• Thumbnail

    【雑談】今日は「いい夫婦の日」ってか。さて、×組は現ご夫婦らを温かく見守る日か、自分もいつかまたと思う日か。

    2019年11月22日22時38分 作成


提唱から30年、記念日登録から8年らしいな。
「いい夫婦の日」って。
既婚当時はそんな話題もなかったから、この日になんかすることもなかったわ。
しかも記念日登録された頃って、もう夫婦としては壊れた頃やったし。

むしろ何やろうか、×になったことで、既婚当時と×の今と、未知なこの先の人生と。
そこらへんをふと考えてまう?計ってまう?
今日はそんな感覚の日かもしれん。

今日も×のパートさんと「いい夫婦の日って、かつて幸せな時もあったな!」って二人で大笑い。
昨日の投稿で触れた若い現営業さんは、今日に合わせてプロポーズするらしいわ。
未婚・既婚・離別・死別と、それぞれの立ち位置で「夫婦」の2文字も違って見え、感じるもんなんやろうな。


今でこそSNSってもんが、人との出会いや接点を溢れさせてる。
シンプルに友達や趣味友希望の人もいるし、そこに恋愛相手を求める人かっている。
欲望や寂しさ紛らわすってニーズもあるし、ぶっちゃげ素人〇春まがいやネットビジネスかって横行してるわ。

けどアラフィフの俺らの時代は、自分の生活圏や環境内で恋愛するんがノーマルやった。
俺も大学のクラブの後輩と、5年付き合っての結婚やったわ。
離婚後に付き合った人もいたけど、「夫婦」って意味の重さって言うんか、やっぱり恋愛のパートナーとは違うなって思った。

今は当然、今日を一緒に喜び感謝を伝える相手はいいひんよ(笑)
そやからと言うて悲観的な想いはない。

そら「いい夫婦」のままでいられてたらそれが一番よかったやろうし、子どもに悲しい想いもさせんで済んだ。
けど、隙間を埋められんかった夫婦は、仮面夫婦の仮面が息苦しくなった夫婦は・・・
離婚して人生を歩み直さんと、誰にも笑顔は戻らんから。

よく「子どもを傷つけたくないから」と言う人もいる。
俺もかつてはそう思ってきた。
実際それは一括りに結論づけ出来ひん。
ただ「子どもが傷つかない離婚なんてないで。」と相談した人言われたわ。
そして「傷ついた分、俺が守ったるって精一杯の愛情で包んであげたらいいねん。」とも。


ん?
「いい夫婦」の日が離婚のススメになってきたぞ。これはマズいな( 一一)


俺はほんまシンプルに、今日を互いに感謝し合い、今もしっかり認め合えるご夫婦。
特に結婚年数が経ってるご夫婦は、いろいろ乗り越えての今やろう。
自分がそうなれんかったってこともあるけど、そんなご夫婦には敬意と祝意の気持ちや。

そやけど、他方って言うたらいいんか、婚外ナンチャラ・疑似ナンチャラも普通に多い現実。
是非は個々で事情も違うし、好きにしたらいいんとちゃうか!って思う。
遊び・癒し的なもんから、婚歴的にはそう呼ばれても、実態は壊れた夫婦関係の果てのナンチャラもあるやろうし。

ただそう言った中で、よく「自己責任」ってセリフを目にするわ。
けど「自己弁護」って詭弁やと本末転倒やで。

事が発覚したら、高額な慰謝料請求かってある。職かって失うこともある。
イージーに関係持てる相手・望む人は病気の伝道師、自覚なき保菌者ってこともある。
感染してから悔やんでも笑いもんやし、下手すりゃ命落とすで。
そして何より、それによって夫婦関係や家庭が崩壊!ってことも「自己責任」の範疇、そんな覚悟があるか否か。

まっ、中には道を逸れたことで、夫婦関係を見つめ直し、再び良好な状態になったってとこもあるけどね。

けど冷静に考えたら、既婚者同士の婚外ナンチャラって不思議やな。
自分がトキメいてる相手も家に帰れば、ぞんざいに思う・思われるそんな我旦那、我妻と同じやのに。
うっとしい旦那が外では誰かに愛される優しい男性で、その逆も一緒やし。
そこらへんは、理詰めで考える方が野暮ってことか(笑)

