「 本箱 」に関心のあるユーザー

  • Thumbnail

    【雑談】ご当地

     このところ友人のおかげでアニメーションを見る機会が増えました。 日常系やスポーツ系ジャンルのものは、結構実際の土地が出てきたりします。  私の見たものでは、やはり東京が多いのですが、好きな作品の原作は、 鎌倉や北海道が多いです。  その設定が、活かされているものと、そうでないのがあるのはまあ当然です。 私の地元を題材にした、「京都寺町三条のホームズ」は骨董鑑定士が謎解きする話で、 タイトル上、京都以外考えられない話です。  埼玉から越してきたヒロインを案内する形で京都の風習や観光を説明しています。 葵書店まで出てくるのは驚きです。  同じ京都で結構地域がかぶるのは「放課後さいころ倶楽部」です。 アナログゲームのアニメーションで、主人公は高校生、北区周辺の学校ですが、 ヒロインの一人は河原町周辺の物語の中心になるショップでアルバイトしています。 初回は南禅寺の水路橋が出てきていました。 これは「京都寺町三条のホームズ」でも細かく記されています。 「けいおん!」は何処とは記されていませんが、 軽音楽部の主人公の使うバス停や電車の駅が、京都市バスに京都バス、 叡山電鉄だったりします。学校は滋賀県、ハイブリッドですね。 「京都寺町三条のホームズ」では出町柳駅なんか出てきて、 表現の差が面白かったりします。 こう言った地元ならば現地を見るまでも無く思い起こせるのですが、 他地域なんかは想像するのは結構難しかったりします。  そんなに知らない地域で、なんとなくその地が思い浮かぶなと思ったのは、 「波よ聞いてくれ」で、北海道札幌市の全体像がなんとなく分かる気がします。 北海道は何回も行ってますが、札幌は二度、でも雰囲気はこんなのだったなと。 ただ、主人公は関西人に多いタイプです。 骨鑑定士が主人公の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は旭川、 「WORKING!!」は北海道のどこかのファミリーレストランですが、 あまり具体的な感じはしません。  「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」「Just Because!」 などは、原作者の地元が思い切り登場しています。 優しい魔法使いの話の「ふらいんぐうぃっち」は青森県弘前市なんですが、 なかなかいい感じ、美しい田舎の風景。ビーチバレーの「はるかなレシーブ」は沖縄、 アウトドアの「ゆるキャン△」の山梨、静岡。登山の「ヤマノススメ」の埼玉県飯能市、 釣りの「放課後ていぼう日誌」の大分県臼杵市とか行ってみたいなあって気になります。  ちょっと変わってるお国柄表現は射撃の「ライフル・イズ・ビューティフル」 秋田県の選手は一人しかいないので予選が無かったり、奇妙な地域に強豪校があったり。 そう言えば先出の「はるかなレシーブ」ではライバルの高校が京都の福知山だったりと、 見方を変えると楽しめたりします。 アニメーションの地元感が話題になる訳ですねえ。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 57

  • Thumbnail

    【雑談】グレイハウンド

    「グレイハウンド」と言う映画を見ました。 原作はセシル・スコット・フォレスター先生の「駆逐艦キーリング」。 舞台は第二次大戦中、カナダからリバプールへ向かう 37隻で構成される護送船団HX-25と言う設定。 映画の主人公はアメリカ海軍のアーネスト・クラウス中佐、 艦長でフレッチャー級駆逐艦USSキーリングに搭乗し、コールサイン”グレイハウンド”。 僚艦として、イギリスのトライバル級駆逐艦HMSジェームズ”コールサイン・ハリー”、 ポーランドのグロム級駆逐艦ORPヴィクトール”コールサイン・イーグル”、 そしてカナダのフラワー級コルベットHMCSダッジ”コールサイン・ディッキー”  船団を指揮して敵潜水艦の攻撃を逃れて、 連合国側の制空圏まで逃げ込むと言うもの。 映画では船団被害も潜水艦の撃沈もビシバシ。  HX-25船団は史実では26隻構成、1940年3月5日から1940年3月なので、 アメリカ軍は未参加な上、フレッチャー級は1942年6月なので、 ちょっと混乱してしまいました。  原作では、日本軍参戦後の記述があるので、1941年末以降の話で、 船団名は記されていません。主役の駆逐艦はマハン級。 その他の艦船は正確な艦名は記載されていません。 マハン級は基本的に全隻太平洋戦線にいたので、 設定は日米開戦からしばらく経ってからかもしれません。 艦長はジョージ・クラウス中佐、コールサインは「ジョージ」です。  7隻の損害で潜水艦は3隻撃沈、 アクションより、探知と艦長の決断と時間経過がメインの話です。 当直交替や時差のタイミング、残弾や海図とにらめっこで、 戦闘は非常に地味です。 実際の記録を読んでみても、船団護衛は地味です。 原作の台詞に 「この一隻のタンカーがイングランドに到着する事で、 英国海軍が一時間動ける事が何より重要」 と言うのがあります、これが本質ですね。  戦争継続、いや国家継続を支えた戦闘なのに、意外と知られていません。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 127

  • Thumbnail

    【雑談】オッス!

