• Thumbnail

    【日常】そうだ ベトナム、行こう。04

    東南アジア全般に言えるかもしれないが、 ダナンもバイクがとても多い。 四輪車が4割、二輪車が6割ほどの割合か。 6割バイクが道路をせわしなく走っている。 横断歩道があまりないので、道を横断するときは 適当な場所で渡ることになる。 右を見て、左を見て、もう一度右を見て、さあ横断… などと思っていたら一生渡れない。 一旦覚悟を決め、遺産相続で揉めないことを祈りつつ、 流れるバイクや車の隙間をぬってササーッと渡る。 敵も歩行者に慣れっこ、スルリとよけてくれる…と思う。 ※筆者の見解です。自己責任で。 ※2020年1月撮影。※ダナンにて。 ●FUJIFILM X-T2 XF16-80 f4 29mm(換算44)・SS1/20・f4・ISO1250

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 136

  • Thumbnail

    【日常】そうだ ベトナム、行こう。02

    ダナンに着いて第一印象。 とにかく車やバイクのクラクションが、とても賑やか。 例えていうなら、、、 クラクションの街ダナン! ダナンはクラクションで出来ている! クラクションがないとダナンじゃない! はい、ここで稲垣潤一が歌う♪ 「夏のクラクション」をどーぞ! 夏のぉぉぉぉ~♪~クラクション♪ じゃなくて。。。 そのクラクション、 威嚇や警告じゃなくて、自らの存在を アピールするために鳴らしているらしい。 信号や横断歩道のインフラが不十分だから アピールすることで事故回避しているものと思われる。 発進するとき、とりあえずプーッ! 右左折するとき、とりあえずプーッ! 夫婦喧嘩の後に、気晴らしにプーッ! 二日も経つとそのクラクションに慣れちゃった。 人間ってすごいのね。 東京に戻ったら…… あれ?こんなに街が静かだったっけ? ダナンクラクションが恋しい! ※2020年1月撮影。※ダナン市内で(ベトナム) ●FUJIFILM X-T2 XF16-80 f4 80mm(換算120)・SS1/315・f5.6・ISO200

    コメント | 8

    お気に入り | 0

    PV | 161

  • Thumbnail

    【日常】そうだ ベトナム、行こう。01

    ドラゴンブリッジ(ダナン) ベトナムは南北に長い国。 北のハノイ、南のホーチミンの丁度真ん中ほどにあるのがダナン。 日本から約6時間。ダナンは、日本でいえば京都のような古都。 1999年にユネスコ世界遺産にも指定されています。 ビーチリゾートとしてはまだ有名じゃないけど、 あと数年もするとアジア有数のビーチリゾートに なるのでは?とも言われてます。 確かに、ダナンのビーチ沿いには外国資本のホテルの 建設があちこちで行われてました。 そのダナンのハン川に架かる超有名な橋 「ドラゴンブリッジ(ロン橋)」。 レインボーブリッジも真っ青のド派手な橋でした。 2020年1月の撮影。このころはコロナ禍が こんなに広がるとは思ってなかったな~っ。 それにしても、ベトナムはコロナ対策の優等生で、 感染者288人、死者ゼロ(5/12現在)。 帰国しなかった方が安全だったかも…笑。 ※2020年1月撮影。※ダナン(ベトナム) ●FUJIFILM X-H1 XF16-80 f4 16mm(換算24)・SS1/30・f4・ISO4000

    コメント | 5

    お気に入り | 1

    PV | 208

  • Thumbnail

    【日常】オラ!キューバ! 06

    ハバナ市内を走るTAXIの種類は大きく分けて以下の4種ほど。 1●認可された正規のTAXI(外国人も乗車可) 2●認可された観光TAXI(オープンカー中心/観光客用で料金割高) 3●認可された地元用乗合TAXI(地元民専用で外国人乗車不可) 4●認可されていないTAXI(もぐり?外国人は自己責任) 私は滞在中、1・2・4に、乗りました。 中でも4のもぐりのTAXIと思われる乗車体験が最高に楽しかった。 TAXI等の表示が一切ないが、先方から声をかけてくるのですぐわかる。 古いヤツに乗ってみたいと誘惑にかられ、思い切り古い車を選び ハバナ市内から少し郊外の宿まで料金交渉し乗車。 交渉といっても行き先を地図で示し「8cuc(8ドル)で行って?」と。 「OK! OK! No Problem!(たぶん)」と運転手のおにーちゃん。 動かすのが神業レベルの怪しいお古いお車で、 たぶん秘密のシフトレバーを操っていたものと思われる。 おまけに地元民?なのに全く地理に不案内で、 少し走ると人に道を尋ね、少し走るとまた尋ね・・・・・!?。 挙句いきなり停車し路上の友達?と、しばしご歓談(ここで?) たぶん普通に走れば20分ほどの行程を40分ほどかかったものと思われ…ww これぞキューバ!些細なことは気にしない。清々しい。 ※2018年12月撮。※ハバナ旧市街にて(写真のTAXIは2の認可されたTAXIかと) ●FUJIFILM X-H1 XF56 f1.2 56mm(換算84)・SS1/4705・f1.2・ISO400

