massさん

  • コメント数8

  • お気に入り数0

  • PV数160

  • Thumbnail

    【雑談】雨

    2019年06月27日21時18分 作成


本日は雨。

会社の窓から外を見ると

阪神高速がすっからかん。

さすがG20。

梅田界隈は住人でも許可証が必要な場所もあるそうで。

一台も走っていない様子は、

徹夜の時ですら見た事がありません。

なんだか不思議な感じです。

歩きたくなりますね。

傘差して、「雨に歌えば」くらい聞きながら。
img

この記事を投稿したユーザー

何でも楽しく、興味津々です。独身で仕事以外は自由です

8

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

  • Thumbnail

    肖像

    よく、ナポレオンなどの肖像画を目にしますが、 写真の精度や技術の向上で、 現代では肖像画になるような人は少なくなりました。 そこで海外で人気になっているサイト。 肖像画変換サイト。 https://aiportraits.com/index.html 好きな人物写真を投入すると肖像画風画像に変換。 同じ人物でも、写りによって全然変わってしまうのが面白いです。 私のような小市民でも肖像画。 なんか嬉しく、面白いサイトです。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 124

  • Thumbnail

    危機

    危機は思わないところからやって来ることが多いです。 雪山登山でテントを張っていた所が崖だったり、 知床半島で川向うが騒がしいなと思ったら熊がケンカしていたり。 今日は意外な危機の影響が記事になっていました。 AP通信によると、ベネズエラの首都カラカス郊外の治安の悪いスラム街での話。 アメリカの制裁を受けた国家で、国が空っぽになる中、 重要な収入源のはずの強盗が今では生計が成り立たないと。 銃や弾は闇市場で多く流通してますが、 多くの強盗は1ドルの銃弾すら買う余裕がないそうです。 平均的なベネズエラ人の月収は6.50ドル、 ハイパーインフレーションで現金の価値が日単位で半分の価値になるほどです。 治安が悪いけど、銃が使えないとなると、強盗するにもリスクを伴うと言う、世も末的展開。 前大統領のチャベス氏から始まる反米政策から始まる制裁による経済崩壊と、 同士と思っていた中華による借金漬けと、石油価格の暴落で追い討ち。 後継のマドロ大統領の独裁化で、各国の救援物資すら届かない状況です。 普通、政治的に支援が集まり、内戦になったりするのですが、 石油の利権を中華が握ったので、誰も興味を示さなくなってしまいました。 で、国が空っぽに。 麻酔どころか、消毒液すら無いので、盲腸の手術すら命懸けです。 強盗するのに弾を買うと赤字になるほど空っぽ。 ここまで来たら、世も末です。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 154

  • Thumbnail

    撮影

    まあ、写真を撮るのは好きですが、誰かに見せたいとかはあまり思わない私です。 電話にカメラが付いて以降、俄かにカメラマンが増え、 ネットで発表の場ができ、こぞって公開しはじめました。 そんな中、AFP通信の記事によると、 ロシアのシベリアにある発電会社の産業廃棄物処分地が、 熱帯の楽園と見まがうようなターコイズブルーに湖が変色、 インスタグラマーを引き付けているそうで。 ノボシビルスクにあるシベリア発電会社の灰処分地となっている湖は、 地元の「モルディブ」とニックネームが付けられ、ビキニ姿の女性やパドルボーダー、 カップルなどが楽園での休暇を楽しむかのように写真撮影にいそしんでいるそうです。 シベリア発電会社は、鮮やかな色は浅い湖の水で希釈された酸化カルシウム(生石灰) によるものだと説明。湖は有毒ではないが、湖の底は粘土質なので、 落ちたら出るのが大変だと。 「危険区域」の標識を無視して、インスタグラムの「いいね!」のために、 身を危険にさらしてまで湖に入り写真を撮る人が後を絶たないのだそうです。 灰処分地と知らずに訪れたと言うカメラマンは、有毒な水だと分かった。 もしかしたら、空気を吸うのも体に良くないかもしれない。 と言いつつ、とてもきれい、と。 カップルが結婚の記念写真を撮ったりもしていたそうです。 シベリア発電会社は、一帯は立ち入り禁止と繰り返し警告。 この土地は工業地域であり、自然保護区や水辺の公園ではないと説明、 湖に入ったり湖水を植物の水やりに使ったりしないようにと注意を呼び掛けているそうです。 1970年代に子供時代を過ごした我々にしてみると、 合成着色料の添加された食べ物みたいだなと。 昔のメロンソーダとかは飲むと舌が黒くなりましたが、 今は天然由来のものになっているみたいです。 しかし、写真。報道や戦場カメラマンが命を賭けるのは分かりますが、 安易に人に見せるために どう見ても有害そうな場所や危険な場所に身を置くというのが理解できません。 結構死亡事故も多いと聞きます、良いじゃないですか日常の写真で。 石灰だと強力なアルカリ性じゃないのかなあ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 244