    懐かしい漫画を手に入れました。 「オッス!ミリちゃん」 私が中学生の頃かな、従姉妹が貸してくれた本。 135cmの主人公の名前は「美里」小柄なため 「ミリちゃん」と呼ばれています。 スポーツ万能、各運動部の助っ人で、 頻発する人間関係トラブルを度胸と根性で解決するお話。 184cmの彼氏やいろいろな仲間。 結構オーソドックスな話ですが、なぜか印象に残っていました。 作者の金子節子女史はまだ現役のご様子、 何だか嬉しいです。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 170

  • Thumbnail

    【雑談】大学生

     漫画好きの友人との会話で、近頃、アニメーションの主人公は 全般的に低年齢化の傾向にあるかなと。 日常系は中学生くらいの年齢が多いかなと。 そんな中、大学生が主人公の日常系アニメーション 「宇崎ちゃんは遊びたい」 まあ、主人公は小学生に間違えられそうなんですが、  私の大学生活はトラブル連続で笑えるものでしたが、 案外極端な私とは違って、 これほど身近でくだらなく、笑えて、 身につまされる話はなかなかないなと。 誰もがやりそうな失敗を、上手くまとめたなあっと。 人気がある理由がわかる気がします。 インターネットで馬鹿な外国人が 主人公の姿をデブにしたり、黒人に変えたりと 好き勝手しているみたいですが、何がしたいのでしょうかねえ? 原作どおりが一番だと思うんですがねえ。

    コメント | 6

    お気に入り | 0

    PV | 230

  • Thumbnail

    【雑談】アクリル

    先日、友人の店で模型を買いました。 模型はちょっとしか置いてないのですが、 模型絶版品とか古着に衣料とかを販売する とにかく店主の性格を具現化したような店です。 そんな中、開店祝いになんか買うかなと思っていたら、 祝いとか枕詞無しに買えるものがありました。 1/48中島 キ-48 四式戦闘機ですが、 松本零士戦場漫画シリーズバージョン。 連載当時、四式戦はタミヤのしかなかったし、 漫画バージョンのデカールなんて望むべくも無く、 自作していたものです。 題材になった「アクリルの棺」の話は結構好きでした。 組む前には漫画を熟読して気分を盛り上げたいものです。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 185

  • Thumbnail

    【雑談】最終巻

    案外好きだった漫画が最終巻を迎えました。 「はるかなレシーブ」 珍しいビーチバレー漫画で、10巻完結。 主人公は身長が高くて運動神経に自身がある以外は普通の女の子。 偶然ビーチバレーに出会った女子高生が、身長が伸びずに、 ビーチバレーを諦めかけた一流選手のパートナーと出会い、 経験の浅い主人公が、強力なパートナーや仲間たちの中、成長し、 決勝まで進む様が描かれていますが、 最終巻を読んでみると、主人公の女の子の成長がメインだと思っていたのですが 本筋は主人公のパートナーと、その元パートナーの友情の物語だったなと。 スポーツものにしては静かで穏やかな終わり方でした。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 210

  • Thumbnail

    【雑談】ちょびっツ

     先日、映画「ブレードランナー」の話をしていたら、 アニメーションの「ちょびっツ」を見ろと友人が送ってきました。 結構前の2002年の作品。パソコンがアンドロイドタイプになっている時代の、 ロボットと人間の関わり合いの話ですが、ブレードランナーと言うより、 「めぞん一刻」的キャラクター配分にヒロインロボットが入った様に感じました。 そんなに肩肘張らずに見られました、結構楽しかった。  どこか見覚えあるキャラクターだなと思ったら、過去ワゴンセールで 出来の良さだけで、正体を知らずに買った100円フィギュアにありました。  パソコンと呼ばれるアンドロイド。 右端のタンバリンを持つ「すもも」は劇中、身長16cmのモバイルタイプで、 実物大のフィギュアならかわいいなと。  メディアがDVDや光学メディアしかなかったり、ブラウン管テレビ、 携帯電話も未普及だったりと、たった20年弱の近未来を描くのすら 難しい時代になった事を実感させられます。  

