massさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数123

  • Thumbnail

    【雑談】スポーツ

    2018年12月06日22時25分 作成


現代、経済と政治は別、等と言う都合の良い事を言う馬鹿な隣国を持つ我が国ですが、

伝統的に政治と切り離されるというのは「スポーツ」な訳です。

1956年の本日、12月6日、1956年メルボルンオリンピックで水球競技が行われます。

先立つ事一月ちょっとの1956年10月23日、ハンガリーの市民が政府に対して蜂起。

政府関係施設や区域を占拠、ナジ・イムレを首相に据え、

独自の政策や方針の実施を開始しだします。

これを見たソ連は1956年10月23日と停戦をはさんだ1956年11月1日の2回、

この反乱に対して軍事介入。

1957年の1月にはソビエト連邦は新たなハンガリー政府を任命し、

ハンガリー人による改革を阻止します。

ユーゴスラビア大使館に避難したナジ首相は、

安全確保を保障されて大使館を出た所をソ連軍に捕まり、

ルーマニアに連行されて2年後に処刑、

政権の閣僚や評議会を指導していた多くの市民が傀儡政府により処刑。

1200人が処刑。戦闘の結果、ハンガリー側では死者が17000人に上り、

20万人が難民となり亡命します。

この ハンガリー動乱と言われる一連の騒ぎの最中、この試合は行われた訳です。

前回のヘルシンキ大会で優勝していた水球のハンガリー代表チームは、

ハンガリー動乱が開始時ブダペスト郊外の

トレーニングキャンプで煙が立ち上がるのを見て銃声も耳にしていました。

メルボルンオリンピックのまで2ヶ月の時期で、

代表チームはチェコスロバキアとの国境へと移動。

オーストラリアに到着して選手は初めて動乱の規模を知り、

ハンガリーに対するソ連の武力弾圧は容赦がなく、

多くの犠牲者が出ていることを知り、

ハンガリー選手はオリンピックをハンガリーの誇りを守る場とします。

試合は開始直後からパンチやキックが飛び交う乱闘になりましたが。

エースのザドル選手は群集の応援を背に2得点を挙げ、4対0で迎えた試合終了直前の数分間に、

ソ連のバレンティン・プロコポフのパンチによって流血し

プールから出ることを余儀なくされました。

怒った観客による暴動を避けるため、試合は終了まで1分を残して中止、

警官隊が群集を選手から引き離します。

試合は4対0でハンガリーが勝利。

その後、決勝でユーゴスラビアを2対1で破り、水球で4つ目の金メダルでした。

オリンピックの後、ハンガリー選手団100人のうち、45人が西側諸国に亡命。


これが、スポーツと政治が切り離せない部分である事を世界に知らしめた

「メルボルンの流血戦」でした。

遠く離れていた日本の左派は、ソビエトの国家主権介入に頓珍漢な論理で擁護しますが、

西側世界のほぼ全部と、共産国のいくつかはこの介入に抗議します。

今、フランスで起こっている暴動とは訳が違い、

国家が決めた政策を隣国がひっくり返す主権侵害です。

主権侵害に匹敵する一方的条約破棄をしながら、

経済の協力を求める隣国にはあきれるばかりです。

img

この記事を投稿したユーザー

何でも楽しく、興味津々です。独身で仕事以外は自由です

0

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

  • Thumbnail

    撮影

    まあ、写真を撮るのは好きですが、誰かに見せたいとかはあまり思わない私です。 電話にカメラが付いて以降、俄かにカメラマンが増え、 ネットで発表の場ができ、こぞって公開しはじめました。 そんな中、AFP通信の記事によると、 ロシアのシベリアにある発電会社の産業廃棄物処分地が、 熱帯の楽園と見まがうようなターコイズブルーに湖が変色、 インスタグラマーを引き付けているそうで。 ノボシビルスクにあるシベリア発電会社の灰処分地となっている湖は、 地元の「モルディブ」とニックネームが付けられ、ビキニ姿の女性やパドルボーダー、 カップルなどが楽園での休暇を楽しむかのように写真撮影にいそしんでいるそうです。 シベリア発電会社は、鮮やかな色は浅い湖の水で希釈された酸化カルシウム(生石灰) によるものだと説明。湖は有毒ではないが、湖の底は粘土質なので、 落ちたら出るのが大変だと。 「危険区域」の標識を無視して、インスタグラムの「いいね!」のために、 身を危険にさらしてまで湖に入り写真を撮る人が後を絶たないのだそうです。 灰処分地と知らずに訪れたと言うカメラマンは、有毒な水だと分かった。 もしかしたら、空気を吸うのも体に良くないかもしれない。 と言いつつ、とてもきれい、と。 カップルが結婚の記念写真を撮ったりもしていたそうです。 シベリア発電会社は、一帯は立ち入り禁止と繰り返し警告。 この土地は工業地域であり、自然保護区や水辺の公園ではないと説明、 湖に入ったり湖水を植物の水やりに使ったりしないようにと注意を呼び掛けているそうです。 1970年代に子供時代を過ごした我々にしてみると、 合成着色料の添加された食べ物みたいだなと。 昔のメロンソーダとかは飲むと舌が黒くなりましたが、 今は天然由来のものになっているみたいです。 しかし、写真。報道や戦場カメラマンが命を賭けるのは分かりますが、 安易に人に見せるために どう見ても有害そうな場所や危険な場所に身を置くというのが理解できません。 結構死亡事故も多いと聞きます、良いじゃないですか日常の写真で。 石灰だと強力なアルカリ性じゃないのかなあ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 237

