##退会ユーザー##

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数91

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【まとめよう】ブランコで遊ぶ可愛い女の子の霊

    2018年08月16日13時33分 作成

    2018年08月17日08時48分 更新


【youtube】より

私がまだ19歳だった頃。


毒親に育てられた私は

寂しさと虚しさでいっぱいだった。


ある時、偶然今の旦那に出会った。


私は生理不順が酷く、病院では妊娠しづらい身体だと言われていた。


病院を変えても本格的に不妊治療をしないといけないと言われた。


でも、まだ私は結婚する訳ではないしどうでも良いと思っていた。


旦那は自由な人で、私が知らない事を沢山教えてくれる人でデートも勉強してる感じでとても楽しかった。



ある日、
「この人の子供を産めたらどんなに幸せだろう」

と考え始めた。


ドライブデートで遠出をする事が多く、通る道にはお地蔵様にお花を添えてあるのも見かけた。

私の親のような人が子供を放置してたのだろうかと、つい考えてしまっていた。


旦那が綺麗な桜が咲く公園の前に車を止め、

「少し歩こう」

と言うので公園の中に入って行った。


時間は深夜2時過ぎだったと思う。


ピンクの服を着た女の子がブランコで遊んでいた。


こんな時間に可哀想にと思い、話し掛けようとしたが、旦那が

「誰もいないじゃないか」

と言う。


でも、私には見えるし泣いてる女の子を見るとまるで昔の自分を見ているようで、旦那の注意も聞かずに女の子に近づき話しかけた。


「どうしたのかな?
誰かと喧嘩しちゃったかな?」


女の子は涙を流しながら私の顔色を伺うように

「お母さんが私の首をギュッてしめるから、怖いから逃げてきたの。
お願いだから、お母さんに

『ココにいる』って言わないで」


私は旦那の目も気にせず、女の子に自分の親の事を話した。


子供が出来にくい事や、こんなに可愛い女の子が産める貴女のお母さんが羨ましく、妬ましい事も、次に生まれ変わるなら勇ましい男に生まれたい

とか。


女の子は

「私と一緒だね」

って涙をためて私に笑いかけた。


どうやら、女の子は私と一緒でお兄ちゃんは大事にされるけど自分は大事にされず、男だったら…と思う事が多かったようだ。


私は女の子に、どの位ココに居るのか聞いてみた。


女の子は解らないと言う。


私は女の子に、貴女は死んでいるんだと言えなかったので、

「私は子供が欲しい、
男の子でも
女の子でも
どっちでもいい。

とにかく欲しい。

良かったら私の子供になってくれないかな?」


女の子は私の顔をジーっと見て、


「本当にいいの?
私の事嫌いにならない?

そばに居てくれる?」


昔の自分と重なってしまい

ブランコを持つ女の子の手を上から握って
(手には触れなかった)


「貴女が望むならずっと一緒にいる。

一緒に温かいご飯食べよう。

料理得意じゃないけど

頑張って練習するから。

誕生日には美味しいケーキを食べよう!」


女の子は

「さつま芋が大好きなの!

いっぱいさつま芋のオヤツ作ってくれる?」


「もちろんだよ!

