• Thumbnail

    【日常】のどかな風景

    2020年04月19日16時56分 作成


4月7日、緊急事態宣言が7都府県に対して出ましたが、16日には全国へ拡大されました。
ゴールデンウィークを前に、大都市からの人の流れを止め感染が広がるのを防ぐ狙いがあるようですが、首都圏の人々は外出自粛(自宅に籠る)に飽きてしまうと思います。
私は変わらず出勤していますので、ほぼ毎日外出をしていますから、その点は大丈夫ですが、さすがに今日は天気も良くいい陽気ですので、近所の多摩川まで散歩に行きました。
同様に散歩をしている人、ジョギングをしている人、サイクリングをしている人等々、新型コロナウィルス騒ぎ前と変わらない人出ではないかと感じました。近所のコンビニはとても混んでいました。
日々、新型コロナウイルス感染症の患者の発生増大が続いており、感染拡大に予断を許さない状況ではありますが、今日はのどかな風景を見て、少しホッとしました。
img

この記事を投稿したユーザー

ドライブと映画が好きで、仕事が忙しくても、疲れを知らない子供のように、動きまわっています。でも、最近すこし疲れています。(^^;

3

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

  • Thumbnail

    多摩川

    新型コロナ禍、緊急事態宣言解除、新しい生活様式、外出自粛、今迄使ったことのない言葉が日常になり、安易に表にも出られない生きづらい世の中となり、まだ当分の間は色々と我慢や辛抱や諦めが続くのだと思います。 とは言うものの、自宅に部屋に籠り切りでは健康に良くないので、少しは紫外線にも当たらないと・・・。 晴れた日曜日の多摩川河川敷には、やはり、自宅でジッとしていられない人達が来ています。(私もその内の一人ですが) 街道の橋と電車の鉄橋が、神奈川県と東京都を結んでいます。 今日は越えませんでしたが、明日は通勤で多摩川を渡ります。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 199

  • Thumbnail

    緊急事態宣言及び休業要請解除

    1都1道3県を除いて すでに解除 (一部自治体は休業要請自体元々無し) 徐々に日常が戻りつつあるのは 非常に喜ばしい事ではあるが 国民はやはり自粛疲れが 甚だしいのか繁華街には 予想通りか予想以上か 人の流れも戻りつつあります これは致し方ないとしても 通勤時間の集中による 密状態はいくらマスクや換気や 手洗いを実践していても リスクが大きすぎるような気がします 当然このような状況は 都市部でしか起こっていない 現象ではあるのですが それもこれも 東京を中心として 首都(法的に規定されていない) 又は県庁所在地等都市部に 行政も企業も集中させてきた 結果で経済効率から考えれば 必然ではあったのでしょうが 別なリスクに対しては 有効的な手段ではなかったのも 結果として証明されたわけで 国や地方自治体、企業も 今後の在り方を議論し改革する 必要があるかも知れません 考えてみれば先の戦争で そのリスクに気づいてたはずなのに 平和がある意味その貴重な記憶を 薄めていったのかも… 効率を追求すれば一極集中 リスク回避を考慮すれば分散配置 為政者及び官僚、経営者の 手腕が問われる戦後の始まりです

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 187

  • Thumbnail

    複雑な気持ち・・・

    5/6に期限を迎える緊急事態宣言は対象地域を全国としたまま今月末まで延長することを本日(5/4)、政府が決定しました。 様々な現状に鑑み、現在の取り組みを継続する必要があるというのが専門家の見解で、それが延長の根拠のようです。 新型コロナウイルス感染拡大の防止の取り組みであり、必要な措置であることは理解します。 唯、それに伴う影響(と言うよりも"犠牲"と言う表現の方が適切ではないか・・・)についてはどう考えているのか甚だ疑問に思います。 対策本部を構成する人達って、自粛がいつまで続こうが何も困らないから、どんなに深刻な事態になろうが、所詮は他人事なんですよね、きっと。 職場への出勤は、特定警戒都道府県では引き続き「出勤者数の7割削減」の目標を掲げて、テレワークやローテーション勤務などの強力な推進を求めているようですが、それに対する支援をどう考えているのでしょうか。 大企業のような体力のある会社に勤めている人は経済的に逼迫することもないのでしょうが、いわゆる客商売が仕事の人にとっては収入が絶たれてしまう訳で、感染するよりも苦しいんじゃないかと思います。 そうなると、自分がこの先"生きる"ことを考えた場合、何を優先するべきなのかを考えた結果の行動が、政府の要請とは違ったとして、誰が非難できるでしょうか。 私の仕事は自粛対象になっていないので、今も感染リスクを負いながら日々勤務しています。休業の選択肢がない訳ではありませんが、社会の要請がある訳ですし、収入のことも考えると、そうもいきません。なので、感染対策はしていますが、覚悟もしています。 複雑な気持ちです。