しかし毎回脱線なんか、派生なんかわからん中で、字数ばかりが増えていくわ( 一一)


あらためで自分にこの日を置き換えて思うと、子育ても区切りに近い。
俺かってこの先「夫婦」って冠を取り戻す可能性もあるわけや。
今はまだまだ考えられんけど、どこでどんな縁があるかわからんしね。

ただ息子がこの絵を描いてくれた幼稚園の頃、
あの頃の幸せやった「夫婦」「家庭」とは違った「夫婦」の在り方には当然なるとは思う。
若い頃、独身からの結婚とは、なんもかもが違って然りやし。

せっかくたくさんいる異性の中から出会い、選んだパートナー。
どうか既婚の人は、こんな懐かしい絵も、夫婦揃って笑顔で思い返せる二人でいて下さいな!
ほんま、本当に思う。


そして、俺はいつかまた「いい夫婦の日」を、パートナーを過ごせれば!
再婚志向が強いわけやないけど、ちょっとだけそんなことを今日は思わせて(笑)

あと1時間半で「いい夫婦の日」も終わるし、この手の話題はもういいかな。
img

この記事を投稿したユーザー

×6年。ようやく選挙権年齢に達した二人の子どものオヤジ㊥少ない休みも『好きなこと』メインに動いています。友達増えたら嬉しいなぁ。

8

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるであなたの趣味や特技を投稿しよう!

関連記事

  • Thumbnail

    究極の不倫

    現在の一般的な結婚観。 生涯、男女お互いがただ一人にだけしか愛を誓えない。 勿論、それはそれで成立するのならとても素敵で それを否定するものではありません。 ただそれ以外は不倫だと言うのは違う気がするのです。 が、そのシチュエーション、不倫と言うその言葉に 潜むあれこれはとても大好きなのが僕なのです。 最近いただいたミニメを読ませていただくと、多数の 方が、実際はほんの数人の方からですが、僕を真面目な 優等生な人物として捉えられているのが不思議です。 先の記事、『恋に堕ちた代償』を読んでいただいてからの ミニメだからだろうと思うのですが。 ミニメを頂戴するのはとても嬉しいです。 ですが、ミニメを送る前に、僕のちゃんねる記事を 読まれるなら、全てをとは言いませんが他の記事も 読んでいただいてからお送り下さいませ。 もう良い年をしてなんですが、はっきり言って僕は 良い子ではなく悪い子と言われる方が多い人間です。 『恋に堕ちた代償』の記事では冒頭の輩か、いつ、彼氏の 立場になるかも知れない奴が僕なのですから。 閑話休題。 そんな中で僕の考える究極の不倫、それは。 例えば小説を一例に上げると。 古今東西、小説の題材に既婚者のパートナー以外との 恋愛模様を描いた作品は有名無名数多くあります。 西洋の、特にフランスの作品は、文学作品として 名高いものでも主に肉体関係に比重を置いている感が 強く感じられます。 作品の中のシチュエーションも様々でブルジョワな 立場の奥様から農家の主婦までどれだけ セッ○ス好きやねんと言いたくなる程作中でハッスル しています。 そこにあるのは刹那的な快楽と日常の光と影といった ものにスポットをあてた作品が多い気がします。 日本の小説を見てみますと、はるか古の平安時代文学から 男女の営みは西洋に負けないくらいに彩り豊かです。 源氏物語など僕が言うまでもなく最初にして最大の 現代で言われる不倫の集大成と言えるでしょう。 ただ、そこには西洋的な肉体的な部分よりも日本的な 精神世界的な面が色濃いと思えるのは僕だけでしょうか? 外来の宗教が絡まなければ、それは『不倫』と 呼ばれることはなかった高尚なものではなかったかと 思えて仕方がないのです。 また、話がずれましたが、そんな日本的な作品の中でも 明治の時代、まだ封建的な気風が残る中に、西洋の 宗教的な倫理観が持て囃された時期。 泉鏡花が『外科室』を発表します。 僕はあの作品で描かれる世界こそが究極の不倫の一つ ではなかろうかと思うのです。 映画化もされていますが、是非、書を読んで頂きたい。 そしてどう思われたのか聞かせて頂きたいと思える 小説です。 中学に入る前、小学生の時に読んでしまった僕は 未だにその世界に耽っていたいと思ってしまうのです。 是非、読んだ方からの感想をお聞かせ下さいませ。