焼き芋だって
スイートポテトだって
何だって」


女の子は嬉しそうに私のお腹を見て

「私ね、
カッコイイ
男の子になって

守ってあげるから」


と、言い残し消えていった。



旦那は、

女の子が最後に言い残した言葉だけ聞こえたらしい。



次の年、

桜が咲き始めた頃、

とても愛らしい男の子が生まれました。


とても甘えん坊で、女の子と間違えられては

「僕は男の子なのに!!」

と怒り、

家の中では

「僕ってママに似てるから

間違っちゃてもしょうがないよね
嬉しい~」


とニヤニヤしながら

一緒に作ったスイートポテトを食べる息子を見て思い出した事でした。


もちろん、息子の大好物はさつま芋を使った料理やお菓子です。
img

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    メル友さんと初デート 番外編

    数年前、このサイトでメールを続けていた女性がいた。 彼女は当時35歳、僕よりかなり年下だった。 車好きなところや好きな音楽が似ていたので年の差はさほど気にならなかった。 「りょう君、今度の日曜は時間ある?」 彼女からそう聞かれ断る理由も無かったので 「いいよ。どこで待ち合わせようか?」 そう答えた。 実はこの時僕にはひとつ心配なことがあった。 写真が苦手な僕はいわゆる写メを持っていなかったので、彼女は僕がどんな男か知らない。 ここの女性はほとんどが僕に写メを要求してきた。 でも彼女は事情を説明すると 「別に写真なんていいよ(笑)。私の写真も送った方がいい?」 そう優しく言ってくれた。 彼女がどんな人なのか気になったが、自分が送らない写真を見せてなんて言えなかった。 待ち合わせ当日、約束の場所に着いて彼女を待っていたところ黒いBMWが入ってきた。 僕の隣に停まって降りて来た彼女は満面の笑みで 「ごめんね〜!出がけにお母さんに用事頼まれて遅れちゃった(^-^;」 そう言いながら後部座席からピンヒールを取り出した。 「こんなんじゃ運転出来ないもんね(笑)。」 屈託のない笑顔の彼女はローラに似た美人だった。 声もどことなくローラっぽくて初めて会う人とは思えなかった。 「りょう君、お腹空いたよ!お昼行こう♪」 そう言って彼女が僕の車に乗り込んだ。

    コメント | 4

    お気に入り | 1

    PV | 336

  • 2

    Thumbnail

    お前の記事つまんねーからやめろやーッ!!

    大袈裟なタイトル で釣るな!! 内容がないからコメも入らない 自覚しろよ!!

    コメント | 6

    お気に入り | 0

    PV | 312

  • 3

    Thumbnail

    みんなお前が悪いッ!!

    息子へ お前はそういう奴だったのか…? 何てことをしてくれたんだ お父さんはとても悲しい いや、お前ばかりを責めるわけにもいかないかも知れないな これは、もしかしたら天罰なのかも…… お父さんの先輩たちは皆言っていた 「時期が来ればお前さんもわかるよ」とね そして、こうも言っていた 「今を大切に」 お父さんはとても悲しい ……いや、哀しい とにかく、お前が元気になることだけを祈っている すみません、あのぅ……雑誌とかの広告なんかによくあるアレ、本当ですかね…? どなたか知っておられる方いませんか?(完)

    コメント | 4

    お気に入り | 1

    PV | 300

  • 4

    Thumbnail

    …。 昨日はすみませんでした。。 ここで ぐずぐずするの、やめたはずなのにな…。 本当、すみませんでしたm(_ _)m 寝て 起きて Twitterを見てたら いい言葉を発見! ぐずぐずの(笑)お口直しにかきました(^^ゞ 誰かの犠牲になってるな、自分を犠牲にしてんなと思ってるのに、その地獄からなかなか這い上がれないのは、周りの目を気にし過ぎるからだね。いい人でいると中身はぼろぼろになっていくよ。たまには嫌われなさい。絶対我慢できないことは拒否、無理し過ぎてるなら放棄して逃げたらいい。誰の人生だよ。 見つけた偶然☆ 偶然という名の必然? なんというタイミング? 特に最後の『誰の人生だよ』が ガツンときました。 この偶然、ありがたや〜(^∧^)

    コメント | 6

    お気に入り | 2

    PV | 287

  • 5

    Thumbnail

    あなたの想いは…わかります

    サイトの方ではないですけど ある方から二日に一度 メールが来る だんだん メール通知が苦痛になる この人を嫌いな訳ではない …けど なぜか 苦痛… わかるんだけど〜 メールの返信を待つキモチ あ〜 返信が… 義務のようになるのも 失礼だと思って… また なかなか送れない(-.-) ゴメンナサイ。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 207