さんたろうさん

  • コメント数4

  • お気に入り数1

  • PV数248

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【日常】ただいまレス継続中5

    2018年06月13日21時19分 作成


現在382日目。

一週間の折り返し。
疲れが溜まってくる時期ですね。
こんなときはさっさと寝てしまうのが得策ですが、こんな書き込みをしています(^^;

妻とは相変わらずです。

時々思うのですが、人間って愛情を持ち合わせたまま、性欲だけが無くなってしまえばそれが理想的なのかなと…。
僕のような悩みはもちろん、性犯罪も無くなるだろうし、さまざまなトラブルが軽減されるような気がします。

でも、それだと出生率がとても減りそうですね(^^;
やっぱり極論なんでしょうね。

男性の考えが女性に近くなれば良いのでしょうか???
これもまた極論かもしれませんし、実行できるわけでもありませんし、考えるだけ無駄なんでしょうね。

男女の関係って、なぜこんなに難しいんでしょう。

この記事を投稿したユーザー

0

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    エキサイト運営への要望

    「エキサイトへのご意見募集」みたいなのが出ていた時期が、いつだったかありましたよね? 当時はあまり使っていなかったので特に要望はなかったのですが、今なら言える。 ・お断りリストに入れた人の投稿は自己PR・ちゃんねる共に表示されないようにしてほしい。 ・フォローした人については、その人が記事を投稿したこと「だけ」お知らせしてほしい。 →今はフォローした人の他の人の記事へのGoodやコメントも一緒くたに表示されるので、雑音が多すぎる(ので、お気に入りの人がいてもフォローしない。これでは機能があっても意味なし) ・ちゃんねるの用途とカテゴリ分けがメチャクチャなので直してほしい ・【ここ重要】サイトを開くのがとにかく重い! ‥‥と、今言っても、風前の灯火のココにテコ入れすることはなさそうですよね‥‥ 何年前かは忘れましたが、1日の訪問者数は数万人(それでも「だいぶ減ったなあ」と思った記憶があります)だった頃もあったのに、数日前は6,000人とか。寂しい‥‥

    コメント | 2

    お気に入り | 1

    PV | 350

  • 2

    Thumbnail

    メル友【エキサイトフレンズ】失敗談.4終

    「互いに尊重」を再確認した翌日。 そろそろ寝ようかという時刻。 テロリロリロリン♪ ラインの着信音。 まさかのまさかAだった。 開かずラインの窓を確認。 A『こんばんわ。今日もお仕事…』 テロリロリロリン♪ 開かずラインの窓を確認。 A『もう寝ちゃってるかなぁ?…』 テロリロリロリン♪ 開かずラインの窓を確認。 A『お仕事、忙しそうだもんね…』 テロリロリロリン♪ 開かず(以下略) A『俺君の体が心配だよ。大丈…』 テロリロリロリン♪ A『おやすみなさい♪ゆっくり…』 テロリロリロリン♪ A『本当に疲れてるんだね。体…』 テロリロリロリン♪ A『私ももう寝るね。俺君おや…』 テロリロリロリン♪ A『ゆっくり休んでね。また明…』 もうダメだ。 耐えきれずラインを開く俺。 A『あ!俺君起きてた♪こんばんわ( ^-^)ノ』 起きてた♪じゃないでしょ。 まあ起きてたんだけど。 つぅか、寝てても起こす気まんまんだったでしょ貴女。 俺『昨日話したよね?理解してなかったの?』 A『違う!私はおやすみって言いたかっただけだから!』 俺『もう無理。続けられない。』 A『だから私はおやすみ言いたかっただけだから!挨拶もダメなの?!』 俺『ごめん。無理。』 A『挨拶なんて1分あったら出来るよね?それも出来ないなんて俺君にとって私って何?』 俺『ごめん。マメな人探して。』 尚も食い下がるAに、ひたすら無理と繰り返す俺。 最後はAが俺のラインをブロックして終幕を迎えた。 適度なやり取りを楽しむつもりで始めたエキサイトフレンズ。 実際楽しかった。 文字だけのやり取りに癒されもした。 ラインに移行するまでは。 俺に至らぬところがあったのは重々承知。 俺の受け皿が小さかった事も都合良すぎたのも承知。 自分が求めているものと相手が求めているものが合致に至るとは限らない。 頭では解っていても感情が邪魔をする事もあるだろう。 苦楽あり、色んな事を学んだ4ヶ月間でした。 数年前の事なもんで、会話や言葉のニュアンスは記憶を辿りながら再現しました。 参考というよりは読み物として捉えてもらえれば。 駄文垂れ流しに長らくのお付き合いありがとうございました。

