massさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数173

  • Thumbnail

    【雑談】ヒッヒッヒ

    2019年05月21日23時18分 作成


進ちゃんが亡くなった。

吉本新喜劇のスター、木村進さんが19日午後3時14分、腎不全のため死去。

68歳。

私が子供の頃、間寛平ちゃんとのやり取りが大好きで、

物マネできるやつは人気者でした。

九州の喜劇役者、初代博多淡海を祖父に、二代目が父、

自身も博多小淡海と名乗って活躍していたそうです。

そして吉本興業に入社。23歳の若さで座長になります。

おばあちゃんの役が好きだったなあ。

脳内出血で倒れた。のは知ってましたが、とうとう亡くなってしまったのですね。

寛平ちゃんがまだ現役であるところを見ると、

元気であれば、まだまだ笑わせてくれただろうなと、想像する訳です。

ヒッヒッヒと笑うギャグをもう一度見たかった。


ご冥福を。
img

この記事を投稿したユーザー

何でも楽しく、興味津々です。独身で仕事以外は自由です

7

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

  • Thumbnail

    2D

    今年8月8日にオープンした、 二次元の世界に入り込んだような内装の「2D Cafe」だそうです。 海外でも話題だそうです。 こんな所だと、音楽のプロモーションビデオを撮ったら面白そうですね。 モノトーンだけに、ファッション写真とかも良さそう。 なんだか行ってみたいなあ。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 146

  • Thumbnail

    運転士

    電車通勤をしていると、いろいろな光景を目にします。 案外子供好きの運転士が多いのは、なんとなく分かります。 ちょっといかつい京阪電車の運転士が全力で子供に手を振って お母さんにお礼を言われていたり、ほのぼのです。 ねとらぼによると、Twitterに長野駅で、新幹線が大好きな息子さんが ホーム上で眺めていたところ、運転士のお兄さんが近寄ってきて そっと帽子をかぶせてくれたというエピソードを捉えた写真を 時系列に沿って公開していまるそうです。 写真には北陸新幹線の運転士が息子さんに近づいてなにやら言葉を交わしている様子から、 頭をそっとなでたあとに優しい手付きで帽子をかぶせてあげ、 向かい合って敬礼を交わす姿が捉えられています。 記事はこちら。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00000075-it_nlab-bus_all やはり表情が素敵ですね。 この運転士も子供の頃から好きだったんじゃないですかね。 同好の士、なのでしょうね。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 1072

  • Thumbnail

    アナログ

    私はいまだ携帯電話派で、キーボードがないと落ち着かないたちです。 自動車もMT車でクラッチが無いとなんだか落ち着きません。 どうも手応えと言うものに拘ってしまいがちですが、 世の中ではそう言った機器は減りつつあるようです。 WIREDの記事によるとアメリカ海軍が駆逐艦のタッチスクリーン操作を撤廃し、 昔ながらの物理的なスロットル操作に戻すと発表したそうです。 過剰なデジタル化に対するフラストレーションが蓄積し、 現場でも習熟が進まなかったと。 これらは、人間と機械とのインターフェースに共通する課題と教訓が浮かんできます 駆逐艦の制御にタッチスクリーンを導入していたアメリカ海軍では 駆逐艦を操縦する船員らがタッチスクリーン式の統合船橋・航海システムを十分に理解できず、 2017年に発生したミサイル駆逐艦「ジョン・S・マケイン」と貨物船との衝突事故の一因が、 統合システムの欠陥と誤った使用によるものであると。 タッチスクリーン式のシステムを物理的なスロットルに戻すには、18~24カ月かかるそうです。 一連のタッチスクリーンに起因する問題は、設計、テスト、訓練の3つが不十分という 最悪の三拍子が揃ったことで発生。 2017年の駆逐艦による事故後に数カ月かけて実施された米艦隊総軍の調査では、 船の操舵システムが改良されたばかりなのに、 見張りに立った船員らが使用法の訓練をきちんと受けていなかったそうです。 タッチスクリーン上で設定される制御や配色も 「安全を重視すべき制御盤に関する業界のベストプラクティスに反していた」そうです。 実際に操舵システムを使用していた乗組員たちがタッチスクリーンを利用せず、 バックアップとして用意されていたトラックボールとボタンで操作することも多く、 さらにシステムのバックアップ用に用意されていた マニュアルモードについても問題があったそうです。 これら一連のトラブルは明らかに複雑なデジタルシステムによるフラストレーションが、 海軍全体に蔓延。 物理的なスロットルを取り上げられてしまった、 という意見が海軍の現場から多く寄せられていたという面からも考察できます。 われわれが使えるスロットルが欲しい。というのが現場の声でした。 航空機の操縦システム、フライ・バイ・ワイヤの開発には実際の感覚に合わせるのに 開発に大半の時間を費やしています。 戦闘機とか小回りが利くものの場合ほどではないものの、 艦船でも同じ様な感覚誤差が出るのでしょうね。 旧日本海軍の船員みたいに戦艦級の艦船を タグボート無しで陸付けできるような人々なら、 尚更アナログ感は大事なのでしょうね。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 126

