを醸し出そう。「偽装結婚」だと相手が必要になるが、「偽装既婚」であれば指輪とストーリー性のみで成立。

まず指輪を用意しよう。もちろん安い指輪でいい、そしてもちろん左手の薬指に付けるサイズをチョイス。あとはストーリー性・・・誰に聞かれても同じ答えが瞬時にできるように、無理のない範囲でストーリーをあらかじめ作成しておくことが重要。

例えば・・・「出会いのきっかけは・・・正直、お見合いですね。これまでにも何度かお見合いはしたんですけど、あまり縁がなくて・・・今の主人は何となく波長が合ったというか・・・あっ、交際歴半年ぐらいで結婚を決めたので・・・まあ、結婚してから気づくことも多いですけど、逆に新鮮という感じがして」などと。

「偽装既婚」を演じることで“まだ結婚しないんですか”とか“どんな男の人がいいんですか”とか言われなくなること間違いなし!まあ、あまり身近な人には使えないのと、煩わしい会話を避けるためとは言え、結婚してますという嘘はちょっと虚しいかも。

私は「偽装既婚」を演じたことはありませんが、30歳前後の頃は「偽装恋愛」を演じてたことはあったかな・・・ちょうど恋愛をしたくない時期だったのか、合コンとかに誘われても乗り気がしない・・・そんな時に断る口実は「彼女いるから」。

「彼女の設定」・・・2つ年下でOLさん、友人の紹介で知り合い、付き合い始めて半年、まだ結婚までは考えていないがもしかすると・・・的な。「彼女がいるから」と言えば合コンに誘われなくなるので、よく「偽装恋愛」は使わせていただいてました(笑)。


さあ、明日は中途半端に週の真ん中「水曜日」が休日・・・久しぶりに広島で自分の自由時間が・・・でも、いざ自分の自由時間があると何をしようか迷う・・・とりあえずのんびり楽しもう!


松田聖子 赤いスイートピー

説明 15th Anniversary Video 1982-1994 digest

https://www.youtube.com/watch?v=ssdkxsJm2AA



img

この記事を投稿したユーザー

前向き!ポジティブ!『死ぬこと以外かすり傷!』

5

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    ニッコリちゃんねる

    楽しく逝きましょう

    コメント | 45

    お気に入り | 1

    PV | 385

  • 2

    Thumbnail

    吐き出し御免

    ここ1ヶ月くらい、夜中にハッと目が覚めてしまう。 2:00だったり3:00、4:00だったり。 理由は解っていて…こないだの大阪府北部地震。 地震が恐い。 いい歳したオバちゃんが何言ってんのって感じだけど(笑) あれのせいで、奥のほうにしまっていた色々が掘り起こされてしまった。 結局なるようにしかならないって解ってるつもりなんだけど、 精度がいいのかポンコツなのか、脳が防衛に関して過剰に反応しているようで(^^;) 目が覚めて胸がざわつき始めたらココに来て、読んだり書いたりして紛らわせてます。 あ、なんか寝られそな気がしてきた(笑) 結構有効なんですこれ。 壮大な独り言、失礼ぶっこきー♪ おやすみなさいzzz

    コメント | 6

    お気に入り | 0

    PV | 247

  • 3

    Thumbnail

    【怖いもの】

    嫁……記憶力が良いから( ̄∀ ̄)もう忘れて アメリカ……マジで爆弾落とすから 税務署……からの通知 ゴッキー……飛ぶから 保証人……絶対なりたくないから 歯医者……の音 娘……の「ねぇねぇ♪」 ……中折れ(T_T) 静電気……冬場は特に 義母……からの同居の誘い(嫁の心中) 女……の演技(ー ー;) カツカレー……全く怖くありません!(^.^) どこかに出掛けてカツカレーがあればまず頼みますね ハズレがないから。 カレーにカツ!何と最高の組み合わせでしょう これを考えた人誰? 俺が総理なら間違いなく国民栄誉賞授与♪ カロリー気にせずガンガンいっちゃいましょう 皆んなで太れば怖くない☆

    コメント | 3

    お気に入り | 0

    PV | 174

  • 4

    Thumbnail

    SなのMなの?どっちがお好みなんだい!?

    「俺Sだから。ちゃおは実はMなんじゃない?」 応えはNO! 私はドノーマルだ。 SでもMでもLでもない! 3Lだ!バカヤロー!(たけし風) おっと。脱線しちまった。 時々、SとかMとか聞かれることありません? しかも男性ははなぜか女性をMということにしたがる人が多い。 彼らは本当のS&Mを知らないから簡単に聞けるのだ。 前に私が勤めていたショップは色んなジャンルのお客さんが来ていた。 190cmはあろうかというオカマ。 セーラー服を着たおじさん。 女性用のTバックを試着したがるお兄さん。 シースルーの服をノーブラでねりあるくおばちゃん。 そんなカオスな店で働いてるとちょっとやそっとじゃ驚かない。 そんな私だがなかなか衝撃的だった出来事があった。 閉店間際の店に小太りの頭の薄くなった眼鏡おじさんが入ってきた。 閉店間際にくる男性客は変態率が高い。 時代遅れのだぼっとしたスーツのその眼鏡おじさんは女性用の下着を物色していた。 「お?変態さんかな?」とチラッと目をやると背広の下にシャツを着ていない。 「なるほどそっち系か・・・」と軽く思っただけで気にもしなかった。 そしてお気に入りを見つけたのかバイオレットカラーのブラとショーツのセットアップをレジに持ってきた。 その時・・・私は見てしまった。 彼は背広の下にレースのブラを付けていた。 これにはさすがに「お!?」となったが顔色を変えずに会計をしていると 「あの・・・これを・・・ごにょごにょごにょごにょ・・・・」と聞き取れないぐらいの小さな声で何か言っている。 「はい?どうしましょ?」と聞くと・・・「あ・・・大丈夫です。」とお金を払って店を出て行こうとした。 すると出入り口付近にすらっとした女性が仁王立ちしている。 「あれ?彼女?まさか・・・」と思って見ていると。 突然、顔をグワシ!とつかんで何か言っている。 閉店間際でBGMも流れていない店内で会話が聞こえた。 「おい。この豚。命令は何だった?お前は命令聞けないのか?店に戻ったらピーーーーでお前のピーーーーをピーーーーしてやるからな?わかったか?」 眼鏡おじさんはコクコクと頷きながら・・・。 「はい。女王様」と言っていた。 私は初めて本物の女王様を見てしまったのだ!! つまりこれは本物のS&M!!! 後日、うちの社長が教えてくれた。 「あの通りにビルの中に老舗のSMクラブがあんねん。だから時々オプションで野外プレイをいそしむ客がいてるらしいで!自分ええもんみたな!」 うん。ええもんみせてもろた。 そして。その頃からSとかMとか気軽に聞いてくんじゃねー! うちはノーマルだぁぁぁぁぁぁぁぁ!と強く主張するようになったのだ。 と、シモネタ多めでごめんなさい。 皆さんお好きなようで調子に乗りました。 反省します。エヘ

    コメント | 7

    お気に入り | 2

    PV | 246

  • 5

    Thumbnail

    *かのこ*庵

    呟きです(o^-^o) よろしければ、お立ち寄りくださいませ(*-ω人)

    コメント | 2279

    お気に入り | 6

    PV | 4812