  • Thumbnail

    色彩

    維新周辺の記録と言えば、 モノクロ写真とそれに浮世絵師が着色したものがメインです。 あと浮世絵かな? そんな中、原色の当時の日本を見るにはいい方法が。 ロバート・フレデリック・ブラム氏の絵画は 当時の日本の庶民生活を瑞々しく描写しています。 写真では見られなかった色彩が浮かび上がります。 やはり絵画は素敵です。

    コメント | 16

    お気に入り | 0

    PV | 185

  • Thumbnail

    蔵書

    まあ、マニアと言うほどではないのですが、本が好きです。 小説などは他人に譲ったりしているのですが、研究書などは残している為、 どんどん増えていっています。 ニューズウィークの記事に、 亡くなった研究者やビブリオマニアの蔵書はどこへ行くのか。 と題する記事が載っていました。 ある亡くなった研究者の蔵書処分での話でした。 「大きな研究成果を上げて将来を期待されながら、自ら命を絶った女性がいる。 享年43歳。多くの大学に就職を断られ、追い詰められた末」 と言う今年4月10日の朝日新聞の記事から、記者は自らの体験を重ね合わせたようです。 記事の女性は東北大学で日本の仏教史研究で博士号を取得、受賞経験もある、 将来を嘱望された研究者。彼女の自殺自体は2016年ですが、事件の痛ましさもあって、 似たような境遇、経験を経た研究者たちに大きなインパクトを与えたそうです。 記者も大学の教員や研究員の経験から事件は他人事ではなく、女性のように、 専門分野を深く掘り下げていく姿勢と比較すると、 食べるために日和った自分を情けなく思うと。 記事には、多くの資料が残された女性の部屋の写真が掲載されていて、 残された資料の行く末が心配だと。 記者は数カ月前に中東研究者の蔵書を、ご遺族が処分したいと、お手伝いすたそうで、 最近、亡くなられた研究者の蔵書を、勤務先の大学やら研究機関が 「~先生蔵書」として丸ごと引き取って、 図書館に入れてくれることもほとんどなくなったそうです。 相当えらい先生でも「選書」して、 重複した本やどうでもいい本を除いてからなのだそうです。 その研究者の蔵書は、若い研究者で必要な本があれば、無料でお譲りしたいと。 貴重そうな本もあったので、欲しがる若手研究者もいるのではと、 専門分野の近そうな人に声をかけ、大学院生などに宣伝依頼。 ツイッターでも宣伝。結果的には、ほとんど何の反響もなかったそうです。 少し前、外国の書籍を買う事自体が研究の一環で、 外国の書店や出版社への注文のしかたから、海外送金のしかたまでが 教師や先輩から受け継がれるテクニックでもあったと。 タダなら専門分野と少しぐらい離れていたとしても、喜んでもらいにいったもの。 しかし現在、アラビア語の書籍ですら、日本語のアマゾンでも購入できる時代になったと。 しかも、Kindleもアラビア語に対応、送料もいらず、本で場所をとらなくてすむ様に。 著作権切れの古典的名著もデジタル化。 清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入した高価な専門書がつぎつぎデジタル化され、 無料で公開。文字どおり泣くに泣けないという感じに。 詩人の西脇順三郎がその昔、親族の子に英語を教えることになったとき、 その子にまず教科書となる本の匂いを嗅げと指示したそうで、 かなりマニアックではあるものの、 紙の本には、デジタルなものにはない何かがある と考える人は今でも少なくないはずだと。 その後、記事は本の不便さや家族の評価に至りますが、興味のある方は、 保坂修司 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00010003-newsweek-int へ。 全くもってそうなんですね、書籍の行方、私の持っている本は趣味のものばかりなので、 その行く先は合えば100%、合わなければ0%と言う代物で、 そんなものが所狭しと並んでいるので、行く末は何か想像がつきます。 でも、生きている間、自分だけを満たしてくれたものなので、 自分がいなければどうでもいい類のものばかりです。 研究者のものとなると、そうは行かないでしょうが、今後、デジタル化され、 内容だけが保存されていくのでしょう。 装丁デザインや紙質や活字の擦れまで愛する時代は遠くなってしまったのでしょうねえ。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 84

