冬馬さん

  • コメント数3

  • お気に入り数0

  • PV数103

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【日常】《腐敗臭》-補足・その壱  《 観念論 》

    2018年07月20日12時58分 作成


07月18日の《 腐敗臭 》で「霊魂の存在を否定する方・・・は 無縁な話なので どうかこの先は見ないで・・」と前置きをしましたが 不幸にもその先を読んでしまい疑念を抱かれた方へ 補足です・・・
二回にわたって ちょっと長い難しい話が展開していきます。今回は その壱
しんどくなったら すぐやめてください。頭が痛くなる前に。

-----------------------------

話は中学一年生の ある日の理科の授業から 始まります。
「みんな。ここにコップがあるなあ。水を入れてみよう。見えるか ? じゃあ これが本当にあるのか 誰か証明して見せてくれ。」
皆 口々に いやあ だって 見えるもの。あるっしょ。
「そうか。皆に見える。 その目は間違いないか ? 一人一人のではなく全員の視覚。皆同じ視覚機能やろ ? 持ってみる ? 舐めてみる ? たたいて音を聞く ? 臭いはないな。それら五感を疑われて なお コップの実在を科学的に証明することはできるか ? 五感の確実性を証明立証することは ?」

無理だ !
不可能だ !
これは大事件でした。この世界は 幻覚に過ぎないかもしれない。。。
先生は 間をおいて続けます。

「安心せー。 昔の人が気が付いて 答えを出してくれました。」
黒板に書かれたのは
『我思う、ゆえに我あり』
近代哲学の父 フランスの哲学者ルネ・デカルトの言葉です。

「自分自身さえ 本当は存在しないのではないか?」
とどれだけ疑っても、「疑っている私」という存在は疑うことはできない。
思考する自分という存在だけは論理的に 証明できたということです。

「ただ 残念ながら そのほかのものは 現在の科学では証明に至っていません。外界を認識するためには 五感に頼る以外ないからな。他になかろう ?」

あ・・・ ない。何かの計測器を使っても 機械の反応を知るには・・・
昔の事なので 現在どのように学問的に結論付けられているかは 知り及んでおりません。

「が しかし、安心せー ! 哲学においては 観念論というのがあって・・・・」

物質の存在は、我々の精神の作用、あるいは、精神の結果であり、認識する主体すなわち 人間の精神が・・・。
おおざっぱに 極めて乱暴に言うと みんなが五感によって世界を共通認識してるんだから 五感に頼っていい んじゃない ? という前提で世界の一切が存在している。 そうしとこうよ ということ。

仮説かー。。

「先生 この水飲んでみるわな。」「あーうま。科学的にコップがあろうとなかろうと、あーうまかった。それでええやん。ちゅーことやな。」

後に出会う 仏教の経典にも よく似た 考えがありました。
究極の奥義 般若心経のなかに。
『色即是空、空即是色・・・』
観念論も 般若心経も くわしくお知りになりたい方は お調べになってください。
本を何冊も読みあさっても 私なんぞの説明では 到底 その神髄は語れません。

おそらく 多くの場合
あるはずのない臭いが 霊の仕業か 幻覚か の真偽は どちらでもいいのです。
くつろぎの我が家から わけのわからん異臭が 消えてくれさえすれば それでいいんです。

いるかもしれない疑念を持たれた方 不快に思われた方 そうでない方も
ひとつの考え方 方法論として《 腐敗臭 》を受け止めてください。

私の考えを押し付けるつもりはありません。不要な方には打ち捨てて頂いた方が寧ろありがたい。

この記事を投稿したユーザー

1

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    ごめん。

    きのうのこと、息子から体調がおかしいと連絡。夕方には、あきらかにおかしい。頭がふらつき、目がまわる。 歩いているのに、歩いている感覚がない。いつもの先生のところへ行くことに。以下、そのまま書きます。 「受付の人が冷たい。結局、誰にもわかってもらえないものだ」 「死ぬほど苦しい。下痢まではじまった。いったい、この先、いつになったらこの病気はなおるんだろう」 「ガンの人が、死ぬまで再発を恐れるように、自分も死ぬまで再発を恐れなければならないのか」 そのあと、待合室で、ボロボロ泣いたようです。 本当にかわいそうなことをしてしまった。 そうなった理由は、夜寝れない、おそらく抗うつ剤で、覚醒してしまってる。だから、飲まなくていいかな?の質問に、ええんちゃう。と答えたぼくの責任。 抗うつ剤は、突然やめたらヤバイ事は、とうのむかしから知っていた。が、ぼくは平気で突然飲まなくなったりする。 全てに慣れ過ぎていたのか。 「離脱症状」?だったかな。突然、やめると3日目くらいに突然、ものすごい苦しみがおそってくる。 その日の夜は、離れて暮らしているので、臨戦態勢をとることに、なにかあればぼくが出るまで電話を鳴らすように約束させる。あんまりにも苦しそうなので、万が一・・が怖い。 朝がきて、電話すると少し落ち着いていた。が、会いに行った。 なんとか、持ち直してくれた。 ぼくは、病気の期間が長すぎて、忘れていた。息子にとっては、なにもかも初めての体験であることを。 ものすごく反省した。 ぼくは既に、医者を「クスリをだす人」としか見ていなかったし、飲み方もいい加減だ。 それは、経験から、わかってること。 初めて、うつを体験する人へ、ドクターの言う通り、用法・時間を守って下さい。 自分の判断は、危険です。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 220

  • 2

    Thumbnail

    使い方がよくわからない…

    これは日記みたいな感じで書けばいいのかな? 写真が無いとダメなのかな

    コメント | 1

    お気に入り | 1

    PV | 130

  • 3

    Thumbnail

    ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆色々。呟く。。。。日常の写真館

    あたしの暇潰しの写真館( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆フィーリングあう人だけ、、、お立ち寄りください。( ☆∀☆)

    コメント | 6591

    お気に入り | 11

    PV | 20933

  • 4

    Thumbnail

    お寿司

    お寿司のネタで何が一番好きかな…。

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 133

  • 5

    Thumbnail

    跳梁跋扈

    ※ 百鬼夜行写真館( -`ω-)b 写真・雑談等、何方でもお気軽にどうぞ(*´ー`*)

    コメント | 12543

    お気に入り | 17

    PV | 13286