• Thumbnail

    【まとめよう】The Rose - Bette Midler

    2018年08月10日16時25分 作成

    2018年08月10日16時58分 更新


歌手ジャニス・リン・ジョプリンの生涯を描いた映画「The Rose」の主題歌。

この動画の和訳が凄く良いです。
和訳知ってから聞くと印象も変わってきます。

The Rose - Bette Midler (歌詞字幕)English & Japanese Lyrics

A very touching song from Bette Midler. 日本語歌詞字幕付き ベット・ミドラーが歌うザ・ローズ 勇気付け、そして心を癒してくれる名曲です。 Music: : Am…

https://m.youtube.com/watch?v=CB4EgdpYlnk

img

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

  • Thumbnail

    ぶらぶら映画鑑賞「SUNNY 強い気持ち・強い愛」

    映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」 20回目 評価☆4.0 ★ストーリー(公式より) 90年代、青春の真っ只中にあった女子高生グループ「サニー」。 楽しかったあの頃から、20年以上という歳月を経て、メンバーの6人はそれぞれが問題を抱える大人の女性になっていた。 「サニー」の元メンバーで専業主婦の奈美は、かつての親友・芹香と久しぶりに再会する。 しかし、芹香の体はすでに末期がんに冒されていた。 「死ぬ前にもう一度だけみんなに会いたい」という芹香の願いを実現するため、彼女たちの時間がふたたび動き出す。 ☆感想 というわけで、1990年代J-POPのヒット曲が多数流れ、サニーのメンバーはコギャルたちです。 当時、ずばりコギャルたちの胸には刺さるものがあるのではないでしょうか。 一回り違う自分でさえ、過ぎ去った時間や時代が懐かしく、ノスタルジーを感じましたから。 あの頃、コギャルたちと言えば、"ルーズソックス、厚底ブーツ、ガングロ、プリクラなど"(違うかな 汗)がすぐにイメージされますが、 それを見る自分の目はといえば、場所を弁えず自分勝手に騒がしく迷惑な存在だとしか思えなかったです。 でも、この映画を観て皆んな 二度とないあの時代を精一杯生きていたんだなぁと当たり前のことに気づきました。 年代は違えど、それぞれ90年代のあの頃の自分にも思いを馳せながら、懐かしく鑑賞すればいいと思います。 ☆篠原涼子さんが素敵☆ (娘の高校制服を着て歌い踊る。それを見た娘に「何それ?コスプレ?」と言われ、シュンとして背を向け、肩を落とし俯く場面がカワイイ) ★キャスト 篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美、池田エライザ、山本舞香、野田美桜、田辺桃子、富田望生、三浦春馬、リリー・フランキーほか。 過去記事 https://friends.excite.co.jp/channel/article/67663/

    コメント | 1

    お気に入り | 1

    PV | 45

  • Thumbnail

    ぶらぶら映画鑑賞「検察側の罪人」

    映画「検察側の罪人」 19回目 評価☆3.0 副題は、「犯人未明の殺人事件。対立する二人の検事。正しいのは、どちらの正義か。」 というわけで、"二人"は検事。 ジャニーズ2大スター! キムタクとニノの競演となっている。 あっ、失礼…^_^; "元スマップ" 木村拓哉? と? "嵐" 二宮和也です。 でも親しみを込めて、以下キムタク、ニノと 呼ばせていただきます(^。^) では副題の、"二人"のうちどちらが正義なの? という話だ。 まあ、 "法的"にはニノ、"心情的"にはキムタクが正義となりますかね、一応。 何しろキムタクは殺 ジン 罪を犯しているから、法的に正義がないことは明らかだし、 よほど"心情的"に共感できるものがないと、"正義"どころか殺人鬼になってしまう。 キムタクの煮えたぎるギラギラした復讐心とも言うべき"動機" 自分にはそれが伝わってこなかった… どうしてか。 キムタクの演技力がダメダメだからなのか? 否定はしないが、そればかりではないように思う。 もっと"動機"について時間を割いて丁寧に描くことが必要だろう。 しかも、その復讐劇たるや とてもベテラン検事が行なうようなものではなく、まるで犯罪素人だ。 いきなり電話1本で相手を呼び出し(普通用心して出て来ないでしょ)、夜間田舎の別荘がある地まで車移動し、 降りるや否や借り物のピストル(足がつかないの?、借りた相手は信用できるの?)で、(初めての割には淡々と何の演技もなく)パンパンパンと軽く撃ちコロ す。 後始末はどうするかと見てたら、あっという間に一人で穴を掘り埋めた。あっけないね。 ベテラン検事らしく証拠隠滅しようとする気を起こしてよ^_^; この映画、検事キムタク 対 (元)検事ニノ。 二人が正面切って、ぶつかり現場や法廷で闘う。 このことに絞って描けば二人の魅力がもっと引き出せたし、もっといい映画になったろう。 いろいろ本筋と絡み合わないなくてもいいような伏線とも言えないようなシーンの数々。 そんなのいらないよ。 例えば、検察事務官の女性の潜入取材もいらないし、 代議士が自サツしたエピソードも話しをややこしくするだけだしね。 インパール作戦なんて、何のことやらだし。 社会派ドラマの色を付けたかったのかな^_^; 演技力対決では、ニノ圧勝と言っておこう。 キャスト:木村拓哉、二宮和也、吉高由里子、松重豊、平岳大、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真、大場泰正、谷田歩、酒向芳、矢島健一、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜ほか 過去記事 https://friends.excite.co.jp/channel/article/67663/