  • Thumbnail

    爆発

    なんか、高槻で爆発があったそうで、 産廃収集会社から火柱が上がって野次馬多数の写真がネットに。 大阪でのこの状況は、禁野火薬庫爆発事件の写真を思い出します。 1909年に負傷 10人 家屋の全半壊 約1495戸 1939年に大爆発計29回の爆発を起こし、破片は半径2キロに飛散、近隣の集落に延焼。 死者 94人 負傷 602人 家屋の全半壊 821戸 京阪本線も送電線・電車線・電気供給施設が破損して運転不能になったそうです。 写真は見物人、無事だったのでしょうかね。 近所の方、くれぐれも御注意を。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 106

  • Thumbnail

    風が吹いたら

    実にことわざと言うのは、多くの場合実用的な経験則に基づいています。 好きなことわざは「風が吹いたら桶屋が儲かる」なのですが、 何がどう作用するかわからない事の例えです。 Forbes JAPANの記事によると、 1815年2月、島流しのナポレオン1世はエルバ島を脱出、 フランス王政を復活させたイギリス、オーストリア、 プロイセン、ロシアの連合軍に反攻。 ベルギーのワーテルロー近郊でプロイセン軍と会敵、 一蹴して兵力を一部割いて追撃させます。 6月15日、ナポレオン本隊はワーテルローのイギリス、 指揮下の多国籍軍連合軍攻撃に向かいます。 連合軍は農場でフランス軍の夜明けの攻撃に備えますが、 攻撃は夜明けに間に合いません。 夜間に降った大雨によって足場が悪く、 砲兵隊を前進させられませんでした。 攻撃に必須の大砲を待つナポレオンは、貴重な時間を失います。 戦闘開始は昼頃に。 イギリス軍が粘り、先の戦闘で退却したプロイセン軍が 追撃を振り切り戦場に到着、フランス軍は背後を突かれる事になります。 大雨での足場の悪さが連合軍の勝利に大きく作用します。 このワーテルローの戦いの2か月前、 インドネシアのタンボラ山が大噴火していたそうで。 1000年間で最大の大噴火によって4月10日と11日には 溶岩が上空40キロまで吹き飛び、大量の粉塵やガス、岩、灰が 数百万トンの硫黄酸化物と混じって成層圏に到達。 硫黄酸化物は世界中に広まり、 水蒸気と結合して液滴となり太陽光を遮ります。 そして気温が下がり、欧米に異常気象をもたらしたのです。 2018年に発表された研究では、 タンボラ山の噴火で放出されたガスや火山灰が天候に影響。 電気を帯びた火山灰は雲ができる電離層にまで達していたそうです。 そこで火山性粒子が水蒸気と結合、雲が大量に形成され、 その分厚い雲がヨーロッパに大雨をもたらしたのだそうで、 各個撃破をフ狙うランス軍がプロシアの援軍到着までに イギリス軍を撃破する時間を失ったと言うのです。 まあ、ナポレオンが追撃を命じたグルーシー元帥に 明確な指示を出さなかった、とか。 ネイ元帥の無謀な突撃で貴重な騎兵戦力を失ったとか。 いろいろ要因はありますが、天候の悪化も大きかった様です。 映画「ワーテルロー」でもこのシーンが存在するくらいですから。 風が吹いたらのことわざは、町内程度の範囲を例えていますが、 この場合、地球半周した話、規模が大きいですよね!

