ピクニックに行こう。

記事件数 27件

関心のあるものに追加

「 ピクニックに行こう。 」に関心のあるユーザー

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう25

    宿泊も無く、調理が簡易でピクニックはもちろんそうですが、 キャンプなどアウトドアでは包丁以外の刃物はあまり使わない事が多いです。 強いて使う刃物と言えばハサミですか、 その辺は漫画「ゆるキャン△」にも描かれています。 まあ、あれはハサミのみの多徳ナイフと言うギャグでしたが。 それに多徳ナイフのナイフはセンターからずれている事が多く、 ロックも無いものが多いので力仕事には向いていません。 なので、今回は雑誌の付録で優れたチョイスをした物をご紹介。 写真左側は釣り雑誌に付いていたもので、ハサミ、栓抜き、 マイナスドライバー、ペンチと言う、栓抜きを除いて 非常に使う頻度が高いor重要なギミック揃い。 栓抜きもマイナスドライバーのオマケなので邪魔にはなりません。 しかもカラビナになっているので、装着も便利です。 実際に50回以上使っているので耐久性も合格だと思います。 そして今回のオマケ、同時に持つことが多いのが右側の替刃式ナイフ。 1500円位で買ったものですが、使用頻度の高くないアウトドア用ナイフを きっちり砥げる人は少ないと思いますので、替刃式の方が経済的だと思います。 しかし、雑誌のオマケがこれほど良くなったのは大したものです。

    コメント | 5

    お気に入り | 0

    PV | 175

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう24

    ピクニックではあまり火気は使わないのですが、 紅茶沸かしの小さなコンロ位かな。 100円ライターでは味気ないので懐かしの「オイルマッチ」 昔は700円したものが100円。 マグネシウムのファイアスターターも100円。 昔は1000円位していたのに。 100円ショップ凄い。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 171

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう23

     ピクニックで火を使う事は少ないものの、たまに使うのですが、 ほとんどマッチで着火します。まあライターの方が便利なのですが、雰囲気です。 今回の話題は第一次大戦時の「トレンチライター」と呼ばれたもの、 所謂火縄ライターです。製品名は「チャーロープホルダー」 「トレンチライター」としか知らなかったので、何だか不思議です。 今回購入したのは左側、レトリックにエイジングされています。 これは第一次大戦時の実物からイメージを起こしているのだと思いますが、 実用上問題ないですが、消火蓋を繋ぐ鎖の設計コピーミスで、 少し改造した方が便利です。  右のは30年前に購入したシンプルなものです。専用の着火用の紐が現在では 生産していないので、木綿紐をほぐして太さを合わせて三つ編みしたもの。 戦時現地生産はこのタイプが多い感じです。  構造は着火石と綿紐を通すパイプと消火蓋のみと言う簡素なもの。 軍用支給と言うより、個人で現地製造や購入したものが多いです。 炎を出すには別途麻縄解いた屑とか必要なのです。 要はタバコ用として使用される事がほとんどでした。 目立つといけない最前線で最低限の光量でタバコに火を点けられるので、 重宝されたみたいです。なので、あまり便利なものではないのですが、 火を扱うのはアウトドアのアクセサリみたいなもの、雰囲気です。 この原理は知っていたので、昔、キャンプ中とかで 100円ライターのガス切れした時、穴を開けて綿紐通して火種にしていました。 知っていれば何とかなるものですね。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 174

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう22

     さて、暖かい日が続いて、そろそろピクニック日和だと思ったら、 雪降る京都、昨日は箕面423号線廻りの帰宅は 雪がフロンドシールド一杯に舞っていました。  で、こんな状況なので、道具の話ですが、今回はキャンプ寄り。 先日、友人が金欠+余剰備品の置き場に困っている、 という事で泣きつかれて購入したもの。 コールマン「PEAK1ランタン」 超小型ガソリンランタン。大学生の頃は憧れではあったものの、 光量はガスより優位でまずまずだったものの、 持続時間がLOで4時間程度、ガソリン燃料の補給、 点火過程の面倒さを考えると、一晩持つ中型ランタンか、 ガスランタンの方が良いかなと、購入を断念したもの。  状態は、部品関係の整備はあまりされていないものの、 使用回数が整備を必要するほどでもなかった様子。 クリーニングすれば見違えそうな状態になりそうです。 二台セットで安くすると購入した訳ですが  しかし君、何で3台も持ってるんだ?そんなだから金欠になるんだ。 と釘を差しておきました。ともあれ、一万円でいいと。 生産中止でプレミアだからオークションの方がいいのではと言ったのですが、 面倒だと言うのでそのまま買って帰りました。  よく見たら一個はModel 222Bピーク1。もう片方はModel 229フェザーランタン。 実質、同じものなんですけれど、レバー形状など細部が異なります。 元々、アメリカ向けはピーク1でしたが、同時期カナダではモデルナンバーで 売られていたと言う話もあります、いい加減なものです。  ピクニックなら充分以上の性能、オートバイのツーリングが一番向いてるかな? オートバイかあ、久々に一週間くらいぶっ続けで乗りたいなあ。 と言うより欲しいなあ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 179