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 46

  • Thumbnail

    ぶらぶら映画鑑賞「コーヒーが冷めないうちに」

    映画「コーヒーが冷めないうちに」 18回目 評価☆4.0 決まった席に座ってコーヒーを飲むと、過去に戻れるという… そして、"コーヒーが冷めないうち"に飲みきってしまわないと戻れなくなるという… そんな都市伝説の喫茶店での4話オムニバス形式の映画である。 過去に戻れるが、起きてしまったことは変わらない・変えられない。 (だから、タイムトラベルもので、よくあるパラドックスは起きない) では、過去を変えられないのに、過去に戻る意味はあるのか? ある! 起きてしまった結果・現在は変えられなくても、 その人にとっては過去に戻って言っておきたい言葉がある。 渡したい物がある。会っておきたい人がいる。 そうして、現在を生きるため過去と折り合いをつける。 現在から過去に戻るときの映像は、素晴らしい。 壁に飾ってある絵もストーリー毎に替えていて、どれも幻想的かつ美しい。 副題に"4回泣けます"とあるが、 "泣く"を強要するかのような副題は不要だ。 グッと胸に来たのは1話のみ。 その1話とは、 ・認知症により夫が誰か分からなくなっている妻役、薬師丸ひろ子 ・そのため介護士として妻に接している 夫役、松重豊のエピソードだ。 妻は過去に戻ることを願い、毎日喫茶店に通う。夫に渡したい手紙があるからだ。 それを知った夫は、自分が過去に戻り妻から手紙を受け取る。 そこには何が書かれていたのか? 認知症であっても、 今、この瞬間を生きる大切さ。 今、自分に"できる"ことは何か。 そして、"できる"ことを行ない、そして楽しむ。その大切さを教えられた。 有村架純は可愛かった! ★キャスト 有村架純、健太郎、波瑠 、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子 ほか。 過去記事 https://friends.excite.co.jp/channel/article/67663/

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 64

  • Thumbnail

    ぶらぶら映画鑑賞「ルイスと不思議の時計」

    映画「ルイスと不思議の時計」 17回目 評価☆2.0 ★ストーリー(公式より) 両親を亡くした少年ルイスは、叔父であるジョナサン(ジャック・ブラック)の古い屋敷に住むことになる。 が、なんと、おじさんは、二流のポンコツだが、不思議な力を使える魔法使いだった。 そして、隣に住むきれいで優しいツィマーマン(ケイト・ブランシェット)も魔女。ただし、こちらは一流。 ルイスはそんな二人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしを始める―。 ある日、屋敷に世界を破滅へと導く"時計"が隠されていることを知ったルイス。 果たして、二人の魔法使いと 時計を見つけるべく奮闘する。 ★感想 字幕版で観たかったのだが、上映なく吹替版での鑑賞となった。 ファンタジー映画は好きたのだが、子供向け過ぎたのか自分にはあまり面白味がなかった。 キャストはジャック・ブラック、ケイト・ブランシェットと豪華であり、期待は大きかった。 「ロード・オブ・ザ・リング」のケイト・ブランシェットが出演するファンタジー映画とくれば誰でも期待しますよね? 似たようなタイトルの映画に「ヒューゴの不思議な発明」(こちらも重要なアイテムとして時計が登場する)がある。 「ヒューゴの不思議な発明」のような、大人も子供も楽しめるファンタジーだと思っていた。 しかし、大人が楽しむのには説明不足で世界観は掴みきれない、その上安易なストーリーで深みがない。 主人公の"ルイスは何故こうも簡単に魔術が使えるの?"という疑問! 観ている間、時々頭もたげる疑問。 ついぞ説明されず。 ここは、"大人"がストーリーに入り込むために必須なので、せめて説明するべきだったろう。 貶すばかりではいけないので、一つは褒めよう。 おばけ屋敷?のセットは見応えある。 シリーズ化されるとか、されないとか… このままではヒットに繋がらないと思う。 何にしても「ロード・オブ・ザ・リング」のケイト・ブランシェットが演じる魔女が弱過ぎた。 圧倒的な魔法の力でねじ伏せてくれれば、星☆一つ評価を上げたろう。 過去記事 https://friends.excite.co.jp/channel/article/67663/

