ハピーさん

  • コメント数0

  • お気に入り数0

  • PV数81

関連記事

関連する記事はありません

  • Thumbnail

    【雑談】【今日の新本】…『 交通誘導員ヨレヨレ日記…当年73歳、本日も炎天下…朝っぱらから現場に立ちます 』

    2020年08月14日03時02分 作成

    2020年08月14日22時49分 更新


暑い夏の炎天下、お疲れ様です…

人様のご苦労を、間接的にですが、想像しようと思い買ってみました…

小生の「遊びボランティア」も夏は炎天下だったりして、大変ですが…交通誘導員さんももっと大変そうです…




>>>

交通誘導員ヨレヨレ日記――当年73歳、本日も炎天下、朝っぱらから現場に立ちます   2019/7/20
柏耕一 (著)

喜びも笑いも涙もすべて路上にあり。
「誰でもなれる」「最底辺の職業」と警備員自身が自嘲する交通誘導員の実態を、悲哀と笑いで描き出す
――すべて実話の生々しさ――

全国55万人強の警備員の主流をなしている「交通誘導員」の人間臭いドラマを克明に描いた初めての作品。通行人にクレーム入れられ、現場監督に怒鳴られ、警察に注意され……。それでも私は今日も路上に立つ。

●はじめにより●
ガス管工事会社専従の若い同僚が、「警備員のことなんて書くことがあるんですか。第一、面白い話なんてないでしょう」と疑問を呈していたが、私はこう答えたものだ。
「それがたくさんあるんだ。なぜなら交通誘導員は一般的に毎日依頼先も現場も同僚警備員も違うからね。近隣住民やドライバーにもさまざまな人がいる。年齢も違えば多様な価値観を持つ人間の集まるところにはドラマが生まれる。私はそれを体験し見聞きしてきたから、面白くないはずがない」と。
日記形式の本文全項目はすべて私の体験が基になっている。心身ともにヨレヨレになりながら奮闘した話もあれば、滑稽な話、深刻な話もある。同業の人にも警備の世界の知識がまったくない人にも一読して何かを感じていただければ幸いである。

●もくじ●
まえがき─〝最底辺の職業〟の実態

第1章 交通誘導員の多難な日常
某月某日 トイレ掃除:警備業法違反を隊員に強いる隊長の弱味
某月某日 通行止:交通誘導警備員はお地蔵さまではない
某月某日 猛女:子連れ女性のたくましきパワー
某月某日 お金の話:警備員のリアルなフトコロ事情
某月某日 意気地なし:片交ができないと現場で尻込みする大男
某月某日 人は嘘をつく:妻に責められる私の、身勝手な弁解
某月某日 最高齢警備員:エロ爺さんは素敵な人格者

第2章 交通誘導員の喜びと悲しみ、時々怒り
某月某日 黄金譚:糞尿にまつわる滑稽きわまりない顛末
某月某日 大失敗:サイン拒否した親方の言い分
某月某日 花火大会:長岡大花火大会警備2泊3日道中記
某月某日 プライド「:大学出て警備員」は恥ずかしいのか?
某月某日 陽気な異邦人:外国人労働者たちとの交流
某月某日 パチンコ屋警備:監視カメラもあって気が抜けない
某月某日 職場放棄:我慢の限界を超えたとき
某月某日 承認欲求:警備員の喜びってなんですか?
某月某日 夜勤明けの出来事:どん底での犯罪の誘惑

第3章 どうしても好きになれない人
某月某日 誘導ミス:交通誘導警備員が一番恐れること
某月某日 たかが挨拶:なぜ挨拶をしない人が嫌われるのか
某月某日 駐車場警備:ドライバーの思いもよらぬ抗議に泣かされる
某月某日 好きになれなかった人「:いじめ」か「愛のムチ」か
某月某日 警備員は歯が悪い?:歯医者へ行く時間がないか金がないか
某月某日 通報される人:こんな行動は警備員失格!

第4章 できる警備員、できない警備員
某月某日 首振り人形: 2秒間隔で首を左右に振り続ければ警備員合格?
某月某日 コミュニケーション能力:警備員に外国人が少ないのはなぜ?
某月某日 できない警備員:ここにも能力格差は存在する
某月某日 家宅捜索:税金未払いで税務署員に部屋を捜索される
某月某日 枝道地獄:警備能力を超えた現場

長いあとがき

著者について
柏耕一
1946年生まれ。出版社勤務後、編集プロダクションを設立。出版編集・ライター業に従事していたが、ワケあって数年前から某警備会社に勤務。73歳を迎える現在も交通誘導員として日々現場に立ちながら、本書のベストセラー化により、警備員卒業の日を夢見ている。

>>>

警備員を推奨する「失敗小僧」さん  ↓

リストラ40代50代アルバイト② 底辺バイトの代表、警備員の楽しい世界 その1

70歳以上でも職歴なしでも 誰でもなれる警備員

https://www.youtube.com/watch?v=mOUhevzCRUU

コメント

無料登録してコメントする

「フレンズちゃんねる」をフォローして最新記事を受け取ろう!