    コメント | 16

    お気に入り | 1

    PV | 626

  • Thumbnail

    飲みながら、歩きながらの人間観察・・って。

    昨日は大阪の難波で、ソフトボールのチームメイトとプチ飲み会。 23日が祝日でなくなったから、昨日にXmasを!って人もいたと思う。 店にもそんな感じの人や、買い物帰りに食事を兼ねてって人も結構いた。 そしてどうも、40代や50代のカップルを見ると、関係性を探ってしまう(笑) 夫婦か秘めた男女か、でも普通に恋人でも、ただの友達同士でも当然に不思議じゃない。 飲みに行ったニューミュウヘンにも、「どっちやろうか?」って二人はいた。 そもそも定義付けは曖昧だし、先入観もたっぷりだし、何より答え合わせはない(笑) ただ一般的に、そこそこ年齢重ねた夫婦と恋愛してる男女とは雰囲気が違う。 違うように思う!が正解か。 本当にいつまでも恋人同士って夫婦もいる。 年齢そこそこなら、もう子ども抜きで夫婦だけで出掛けることも自然なこと。 主語が「お父さん」や「パパ(同年代ならそっちの意味でない)」なら夫婦かなと。 やたら接近してたり見つめ合ったり、触れ合うようなら夫婦じゃないかなと。 他にも自分なりの判断基準は色々あるが、総じて雰囲気や会話で感じるものはある。 そもそも、こんなことを思うようになったのは既婚末期の頃からだ。 世間には少なくない仮面夫婦や、仮面は被らないけど秘め事がある夫婦。 秘め事・・・つまり疑似恋愛や婚外恋愛やと言われるやつ。 別段、夫婦仲が悪くなくても、それはそれ!って考えに今はもう驚かない(笑) 婚姻関係が破綻した頃、僕にも元嫁にもあったグレーゾーンか完全クロか。 周りから聞く、浮世話的な各種情報。 ネットじゃ、日常では見えない今どきの中年男女の裏事情。 スーパーとかで、見ず知らずの夫婦を見てもいろいろ思った。 この夫婦は本当に仲がいいんだろうか?って。 休日は一緒でも、平日は別にパートナーがいたりして?とか。 その頃の自分は情報過多、離婚も既定路線だったから精神的にも疲労してたと思う。 でも、もともと人間観察をするタイプかもしれない。 だってキャッチャーだから(笑) 相手の仕草や雰囲気から、いろいろ読み取るポジション。 ただそんな習慣がタイトルの自分を形成したのならそこはビミョーな感覚だけど。 もしかして「俺は嫌な奴?」って時々思ったりも。 まっ、結局のところは自身の経験や、見聞きした疑似経験に依るのだと思う。 そんな無意味な引出しの中を漁り、自分の尺度で感じたり思ったり。 いずれにせよ、勝手な詮索される側からすれば、ほんと迷惑な話でしかないけどね。

    コメント | 6

    お気に入り | 2

    PV | 447

  • Thumbnail

    離婚~ドアにかぎをおろした時(クソ長いし「メンドくせ~」って人は読まん方がいいで)