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 49

  • Thumbnail

    ぶらぶら映画鑑賞「食べる女」

    映画「食べる女」 16回目 評価☆3.0 原作は読んでいないので分からないが、登場人物が多いため、かなり端折られた映画となっているのではないかと思ったが… どうやら、小説「食べる女」の原作者である筒井ともみが自ら脚本を書いたらしいので、これで十分に伝えられるとの判断だろう。 思い切り乱暴にどんな映画か言ってしまおう。 いろいろな仕事を持つ"女"が、食べたり食べられたり、食べさせたり食べさせられたり、 女同士和気あいあいとした"食"と"性コウ"の日常を描いている映画だ。 例えば、 沢尻エリカは、ユースケ・サンタマリアの手料理を食べて、胃袋を掴まれて食べられる女、 広瀬アリスは、男に挽き肉料理を食べさせることに幸せを感じるが、男らに求められると断れず簡単に食べられる女、 というようにだ。 映画の後味は悪くない。 (ただし、シャーロットにまつわる暴力的な夫のエピソードは気分が悪くなる) かもめ食堂にも似た、のほほん、ほのぼのとした空気感はキョンキョンの雰囲気によるところが大きいかも。 この映画の頃から、勝地涼とデキていた前田敦子は相変わらずダイコンだなぁと思う…(汗) ☆キャスト 小泉今日子、沢尻エリカ、広瀬アリス、前田敦子、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香、ユースケ・サンタマリア、勝地涼など。 過去記事 https://friends.excite.co.jp/channel/article/67663/

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 76

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    寝落ちが日常…

    最近、電気つけっ放しでメガネしたまま朝目覚めることがしょっちゅうです。酒飲んで「うー疲れたー」とちょっと横になった途端気絶するように眠ってしまうようです。 なんか怖いっすね!そのまま逝っちゃったりしてもわからないんだろうなぁ〜。 これ、先日気づいたのですが今降圧剤飲んでるんですね。医者に飲めって言われて。それほど酷い高血圧でもないんですが、医者は家系がそういう傾向にあるようだから飲んどけと。急に脳卒中で倒れるよりも貧血でフラフラする方がまだマシだろ?ってなことを言われました。 血圧下げると脳に酸素が回るのが弱まって、疲れやすかったり、急に眠くなったりするらしい。多分このせいですね。 降圧剤飲み続けると年取ってボケるぞ!ってのもこの理屈からのようですね。 今日は深く飲んでないのでちゃんと歯磨きして血圧測って電気消してメガネ外して寝よう! 明日は久々のプレゼン営業。見積提出。がむばりまふ!?( 'ω' )?

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 129

  • 2

    Thumbnail

    ベイビィフェイス

    (‘ー‘)/~~

    コメント | 3593

    お気に入り | 126

    PV | 37380

  • 3

    Thumbnail

    跳梁跋扈

    ※ 百鬼夜行写真館( -`ω-)b 写真・雑談等、何方でもお気軽にどうぞ(*´ー`*)

    コメント | 4746

    お気に入り | 14

    PV | 5429

  • 4

    Thumbnail

    目玉焼きを載せた焼きそば

    今日の晩飯は、ソース焼きそばです。 冷凍のミンチ肉と人参、そしてモヤシをフライパンで炒め、 業務スーパーで購入した焼きそば麺を投入しました。 フライ返しを使って麺を縦横四つ切りにしますが、 今回は、もう少し粉砕させてしまいましたので、出来上がった見た目は ベビースターラーメンみたいです♪ で…今回、ちょっとイイ感じにできたのが、目玉焼きです♪ 以前から目玉焼きを作るのがうまくいかなくて… で、ネットで調べると、蓋をすれば良いとのことで 鍋の蓋を使って、フライパンの上で蓋をしました。 すると、意外にあっさり目玉焼きができたのです! 黄身が生なのは好きではないので、そこはキッチリ焼きましたが うまくいきました。 今度から、目玉焼きの回数が増えそうです。 …が巻くのが下手な卵焼きも上手にならないといけないですね。 (;^ω^)

    コメント | 3

    お気に入り | 0

    PV | 97

  • 5

    Thumbnail

    嵐山・天龍寺へ行ってきました

    紅葉には、まだ少し早い時期ですが、ご近所散策にいってきました。 天龍寺では、庭園(曹源池・百花苑)のみと、庭園+諸堂(大方丈・書院・多宝殿)の2種類のチケットがあります。 諸堂(建物のなか)から庭園や雲龍図のデジタル複写の襖をみることができます。 法堂「雲龍図」特別公開されているものがあり、別料金でみられます。(写真はNG) 10月20日までは、8時30分 〜 17時30分、21日以降は、8時30分〜17時となります。

    コメント | 12

    お気に入り | 0

    PV | 98