    コメント | 10

    お気に入り | 3

    PV | 450

  • 3

    Thumbnail

    婚外が至福の時間であっても いいじゃない?

    知り合って付き合って 時の流れにながされるように結婚して、何不自由なく生活できて。子供を作るための夜の営みも それなりにこなし、出産 子育て この流れになると 母親になった女性たちは こちらに優先権を注ぎ 女性から 短い期間の妻を経て 母へと変わっていく。そして そこから費やす十数年間の間に、2人だけて過ごしたパートナーの亭主は 別の道や別の価値観を持つようになってて、たとえ子供が出かけて 2人だけの時間が出来ても もう戻る事はできない。 そんな寂しさを知らぬままに溜めた妻たちは、偶然?必然? で出会った異性に 女性だった頃の記憶を呼び起こされ 心と身体を重ねて 限られた時間ではあるが 女の悦びを取り戻し また体験したことのない快楽を知る事になる。 ここまで書いた事は日本の法治上 不貞行為 不倫として批判されるが、ひとりの女性の生涯としては ささやかな至福の時なのである。 法治上許される事ではないけど、単なる同居人?住込み家政婦化してしまっている妻たちが この至福の時間により ストレスを解消し 笑顔で妻と母を継続していけるのであれば、不倫や不貞行為は 立派なサプリメントなのかもしれない。 なので 否定はせず どちらかと言えば肯定派である 筆者。

    コメント | 8

    お気に入り | 1

    PV | 216

  • 4

    Thumbnail

    ゴムを付ける?付けない?

    愛が有るから、信用が有るから、ゴムを付けますか?付けませんか? 意見として聞きたいのですが、印象として、付ける派の意見が、自分は付けるのに、付けない派の人はズルイみたいに聞こえてしまう事が有りますが、私の偏見ですか? どうするかは、当事者間の問題ですから、正しいとか、間違えは無いと思います。 聞いてみたかったんです。

    コメント | 7

    お気に入り | 0

    PV | 258

  • 5

    Thumbnail

    6月の雨降りの日にふと思うこと

    あした22日は友達の命日だ。 京○線に飛び込んで警察発表では30歳から40歳くらいの女性という報道だった。 でも実は19歳の専門学校生だ。 彼女は小学生の頃から本当に目立たなくて静かな子だった。私は家が近所でクラスも一緒だったから、いわゆる幼なじみである。 勉強もたいしてできない、運動している時もいつも片隅にわざといるようなことをしてたのを憶えている。 高校受験で私立の付属校を受験して失敗して県立に拾ってもらった。 彼女というより私立は親御さんが希望していたらしい。 わたしは県立で彼女に友達ができて普通の学校生活が送ることができたらそれが一番いいと思っていたし、彼女にも頑張ってって忠告した。 大学受験、彼女は短大の推薦入学を受験してまたも失敗した。 一年の浪人生活が始まった。というか始めさせられたに違いない。 一年後彼女は同じ短大を受験してまた失敗、やむを得ず歯科関係の専門学校入学した。 6月の雨の朝はやくに、 彼女は自ら命を断った。 目標を失ったのだろうと周りや親たちは言った。 そうなんだろうか? 彼女の写真は一枚しかない。 わたしはいつまでもあなたを忘れたりしないから。 6月の雨はわたしにはつらい。

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 122