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 236

  • Thumbnail

    【雑談】ていぼう

    番組改変期前に、最終回の番組が多い訳ですが、 私はためておいた連続ものを一気に見るので、楽しい時期です。 今回は楽しみにしていた「放課後ていぼう日誌」を見ました。 コロナ騒ぎで延期されていた分、非常に楽しみにしていました。  期待通り、丁寧なつくりで、釣りの素人の主人公が、 偶然「ていぼう部」につかまり、基本的な事を先輩から学んで、 自分から工夫しだすまでが描かれています。  レイアウトは「ヤマノスススメ」に似ていますが、 先輩の味付けが違っていてなかなか楽しいです。  そう言えば、先日7月の熊本県の豪雨で、作者の小坂泰之が被災されたそうで、 無事でしたが執筆継続が不能となり、休載となったみたいです。  原作は買っていますが、連載誌ではなく単行本なので休載は最近知りました。 アニメのコロナと言い、何だか不運な感じです。 応援したいので、新刊は買って行こうと思っています。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 271

  • Thumbnail

    【雑談】プレイボール

    「プレイボール」のブルーレイディスクBOXを買った。 ちばあきお氏の野球漫画「キャプテン」のスピンオフ。 中学時代、名門青葉中学に再試合の末、勝った 墨谷二第中学校のキャプテン谷口君が、 弱小高校である墨谷高校に入学し、建て直していく物語。 原作が好きすぎて、10年間怖くて手を出さずにいたもの。 原作開始45周年記念に発売されたもので、 アニメーション自体は1980年位だったかな?   原作は小学製の頃、一番好きだった漫画です。 DVDデータをそのままディスクに移植したみたいで、 二枚に26話を詰め込んでいました。 画面比率4:3も久々で懐かしいです。 さて、内容はと言うと、ストーリーのデフォルメは 放映回数があるから、ある程度仕方ないけれど、 原作ではなんでもない事を大きくしたため、 重要なシーンがカットされていたりしていましたが、 まあ、我慢できる範囲ではあります。 ただ、キャラクターの性格をいじったのが嬉しくなかったです。 特に、好きなキャラクターである、ピッチャーの中山君や 外野の村松君が単純な怒りんぼうになっていたのと、 冷静沈着だった青葉中学の佐野投手が感情的になっていたり、 専修館高校のエース百瀬君が随分子供みたいな事言ったり、 重要な場面が少し原作の雰囲気と変わっています。 あと、指が曲がった原作でこそ、フォークが投げられるのですが、 アニメーションでは指は伸びたまま曲がらなくなっています。 アニメーションを見た後、原作を読むと差は歴然としますが、 まあ、普通に見る分は由としようと思います。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 281

  • Thumbnail

    【雑談】ヤマノススメとゆるキャン△

    「ヤマノススメ」と「ゆるキャン△」。 この二つの漫画はお気に入りです。 元々、何をするにもキャンプと登山が生活の基本だった時期があって、 この漫画は何だか楽しい思い出部分のみ思い起こさせてくれる感じです。  「ヤマノススメ」は登山病や靴の破損、挫いたり、遭難の危険など 手軽な山でも、準備を怠ると危険であることを示唆するなど、 結構きちんとした感じだなと。  「ゆるキャン△」の方は、時期や気温を間違うと命に関わる話も 出てきます。  この二つには人気の差があって「ゆるキャン△」の方が後発ながら、 一般受けしそうです。 やはり、登山は目的地へは徒歩で行くこと 前提なので、ハードルが上がるのかもしれません。  一時期流行した山ガールも、どちらかと言うと「ゆるキャン△」 よりの人が多かったし。  私が登山を始めた時は、登る為の道具はあるけれど、選択肢は無く、 ランタンなど、普通に売ってませんでしたから懐中電灯とか。  食事など飯盒で炊飯、煮込み、焼きなど何でもこなして、 焚き火起こしも上手くなりました。高校に入って、ガソリンコンロを 手に入れてからはそんな事もしなくなりましたが。  本格的な登山の時は、装備が重くて40kg超える事も度々でした。 こんな成れの果てを考えると、キャンプ場で過ごした方が良いのかも。  富良野で2月に野宿キャンプした時は-26℃でえらい目にあいましたが、 まあ、そんな事はめったに無い事で、車から装備を幾らでも取り出せたし。  車でキャンプと登山を同時にする機会は多いですが、そんな時は 機械の偉大さを思い知らされます。  

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 327