  • facebookをいいねをしよう!

  • twitterをフォローしよう!

フレンズちゃんねるで趣味や特技を語れる友達を探そう!

関連記事

関連する記事はありません

ランキング記事

  • 1

    Thumbnail

    進歩のない男は相手にされない。

    たまにミニメが来たと思ったら… 11か月たっても挨拶以外大して変わってない文章。 でも22時はこんばんわですよ。外国の方ですかね。 こんなんじゃ同じ気持ちにはなれないし、癒されるなんて何十年先になるやら。 それとも「この人お断り」という気持ちになっていただけますか? たあ、決断を。

    コメント | 4

    お気に入り | 1

    PV | 249

  • 2

    Thumbnail

    相変わらず

    ププププププうるさいな。 飛沫感染するだろが。

    コメント | 2

    お気に入り | 1

    PV | 238

  • 3

    Thumbnail

    下の毛 脱毛

    真面目な話 ツルツルに脱毛してるっていう 女性の友人(50代)2人居ます。 ※ もちろん見たことは無い!   (爆) 何故かと言うと 介護になった時の為     & 無いほうが気持ち良い (スッキリ?する?) 確かに、介護の話は よく聞きますね〜 男もその日に備えて? 処理したほうが良いのかな? 真剣に考えちゃいます (^_^ ; ちなみに 自分は脇はいつも剃ってます 昔から(笑) って聞いてないって? (^_^ ;

    コメント | 16

    お気に入り | 0

    PV | 192

  • 4

    Thumbnail

    名指しで悪口

    りーが名指しでdisってます(((*≧艸≦)ププッ

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 345

  • 5

    Thumbnail

    婚活している男女に提案があります!

    と言っても障害年金を貰ってる女性と低収入の男性に向けてなんですけど。 私は18歳から婚活を始めて、48歳10ヶ月で結婚出来ました。 低スペックなので、物凄く苦労したんですけど、30年頑張ればなんとか結婚出来るんですよ。 散々嫌な思いをしましたが、最後には優しい夫と結婚出来ました。 私は婚活サイトを利用したんですけど、エキサイト婚活は投稿を男女に見られて同性ともメッセージのやりとりが出来て、でも投稿するには有料会員にならないといけないので女性でもお金がかかります。 夫と知り合ったのはYahooパートナーです。 ヤフパは女性は無料で投稿もメッセージのやりとりも出来ます。 私は見た目も良くないし、売りが全く無いので工夫して「障害年金を貰ってるから自分の食費ぐらいは自分で出せるのにな」って一言書き加えたんですよ。 そうしたら夫からメッセージが届いて結婚して今に至ります。 夫は「私は身体障害者の母の介護をしていたので、その経験が生きると思います」ってアプローチしてくれたんです。 夫は障害者に対して偏見がなくて、私が「母の介助が無いと入浴も出来ないので、母も一緒でいいですか?」と言ったら母も一緒でいいって言ってくれて、とても優しい人なんです。 夫は低収入で女性から相手にされていなかったそうです。 でも私の理想の人だったんですよ。 夫は十傑といって東大に入る人が多い高校の十位以内に入ってる高校出身で頭がいいです。 大学も国立でいい大学です。 私は頭がいい人と結婚したかったので、全く妥協はしていません。 結婚生活も上手くいってるので、私達みたいな組み合わせはどうかなって思って提案してみました。 障害があるのはマイナス要素だし、低収入もマイナス要素ですが、そういう組み合わせでも力を合わせればなんとか生活出来ます。 コミュニケーションがとれないとか、症状が安定していないとかだったら、結婚が難しいかもしれませんが、症状が安定していてお金の管理ぐらいは出来るなら結婚は可能だと思います。 私は家事も満足に出来なくてやっている事は買い物、家計簿をつける、お米に水を入れて炊飯器のスイッチを入れる、朝食を用意するぐらいです。 あとの事は夫と母がやっています。 それで障害がある女性には「年金があるから自分の食費は自分で出せる」とアピールする事をおすすめします。 世の中には悪い人もいるので、そういう人に出会ってしまったら困りますが、誠実な人に出会えたら幸せな結婚が出来ます。 そして低収入で結婚を諦めてる男性には、障害者に対して偏見がなければ障害者と結婚するのもアリだと思いますよ、と言いたいです。 夫みたいに母も一緒でいいという人は滅多にいないと思いますけど、障害年金があれば奥さんの食費を出す必要が無いので、悪い話ではないと思います。 夫も私が自分の食費は自分で出せるって書いていたので、結婚に踏み切ったそうです。 まぁ、賛否両論あると思いますけど、私の場合はこうやって結婚出来たんですよ。

    コメント | 12

    お気に入り | 1

    PV | 204