  • Thumbnail

    色彩

    維新周辺の記録と言えば、 モノクロ写真とそれに浮世絵師が着色したものがメインです。 あと浮世絵かな? そんな中、原色の当時の日本を見るにはいい方法が。 ロバート・フレデリック・ブラム氏の絵画は 当時の日本の庶民生活を瑞々しく描写しています。 写真では見られなかった色彩が浮かび上がります。 やはり絵画は素敵です。

    コメント | 16

    お気に入り | 0

    PV | 201

  • Thumbnail

    蔵書

    まあ、マニアと言うほどではないのですが、本が好きです。 小説などは他人に譲ったりしているのですが、研究書などは残している為、 どんどん増えていっています。 ニューズウィークの記事に、 亡くなった研究者やビブリオマニアの蔵書はどこへ行くのか。 と題する記事が載っていました。 ある亡くなった研究者の蔵書処分での話でした。 「大きな研究成果を上げて将来を期待されながら、自ら命を絶った女性がいる。 享年43歳。多くの大学に就職を断られ、追い詰められた末」 と言う今年4月10日の朝日新聞の記事から、記者は自らの体験を重ね合わせたようです。 記事の女性は東北大学で日本の仏教史研究で博士号を取得、受賞経験もある、 将来を嘱望された研究者。彼女の自殺自体は2016年ですが、事件の痛ましさもあって、 似たような境遇、経験を経た研究者たちに大きなインパクトを与えたそうです。 記者も大学の教員や研究員の経験から事件は他人事ではなく、女性のように、 専門分野を深く掘り下げていく姿勢と比較すると、 食べるために日和った自分を情けなく思うと。 記事には、多くの資料が残された女性の部屋の写真が掲載されていて、 残された資料の行く末が心配だと。 記者は数カ月前に中東研究者の蔵書を、ご遺族が処分したいと、お手伝いすたそうで、 最近、亡くなられた研究者の蔵書を、勤務先の大学やら研究機関が 「~先生蔵書」として丸ごと引き取って、 図書館に入れてくれることもほとんどなくなったそうです。 相当えらい先生でも「選書」して、 重複した本やどうでもいい本を除いてからなのだそうです。 その研究者の蔵書は、若い研究者で必要な本があれば、無料でお譲りしたいと。 貴重そうな本もあったので、欲しがる若手研究者もいるのではと、 専門分野の近そうな人に声をかけ、大学院生などに宣伝依頼。 ツイッターでも宣伝。結果的には、ほとんど何の反響もなかったそうです。 少し前、外国の書籍を買う事自体が研究の一環で、 外国の書店や出版社への注文のしかたから、海外送金のしかたまでが 教師や先輩から受け継がれるテクニックでもあったと。 タダなら専門分野と少しぐらい離れていたとしても、喜んでもらいにいったもの。 しかし現在、アラビア語の書籍ですら、日本語のアマゾンでも購入できる時代になったと。 しかも、Kindleもアラビア語に対応、送料もいらず、本で場所をとらなくてすむ様に。 著作権切れの古典的名著もデジタル化。 清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入した高価な専門書がつぎつぎデジタル化され、 無料で公開。文字どおり泣くに泣けないという感じに。 詩人の西脇順三郎がその昔、親族の子に英語を教えることになったとき、 その子にまず教科書となる本の匂いを嗅げと指示したそうで、 かなりマニアックではあるものの、 紙の本には、デジタルなものにはない何かがある と考える人は今でも少なくないはずだと。 その後、記事は本の不便さや家族の評価に至りますが、興味のある方は、 保坂修司 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190710-00010003-newsweek-int へ。 全くもってそうなんですね、書籍の行方、私の持っている本は趣味のものばかりなので、 その行く先は合えば100%、合わなければ0%と言う代物で、 そんなものが所狭しと並んでいるので、行く末は何か想像がつきます。 でも、生きている間、自分だけを満たしてくれたものなので、 自分がいなければどうでもいい類のものばかりです。 研究者のものとなると、そうは行かないでしょうが、今後、デジタル化され、 内容だけが保存されていくのでしょう。 装丁デザインや紙質や活字の擦れまで愛する時代は遠くなってしまったのでしょうねえ。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 106

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    今日もダメ

    …何処かに ホッと出来る 本音で笑える場所が 1つでもあったらいいのに…

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 192

  • 2

    Thumbnail

    美味しいものは美味しい

    と、言いながら今日は初めて味噌にしてみた(^_^)v 明日休み 掃除 断食 温泉 これが予定(笑)

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 131

  • 3

    Thumbnail

    裏表ない

    上辺の方が多いから...上辺だけでない方が良いなぁ...色々と気楽にお話しできる方

    コメント | 1

    お気に入り | 1

    PV | 223

  • 4

    Thumbnail

    40〜50代の方♪遊びに来てね♪ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

    『メゾン3L』でちょっとした話をしましょ♪大家は今夜も飲んでマス。その肴に貴方の話題を♪

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 155

  • 5

    Thumbnail

    カツ丼

    今日はヒレカツ丼を作りました? さりげなく海老フライ??2本切って入れました。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 123