    コメント | 5

    お気に入り | 2

    PV | 282

  • Thumbnail

    さあ、GWだ・・・

    今日もこんな時間に帰宅です。 ---4:00~書いている途中で寝落ちしました--- そして、私は今日から6日間お休みです。 東京都の小池知事は、4月25日から5月6日までを「ステイホーム週間」と位置付け、徹底して外出を自粛し自宅に留まるよう呼びかけていますが、各道府県もこれに倣っていることと思います。 事の重要性は理解していますので、私は基本的には自宅で過ごしますが、相変わらず食事や買い物など必要な外出はするしかないよなぁ・・・と。(ーー;

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 253

  • Thumbnail

    緊急事態宣言のその先・・・

    新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ為の緊急事態宣言が全国に出ていますが、仮に国民がおとなくしていて感染の拡大が減少していったとして、一体その先に何があるのか、不安でなりません。 根絶はありえないでしょうから、インフルエンザに対するタミフル的な薬が出ない限りは、それ迄は感染を恐れなければならないことには変わりない訳で、だとすると、一体いつまで外出自粛やが続くのか、一体いつまで三密を避け続けなければならないのでしょうか。 なにもかもが自粛、延期、中止、廃止・・・このような状況下で何が生まれるのか、患者(感染者)が減っても人々が抱える負の遺産(借金)は増え続けるのではないか、と心配でなりません。 日本に限った話ではないと思いますが、緊急事態宣言のその先に何があるのか、何んの希望も見えず、絶望だけが頭の中をぐるぐるしています。 外出自粛の要請が出ている現在、三密を避けての一人旅すらしてはいけないのだと思います。 きっと、東京ならびに近県のナンバーのクルマで地方へ行ったりしたら、嫌がられるのでしょう。 今はドライブにいい季節なのに、出掛けたい欲求を抑える日々が悲しいです。 ※写真は「青い鳥」のロケ地となった信濃境の付近の風景で、随分前に撮ったものです。 流れるのは物だけで人々は自宅での缶詰状態を強いられています。そんな状況下を快適に過ごせる工夫をしている人も居るでしょうが、外出せずに鬱屈した日々を過ごしている人も居て、そんな状態が続くと、新型コロナウイルスだけではなく新たな病気が流行りそうな気がしてなりません。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 342

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    梨沙のhappy Life(●´ω`●)

    食べ呑み歩きが好きな 主婦です(●´ω`●) 子供達も独立し 夫婦水入らずで暮らしてます… そんなあたしのdiary…

    コメント | 5933

    お気に入り | 43

    PV | 34850

  • 2

    Thumbnail

    流離いオヤジの 旅姿♪

    仕事で 全国を跳び跳ねてます。 夜明け前の風景が こんなに綺麗に撮れるなんて 感激〜♪ (*ノ▽ノ)(笑)

    コメント | 676

    お気に入り | 5

    PV | 2481

  • 3

    Thumbnail

    結婚生活の意味

    よく、覚め切ってます、とかただの同居人、とパートナーを表現するけど… それなら、なぜ新しい生活を始めないのだろう? 人生は一度きりだし、もう折り返しを過ぎた自分に問うてみた。 …… みなさんはどうですか?

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 258

  • 4

    Thumbnail

    色んなひと、居てるよねぇ〜

    とある市役所職員が勤務中に弁当注文。 結果は減給処分。 発覚した背景には 勤務中に公用車で コンビニに寄っているのを 見たという市民からの通報 があったとのこと。 さて此処で問題です。 通報した市民は威力業務妨害罪で処罰されたか? (((*≧艸≦)ププッ 働く人には職務専念義務がある! という事を知らない人(((*≧艸≦)ププッ には理解出来ないだろうなぁ(((*≧艸≦)ププッ

    コメント | 162

    お気に入り | 1

    PV | 598

  • 5

    Thumbnail

    娼婦の街に生まれて・・・メリーさんも、、

    コロナ騒ぎの前までは横浜は 『住んでみたい街』のランキングで1位でしたっけ。 横浜といってもホントに広くてみなとみらいのような最先端の都会もあれば周辺にコンビニすらない森の中という土地もある。 隅から隅まで数十年も歩き続けて、この年齢になっていちばんホッと落ち着けるのが『黄金町』だ。近くに歓楽街の伊勢佐木町があり、黄金町自体は10数年前まで売しゅん宿が乱立した`色物の街``である。当時の建物はそのままだがお洒落なカフェや美術店などに改装されていて、アーティステックな街並みを構成していくようだ。 夕暮れ時に川のほとりを犬を散歩させているといまでも当時の娼婦の幻影をふと感じてしまうことがある。娼婦は笑みを浮かべて僕を振り返る。 近くには横浜橋商店街もあり昭和の気分で買い物も楽しめるんじゃないかな。 なぜか好きで離れられない街です。

    コメント | 4

    お気に入り | 2

    PV | 149