    TULIPの名曲「サボテンの花」のワンフレーズ。 恋人とじゃないが、似た感覚を味わった5年前。 5年前の2月に離婚をし、元妻は家を去った。 そこから二人の子どもと始まった生活。 そしてこの時点で、子どもと相談し引っ越すことを決めていた。 元嫁と共働きで支えていた家計なので、そこが抜け落ちると厳しい現実。 幸いに実家に数部屋の空きもあり、職場に近く、主夫もしやすい。 その春に高2・中3となる子どもらにも目を配れる利点があった実家。 「実家戻り」と揶揄されても、前に進む上での決断で、その一歩目は自宅の売却だった。 少し脱線するが、家事まで親に甘えるつもりもないし係る費用は当然払っている。 実家に戻って今に至るまで、洗濯や弁当作り含む食事も二世帯状態でやってきた。 それでも最初は双方にストレスもあったし、揉めることも多かった。 当時80歳手前の高齢の両親で、そこに3人が加わった5人家族。 少なくとも遅くまで灯りがつく子ども部屋に生活感は、用心の悪さを払拭させたように思う。 また孫と暮らすこと、気にかける相手がいることは両親にとって生活のハリにもなっている。 自宅売却に話を戻すと、間違いのない仲介業者探し、同時並行で断捨離をスタートさせた。 住宅ローン残債>売却価格を避けるため、残った候補2社にこう迫った。 「掲載価格云々でなく、最終的になんぼで売り切る自信がある?」と。 また、子どもらにも「持っていかれへん想い出の品、ごめんな。」と。 子どもらにとって学年も変わる4月は、大きな節目となる。 だから4月から、新たな環境でと引越しも決めていた。 断捨離に引越し準備に、そして決めた仲介業者からのオープンハウス依頼。 依頼が入れば毎回が大掃除と化す、住みながらのオープンハウスはキツかった(笑) 最初に気にいってくれた買主さんは、その方のローン申請がNGだったことも今は笑い話。 それでも引越し間際に新たな買主さんが確定し、引渡し期間は2ケ月程度って話だった。 それが先方の賃貸マンション契約更新の都合から、大幅な短縮へ。 5月の連休はどこに行くでもなし、子どもと3人、出て行く家の整理と掃除の毎日だったなぁ。 売買契約も済ませ、銀行でローンに係る部分を履行すれば、全てが終わり引渡しとなる。 引渡しの前日に、忘れ物の最終チェックで立ち寄った我が家。 新築で買った時は、当たり前にとても広く感じた自宅。 家具が入り家族が増えて、最後は狭く感じた自宅。 そして再び引渡しの時と同じ様に、何もない部屋に廊下にキッチンが目に写る。 また間が悪く、もうカーテンもない部屋に容赦なく差し込む夕陽って(―_―)!! 見事に微妙な感情を揺らしてくれましたわ。 最終チェックを終えクローゼットに天井収納に、そして各部屋を後にする。 玄関で靴を履き、そこから伸びる階段をぐっと見上げると・・ 「お父さん、お帰り~」って、幼かった娘と息子が出迎えてくれた、そんな声が思い返された。 このドアを開き出ていけば、もう二度と見ることのない自宅の光景。 最後の玄関からの景色を、しばらく眺めていたように記憶している。 決して大きくもなく豪華でもない家だったけど、想い出はいっぱい詰まっていたから。 そして家を出て、最後にやってくる「かぎをおろしたとき」 涙はこぼれなかったが、もう回すことのない鍵に特別な想いはこみ上げてきた。 5月も今日で終えようとする中、この下旬はふとそんな5年前を思い返したものだ。 離婚は双方で言い分もあり、明らかな瑕疵がない以上、本当の原因は夫婦にしかわからない。 いや、夫婦ですらわからないから、離婚かもしれないが。 ただ話し合ったり、修復に向き合えなくなった時、辿り着く先は離婚か仮面夫婦として過ごしていくか。 その仮面を被ることすら息苦しくなった時、やはりゴールは離婚となる。 いい風に言えば、僕も元嫁も、そして子どもたちも、笑顔を取り戻すために選んだ離婚。 その影で、きっとこの先も見せることがない心の闇を子どもに作ってしまったのも確か。 他方、子どもと一緒に暮らした5年に、その成長を大きく感じ取ることも出来た。 これを読んだ方から、美化と言われようが、詭弁と言われようが、そんなことはどうでもいい。 ただ、子どもたちがしっかり成長さえしてくれれば。 いずれ結婚するならば、親を反面教師に、壊れない幸せな家庭を築いてほしいと願うだけ。 離婚の数だけ離婚の事情もあるだろうし、これはあくまでも僕の事情で僕が感じたこと。 日々しんどいことはあるが、子どもの笑顔に支えられたところも多い5年間。 まだまだ自分自身も成長しないといけないし、挑戦も勝負もしないといけない。 ここまでしゃにむにやってきたように、明日も明後日も頑張るのみだ。