  • Thumbnail

    交代

    ジェイムズ・ウェッブ氏。 アメリカの宇宙計画を主導し、支援した人物。 soraeの記事によると、NASAの新しい宇宙望遠鏡が 8月28日に完成したそうです。 スケジュールと予算を大幅に超過した後にやっと完成。 ノースロップ・グラマンが中心となって開発した ハッブル宇宙望遠鏡の後継は、 ジェイムズ・ウェッブと名付けられました。 赤外線域の観測で、宇宙の始まり直後に誕生した天体の観測を予定。 18枚の六角形の鏡を打ち上げ後に展開、6.5メートルの主鏡を支援。 予算は予定されていた金額のほぼ2倍、そして完成は約7年も遅れました。 ハッブル宇宙望遠鏡は数回の補修により延命処置を受け対応させています。、 一部故障しつつも、ジェイムズ・ウェッブの2021年3月の打ち上げまで稼動。 実に7年も後継を待ち続けた、ハッブル宇宙望遠鏡。 首を長くしているでしょうね。 天文学者から、マネージャーへネーム交代。 また多くの発見をしてほしいものです。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 166

  • Thumbnail

    奇書

    私はマニアと言うほどではないものの、本が好きです。 乱読家なので、多少偏ってはいるものの、分野は広いと思います。 現代ビジネスの記事に、奇書と言う分野があると言うのがありました 定義は、かつて当たり前に読まれていたが、いま読むとトンデモない本。 かつて悪書やフィクションの類と目されたが、いま読めば偉大な名著。 とか言うものです。 “日本三大奇書”は『ドグラ・マグラ』『虚無への供物』『黒死館殺人事件』なのですが、 生まれた瞬間「奇書」という評価を受け、今も変わらず保ち続けているので、 著者の描いた世界観を読者にまっすぐ届けることに成功した「名著」と評価されると。 かつて良書とされていたが、現代の価値観から見ればとんでもない内容の書籍。 かつて禁書とされていたが、近代科学の礎となった書籍。 奇書のサンプル。 一つ目はハインリヒ・クラーマー著の『魔女に与える鉄槌』があげられています。 15世紀に書かれた「魔女狩りマニュアル」。 前段の、魔女の危険性を訴える論文と、後段の魔女を告発する方法の手引書からなり、 本書により「魔女狩り」の嵐が発生、累計で10万人以上が処刑されます。 活版印刷が広く普及し始めたころに出版されたため、「新しい技術による美しい活字」 に信ぴょう性を担保される形で、ヨーロッパ中で翻訳・出版されたそうです。 私自身は部分的翻訳しか読んだ事ありませんが、いわば宗教的戒律を無視して 力を得るものを定義し、告発するものでしたが、 結局現代における人種差別から来る生活習慣の違いや、 優秀で反乱を起こす可能性のある者を処刑すると言うもので、 当時の生活習慣がわかって面白いなと思った記憶があります。 次の東京朝日新聞の『野球と其害毒』これはタイムリーで1911年の先日8月末から 全22回に渡って東京朝日新聞に掲載されたコラムなのですが、 野球というスポーツがいかに青少年の健全な成長に悪影響を及ぼすかを、 新渡戸稲造や、乃木将軍などそうそうたるメンバーでした。 結局、大阪から進出した毎日新聞の売りである野球に対する、 東京朝日新聞のネガティブキャンペーンだった訳ですが、 今やドル箱の「夏の甲子園」を見ると皮肉な話だなと。 一連のサンプルの奇書、からすると、当時の常識とか云々より、 政治や差別、利害関係から派生しているものが多く感じます。 人間が変わっていく過程で普通の本も奇書に変わって行くのでしょうね。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 126

