massさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数127

関連記事

  • Thumbnail

    【雑談】8月

    2019年08月18日23時03分 作成


8月と言う事でと、友人が「STEINS;GATE」を見ろと。

私が見た事無いと言っていたら、全巻持ってきてくれました。

10年前のゲームから派生したアニメーション。

2シリーズ49話+オリジナルビデオをぶっ続けで見ました。

マッドサイエンティストを名乗る大学生のサークルが、

へんてこ発明をしている内に、タイムマシンの原型を発明。

さまざまなトラブルに巻き込まれて、時間の旅を繰り返すという話ですが、

ロバート・A・ハインライン氏の「夏への扉」や

映画の「バタフライエフェクト」「ターミネーター」を思い起こさせる割に、

なんだか身近に起こりそうな不思議な感覚、

そして、そのストーリーは熟考されているので結構ファンが多いのだろうなと。

こう言ったものは続けてみると良いですね。

日本の漫画やアニメーションは、非常に競争が激しく、年齢層も広いために、

非常に練りこんでしっかりしたストーリーなのに毎回驚かされます。

ゲームから派生しただけあって、第一シリーズ全24話の23話はβ版があって、

そのまま行けば第一シリーズのエンドへ、

βなら第二シリーズへ進むと言うのが凝っています。

私もDVD買おうと思います。
img

この記事を投稿したユーザー

何でも楽しく、興味津々です。独身で仕事以外は自由です

2

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

  • Thumbnail

    最終巻

    なんとなく好きな漫画が終わった様子。 日常系の起伏の無い感じの漫画です。6年も高校一年生が続いていました。 私は、高校時代、アクシデント一杯だったので、なんか憧れたストーリー。 友人には「漫画のほうが落ち着いているって、どうよ?」みたいに言われますが、 自分が落ち着きの無い人間だったのを再確認。 永遠の日常、「田中くんはいつもけだるげ。」 13巻にて最終回。ちょっと寂しいなあ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 108

  • Thumbnail

    日曜日

    なんだか好きだった漫画。 この頃私は多分中学生。 何気ない学園ドラマだったのですが、 処々に知性のあふれる会話が含まれていました。 知識を並べて説明するような感じではなく、 作者の沖倉利津子さんは知的な人だったのだなと。 その頃、主人公の親しいお兄さんが買うか迷っていたのが フェアレディZやRX3コスモだったように記憶しています。 子供と大人が交じり合った主人公たち、 武田世津子さん、上杉恵美さん、川中島弘くんは 今ならどうなっているのでしょうね?

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 111

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    男性って。

    初めは互いを知りたい、知ろうとして やりとりも頻回に。 そしてだんだん互いを知り、惹かれあい 好きなる。 気持ちが相手にあると分かると、 安心するのか…。 信じているから? 前よりやりとりも少なくなり、 自分の欲しい時だけに…。 もっと構って欲しい、 自分を見て欲しい、 欲なのか。 恋愛は 男性脳、女性脳の違いなのかな。

    コメント | 7

    お気に入り | 1

    PV | 218

  • 2

    Thumbnail

    編みこもの

    昨年秋に編んだリボンバッグ♪ ベージュ×ブラックの組み合わせって好き。 どちらもラメ入りの糸を使ってるので、ちょっとだけキラッとしてます。

    コメント | 3

    お気に入り | 1

    PV | 288

  • 3

    Thumbnail

    エキサイトちゃんねる お笑いネタ

    私、ある方から苦情をいただきました。 堂々と私に言いにきたら?と。 しかし彼は私の事をお断りにしてるんですよね。 何のギャグですか? あなたは今まで苦情を言ってきた人達に対して真摯に受け止めて対応した事ってありましたかね? まあ、意にそぐわないコメントを消すのも自由ですし、お断りにするのも自由ですが 逃げてばかりの人が「堂々と」なんて言葉を使わない方がいいですよ? 季節の変わり目はもみこの覚醒

    コメント | 4

    お気に入り | 1

    PV | 114

  • 4

    Thumbnail

    ネットワークビジネスに御用心

    とある場所で見かけたので。 ネットワークビジネスとは、自身が広告塔となり身近な人達に商材を紹介し広めていくことにより収入を得るビジネスです。 また、その紹介した人達にも広告塔になってもらいさらに広まっていけば収入がどんどん増えていくシステムです。 マルチ商法と言われてますよね。 労働収入ではなく権利収入で生計を立てる事ができ、自身が病気になっても遊んでいても収入が入ってきますよ、それと同時にかけがえのない仲間も手に入れる事が出来ますよという謳い文句で活動しているビジネスです。 私は知人に化粧品を勧められて気に入ったので、愛用者として商品の購入はしていますが ビジネスをやろうとは思ってません。 こうした会員の方々が、エキサイトフレンズやらのSNSを使ってあなたに近付き勧誘活動をしてたりしますので充分に気を付けてくださいね。 やるのは自由ですが、まず成功しませんので。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 97

  • 5

    Thumbnail

    相手を想う心

    相手の事を想って言ったことが相手には上手く伝わらない事があります。 例えばリウマチになって手・肩・足と我慢できないほどの痛みがある友が 処方された薬はいつも飲まずにいると言います。 「飲まなくても痛みはすぐ治るから」と。 リウマチの悪化で思うように手が使えなくなり、歩くのもやっとになった人を知ってるので その怖さを教え、「続けて薬を飲んだらいいよ。手を使う仕事も負担かかってるのでは?」と言っても 「薬は続けたくない。大丈夫」と意に介さず虚しくなることも。 友に想いが通じない事に歯がゆさが。 それは大きなお世話と言われればそうかもしれないのですが・・・。 また、施設に入ってるお母さんを3時間かけて訪問したのに、 たった10分程度しか滞在しないという友。 「話もないし、送迎してくれてる身内を待たせてるので悪いから」と。 日帰りするつもりで時間もないなら仕方ないと思うけど、そうではないと言う。 そんなものなのかな? お母さん、寂しいんじゃないのかな? 自分の価値観を人に当てはめるのは正しくないのかもしれないけれど、 親に対する想いは人それぞれな事を今更ながらに感じてしまいます。 1年ぶりで会った友とは30数年のお付き合い。 子育て中、同じ社宅で随分お世話になった人。 子供の事、夫婦の事、親の事で悩みがあるといつも親身になって聞いてくれる人でした。 それは何年経っても変わらず、情に厚く、いつも気にかけてくれます。 だから私も恩は忘れないし、同じように相手が悩んでる時は 相手の身になって話を聞くようにしています。 相手を想う心が一方通行になるのは仕方ないとしても せめて「考えてみるね」の言葉があれば嬉しいのに・・・とひとり言。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 186