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 103

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    Fin

    帰命無量寿如来 南無不可思議光 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発希有大弘誓 五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方 普放無量無辺光 無碍無対光炎王 清浄歓喜智慧光 不断難思無称光 超日月光照塵刹 一切群生蒙光照 本願名号正定業 至心信楽願為因 成等覚証大涅槃 必至滅度願成就 如来所以興出世 唯説弥陀本願海 五濁悪時群生海 応信如来如実言 能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃 凡聖逆謗斉廻入 如衆水入海一味 摂取心光常照護 已能雖破無明闇 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天 譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇 獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣 一切善悪凡夫人 聞信如来弘誓願 仏言広大勝解者 是人名分陀利華 弥陀仏本願念仏 邪見驕慢悪衆生 信楽受持甚以難 難中之難無過斯 印度西天之論家 中夏日域之高僧 顕大聖興世正意 明如来本誓応機 釈迦如来楞伽山 為衆告命南天竺 龍樹大士出於世 悉能摧破有無見 宣説大乗無上法 証歓喜地生安楽 顕示難行陸路苦 信楽易行水道楽 憶念弥陀仏本願 自然即時入必定 唯能常称如来号 応報大悲弘誓恩 天親菩薩造論説 帰命無碍光如来 依修多羅顕真実 光闡横超大誓願 広由本願力廻向 為度群生彰一心 帰入功徳大宝海 必獲入大会衆数 得至蓮華蔵世界 即証真如法性身 遊煩悩林現神通 入生死薗示応化 本師曇鸞梁天子 常向鸞処菩薩礼 三蔵流支授浄教 梵焼仙経帰楽邦 天親菩薩論註解 報土因果顕誓願 往還廻向由他力 正定之因唯信心 惑染凡夫信心発 証知生死即涅槃 必至無量光明土 諸有衆生皆普化 道綽決聖道難証 唯明浄土可通入 万善自力貶勤修 円満徳号勧専称 三不三信誨慇懃 像末法滅同悲引 一生造悪値弘誓 至安養界証妙果 善導独明仏正意 矜哀定散与逆悪 光明名号顕因縁 開入本願大智海 行者正受金剛心 慶喜一念相応後 与韋提等獲三忍 即証法性之常楽 源信広開一代教 偏帰安養勧一切 専雑執心判浅深 報化二土正弁立 極重悪人唯称仏 我亦在彼摂取中 煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我 本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人 真宗教証興片州 選択本願弘悪世 還来生死輪転家 決以疑情為所止 速入寂静無為楽 必以信心為能入 弘経大士宗師等 拯済無辺極濁悪 道俗時衆共同心 唯可信斯高僧説 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 願以此功徳 平等施一切 同発菩提心 往生安楽国

    コメント | 29

    お気に入り | 5

    PV | 261

  • 2

    Thumbnail

    Re: ねこまんま

    準備中

    コメント | 0

    お気に入り | 4

    PV | 182

  • 3

    Thumbnail

    にくみんち

    差し上げますと言っておきながら暗に訴えかけてきますのでタイトル変更しました。 しかし… あの方、ちゃんねる記事を書かないとか仰られていたのにねぇ。 まだ未練があるのかしら?

    コメント | 95

    お気に入り | 8

    PV | 1645

  • 4

    Thumbnail

    毎日...吐き気がする

    所詮合わない仕事。 人と携わるのは嫌いでは無いけど気◯い相手の仕事なんて本当に神経がすり減って苦しい。 仕事に行く前は必ず何処か近くで気を休め無いと行けない。 今日も数時間も前だけどこうして近くまで来ている。 雨が続いて憂鬱だし、仕事も憂鬱です。 では、暫く小休止。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 192

  • 5

    Thumbnail

    フ ク ア カ 疑 惑

    他人にはフクアカ持っているだろ! と言い切るクセに 自分が言われると証明しろって(((*≧艸≦)ププッ

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 154