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう21

     冬のアウトドア用暖房器具として、 旧型のアルコールコンロの芯を変え、燃料を灯油に交換して、 少し大きめの茶漉しを乗せて石油ストーブにしていました。 10時間以上と言う燃費は魅力だったのですが、近頃、 アルコールコンロが流行っているので、元に戻してみようと。  燃料がたんまり残っていたので、ある程度は取り出せましたが、 残りの分は点火して燃え尽きるまで待っていましたが、 それでも3時間以上掛かってしまいました。  これは、47年前に釣具メーカーの オリムピックが出していた アルコールコンロ。今のアルコールコンロと違い、揮発を主とせず、 石油ストーブと同じ構造、いや、更に簡略化したものです。 故に安価で、小学生に買えるほどでした。  火力は弱く、大きいものの、基本的には充分実用に耐え、故障知らず。 アルコールに戻し、コンロとして使う場合は満タンで5時間程度。 オートキャンプでは結構実用的、シチューとかにはもってこいです。 石油ストーブ構造は、燃料漏れの問題が付きまといますが、 燃料補給は、バーナー部で、輸送時にはバーナー部ごと蓋をする事で 解決しています。  釣具メーカーらしく、メイン素材はステンレスで、 50年近くたっても錆びません。  本日、石油燃焼時の煤を除いたので、アルコール燃料で試運転しました。 煤のない穏やかな火は30年ぶりくらいです。 お茶を沸かしてみようと思います。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 260

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう20

    今年は、沢山ピクニックへ行こうと去年から書き綴ってきたこのシリーズですが、 ピクニック先のお話をしたかったけれど、コロナウィルスと猛暑のおかげで 見合わせ中。 なので、またまた道具のお話になります。  今回は鉄瓶を整備したのですが、まあ、重いは容量少ないはで結構不便です。 登山は絶対と言っていいほど不向きな道具ですが、自動車でのピクニックには 丈夫でお湯も良い味になるので、お茶向きの道具です。  私のものは割合最近のもので、伝統の形状では無くて、モダンデザイン、 それでも10年程度経過しています。  鉄瓶は基本鉄剥き出しなだけに、強敵は錆です。 なので、常に使用後は空焚きして水分を飛ばします。 それでも内側は小さな錆びが出るので、そんな場合は、茶葉を煮込みます。 洗剤やたわし関係は厳禁で、基本水洗いです。  通常の形状の南部鉄瓶は焚き火向きの形状ですが、 この場合火口の小さいキャンピングコンロに向いています。 という事で、40年選手のキャンピングコンロ「オプチマス8R」 この組み合わせが効率良いです。 このコンロはお弁当箱型スチールケースに本体が収まり、 着火具、簡易整備道具も入り、パッキングも簡単なので、 登山でも重宝しました。火力も結構あるので普通に調理できます。 今は、マイクロガスバーナーとかもあるので選択肢は多いですね。 こうして道具が楽しくて拡げてしまうと、ピクニックかキャンプか 分からなくなってしまうのですけれどね。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 401

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう19.5

    大きいなあ、 何人分のサンドウィッチが入るかなあ。 1000人位でピクニックかな?

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 511

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう19

    案外、冬季のアウトドアは楽しいもので、 それは装備が揃えばもっと面白くなる訳ですが、 最近ますます凝ったものが登場しています。 今日試運転したのが、イワタニの「風暖」 カセットガス式のファンヒーターです。 昨年、購入したのですが、なかなかの活躍のあと 清掃、保管していたのですが、 とうとうシーズン目前での試験運用 焚くと暑いので、換気扇を回して点火。 通常のカセットガス式のストーブは、 強力なのでカセット1本で2時間。 しかし、これは1時間半、その分立ち上がりも早く 電動ファンが効率良く暖めます。 一時間半、滞りなく動いてくれました。 電動ファンなのに電池やコンセントはいらない優れもの。 この冬もがんばってくれそうです。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 584

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう18

    どんな環境でも外でご飯を食べると言う事は、食物の移送と調理が鍵になります。 ちょっとオートキャンプ寄りですが、便利な道具を手に入れました。 象印「TUFF GEAR」。これは、真空保温調理器な訳ですが、携帯バッグが付いてます。 これは、燃料節約になるのはもちろん、保冷にも使えるので、 小型クーラーボックスとしても使えます。 保温力は通常のクーラーボックスの比ではないほど高いです。 煮込みや保冷剤は5~6時間保ちます。 私はリサイクルショップで未使用品を1500円で買いました。 旧型なら案外こんな程度の値段であるので探してみるのも良いかもしれませんね。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 549

  • Thumbnail

    【雑談】ピクニックをしよう17

    キャンプやピクニックで使う鍋は、 パッキングに効率の良いものを選びたいのですが、 案外形が限られています。円筒形が多いのです。 できれば角が丸い直方体が良いのですが、 製作が面倒なのか、なかなかありません。 ホームセンターで偶然見つけた安いセットですが、 角型の鍋は効率的に素晴らしいのに、 なぜかカップは重ねられないと言う不思議なセットです。 100円ショップ セリアのステンレスカップと皿なら 4人分入るのにもったいない感じです。 貴重な角型鍋なので、 カップと皿は入れ替えて、使う事にします。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 598