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    〜追われるよりも、追ってしまう私…〜

    女性は、自分が追うのではなく、男性に追われる位の方が、恋愛は上手くいく、とはよく言われる話。 でも、私は好きになると、性質的にも?すぐに追ってしまうんだな。。。 狩猟?民族みたいに。これは、金星が射手座ゆえか。 そして、恋愛をぶち壊してしまうのか。 やっぱり、追ってばかりでは、相手が嫌になってくるのは、解るんだけど、そんな駆け引き?上手でもないし、器用でもないし、もやもやするし、やめられない………! *コメント、もしもいただけても、この場での返答は避けさせてもらいます_(_^_)_ ↑=変更= ミニメで返答させてもらおうと、思っていたのですが、アバター設定ない方もいらっしゃるし、頑張って、出来得る限りで、返答したいと思います。

    コメント | 16

    お気に入り | 2

    PV | 266

  • 2

    Thumbnail

    離婚れたオンナ**秋の風景

    3連休明けに出張が入ってて、その準備で休んでらんない。 季節もディープになって来てふと思い出すことがある…。 オレさ、大学院途中でやめてしばらくレンタルビデオ屋でバイトしてたんだよ。年上だと思ったけど毎日来る女の客がいて、ちょくちょく話するようになってさ付き合うようになった。そいつ離婚調停中でトシは3つ上、生保の外交やってた。毎日毎晩オレの車で一緒にあちこち周ってて、ダンナと離婚できたあと籍入れた。東京にいらんねーから地方都市で仕事見つけてしばらくは新婚生活の真似事みたいなことやってたよ。 オレはそいつが真剣だと信じたからオレだってマジになった。親も裏切り友達も騙してなりふり構ってなんかいらんなかったよ。 そいつ半年も経たないうちに自分より年上の男と浮気したんだ。隠しててもオレには分かったよ。オレはそいつを捨てて職場に辞表を出して東京に戻って来た。 それ以来その女とは会うこともない。 ちょうどいまくらいの頃だったな。同じような匂いがそこらじゅうでしてる。

    コメント | 10

    お気に入り | 1

    PV | 266

  • 3

    Thumbnail

    おとなの恋

    純度。 揺るがない、はずなのに・・・。 揺れてしまう。 静かな葛藤、 純度の透明感。

    コメント | 13

    お気に入り | 1

    PV | 421

  • 4

    Thumbnail

    梨沙のhappy Life(●´ω`●)

    食べ呑み歩きが好きな 主婦です(●´ω`●) 子供達も独立し 夫婦水入らずで暮らしてます… そんなあたしのdiary…

    コメント | 2946

    お気に入り | 40

    PV | 14875

  • 5

    Thumbnail

    誰にも止められない

    あの人の【雑談】連投の嵐は... そっとしておいた方が いいんだろうな.....

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 207