    コメント | 5

    お気に入り | 2

    PV | 475

  • Thumbnail

    僕の小説を読んで批評、辛口コメントお願いします!(^0^)/~

    完全無料小説です。お暇な方、読書好きな方!僕の小説を読んであなたの批評を書き込んでください!辛口コメント大歓迎です!よろしくお願いします! https://kakuyomu.jp/works/1177354054889360701

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 421

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    1人ぼっちは当たり前(^-^ゞ

    1人ぼっちは当たり前。誰かが優しくしてくれたり優しい言葉をかけてくれるのは特別な事。本来人間は生まれた時も星になる時も1人ぼっち。その思い1つで変わってくる事もあるような..。感謝して生きるか?そうじゃなく生きるのか?で、その人の人生も。このチャンネルを覗くと勉強させられた。例えばここのチャンネルは個人が思いのたけをそれぞれがのべたり語ったりして時に意見を求めたり求められたりも。しかしながら意見を求めてもいないのにチャンネルのカテゴリーに批判や何やらを述べる方もいる。自分がイヤならスルーすればいいのに大人の対応も出来ない人なんだな..1人で当たり前だよなあ..こんな人は。って感じたりも。そうかと思えば優しい文章で誰かを励ましたり言葉1つかも知れないけれどここにいる誰かを励ましたりする方も。同じ人間同じ人生だけれど、やっぱり差が出てきてるんだろうな..人それぞれの人生。(^-^ゞエキフレのチャンネルはそんな事を勉強させられた。(^-^ゞエキフレが終わるのは残念ですね。楽しい時間も終わりで。(^-^ゞ(大笑)

    コメント | 5

    お気に入り | 0

    PV | 130

  • 2

    Thumbnail

    1人ぼっちで当たり前

    毎回、毎回、独りよがりで、自分に酔った文章。 勉強したと言う割に、人の意見は聞き入れない。 同じ人間だけど、人生は人それぞれ。 人間だけでもいろんな人間がいるしね。 同じように見えても同じ人生はないよ。 語り合う場だと言っておいて、自分と違う考え方の意見が書き込まれると叩かれたとムキになる。 語り合うってそもそも分かってるのかな? いろんな人間がいるんだから、たくさんの考え方があるんだよ。それを聞いて、こんな考え方、見方があるんだなって視野を広げる。それで勉強になったと思えるんじゃないかな。 自分とは違う考え方の人や共感してくれない人は叩く人と決めつける。 それで勉強したとよく言える。 時には自分の考え方が間違っていると気付き違った考え方を受け入れるのも大事。 それが出来ない無駄に歳を重ねた人が他人に大人を語るなと思う。 ハンネを変えても文章の打ち方、内容で誰だかすぐに分かっちゃう。 だから孤独なんだろうなぁって文章から分かっちゃう。 気付いてないのは本人だけ。 ちゃんねるの読者は皆分かってるよ。 改行、句読点大事だよ。文章が読みづらい。 らんた=おっくん もしかしたら=仁?

    コメント | 2

    お気に入り | 1

    PV | 153

  • 3

    Thumbnail

    友人からこの記事投稿してる事で

    何処からやるの?私も遣りたいとか、相談されたものの、4月末には確実に終わるし、新規は今月末までと話したら、残念カがってました。私もさびしい気持ちも。

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 201

  • 4

    Thumbnail

    フレンズちゃんねるに感謝を込めて(惜別)

    撮りためた画像から「オモシロ画像」をアップして行きたいと思います。 僅か数年でしたがあれやこれや投稿させていただき 一本記事も沢山あげさせていただきました(感謝) 今まで交流の出来なかった方々も楽しんでいただければいいですね。 始まったカウントダウン。楽しみたいと思います♪ ※本日の工事終了しました。お楽しみいただければ幸いです。

    コメント | 20

    お気に入り | 0

    PV | 263

  • 5

    Thumbnail

    お気に入り

    最近のお気に入りは七味唐辛子。何でもかけちゃうかなぁ、あの辛さは癖になるからな

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 178