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 116

  • Thumbnail

    【日常】オラ!キューバ! 03

    キューバには2種類の通貨があります。 ●CUC(クック)は1CUC=1USDと、米ドルとほぼ同等の外国人専用通貨。 ●CUP(ペソ)は、25CUP=1CUC、現地の人用の通貨。 要するに、外国人が25円で買うものを現地の人なら1円で買えます。 私もハバナの空港に着いてすぐに日本円30,000円をクックに両替。 結局4日間滞在して日本円で3000円も余りました。 朝食だけはCASAで出されるので、昼食と夕食は外食なのですが それでも余っちゃった! 費用のほとんどがタクシーの移動料金と博物館等の入場料でした。 ちなみに写真のタクシーは現地の人専用の乗合タクシーで外国人は乗れません。 ※2018年12月撮。※ハバナ新市街にて ●FUJIFILM X-T2 XF10-24 f4 10mm(換算15)・SS1/60・f22・ISO250

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 137

  • Thumbnail

    【日常】オラ!キューバ! 02

    キューバはスペイン語圏。 だからキューバの皆さん、スペイン語がとってもお上手。 キューバ下調べで、英語はほとんど伝わらない!とのこと。 え~っでもでも、ちと大げさすぎない? ほんまでした! 空港や高級ホテル等では拙いブロークンイングリッシュが 通じましたが市内では全く英語は通じません。 キューバ旅行の宿泊先としてホテルもしくは、 CASAと呼ばれる日本でいう民宿ですね。 その二つから選択するのですが、私は後者のCASAをチョイス。 ということは、CASAのオーナーは普通のハバナ市民。 私     「 Good morning 」 オーナー  「 ・・・・? 」 最初はこんな感じでした。 で、一番活躍したのが「グーグル翻訳」。 アイフォンに事前に使うであろう日常会話をメモリーしておき それが随所で通訳してくれました。 多分、グーグル翻訳なかったら、 今頃はまだカリブ海辺りををさまよっていたかも。 写真はハバナ旧市街にて 撮影データ●FUJIFILM X-100F 固定単焦点23mm(換算35)・SS1/875・f2.8・ISO400

    コメント | 5

    お気に入り | 1

    PV | 160

  • Thumbnail

    【日常】オラ!キューバ! 01

    単身キューバに乗り込んだのが2018年12月。 以前から行きたくてたまらなかった国。 ハバナ4泊/機内1泊の6日間で行ってきました。 ゲバラとサルサと葉巻とラム酒の国。 もひとつ大事なのん忘れてない? はい、アメ車のクラッシックカーです。 目的は、その古いアメ車と旧市街のストリートフォト。 わざわざ地球の裏側まで車を撮りに行きました。 ちなみにアメ車はビジュアル的にグッドだけど、 マイカーにはしたくないな~でかいし燃費悪いし、 撮るならアメ車!乗るなら独車!飲んだら乗るな! どしてキューバにクラッシックカーが? 1959年にキューバ革命が起こり、それまでの親米バチスタ政権から カストロ社会主義政権に。革命後アメリカとは国交断絶。 以後部品の供給もなく50年代のアメ車が大量に残ることに。 はい、ハバナ市内は博物館級の古いアメ車がてんこ盛り。 大袈裟じゃなく市内走る八割ほどが古いキャデラックやシボレーetc。 日本じゃ絶対車検ムリ!どして動いてる?級のシボレーから ピカピカのピンクのキャデラックオープンカーなど全部旧アメ車。 メンテが大変らしく他車部品等をやりくりして凌いでいるらしい。  ハバナは旧アメ車の宝石箱や~~っ あまりの多さに初日でお腹一杯。二日目あたりから希少価値ダダ下がり。 ハバナ市内には、信号や横断歩道というものがないんです。 私が知る限り中心地に1箇所しか確認できず。 それでもヒョイヒョイと車の間をぬってハバナ市民は道路を渡ります。 最初は恐る恐る横断していたけど、半日もすれば慣れました。 そんなこんなのハバナの写真と旅行雑記を気まぐれアップします。 引き続き東京の写真もアップします。 ※オラ Hola とはスペイン語で「こんにちわ」。 キューバはスペイン語圏、英語もほとんど通じません。 写真はハバナ市街/海岸ぞいのマレコン通り 撮影データ●FUJIFILM X-T2 XF10-24 f4 13mm(換算21)・SS1/865・f7.1・ISO200

    コメント | 7

    お気に入り | 0

    PV | 211

  • Thumbnail

    【まとめよう】初めての海外旅行

    今日は4月3日金曜日 これまで海外旅行に行ったのは都合4回 そもそも臆病な私は English拒否男?なので とても海外旅行なんて行けやしないと 閉じこもり、もっぱら沖縄と札幌を ひたすら行くという 井の中の蛙状態でした そんな私が海外旅行に行くようになったのは 好きな女性が海外に居た からでは無論なく 勤続25年の特別休暇を昨年3月までに 消化しなくてはならず せっかく2週間も連続で休めるのなら 海外旅行でもと思い立ったのが始まりでした 最初はエミレーツ航空ファーストクラスで行く 北アフリカはモロッコの旅にしようかと 思案しましたが 初めてでいきなりセレブ(ファーストクラス)と お付き合いも敷居が高く 返り討ちに合うのが目に見えていたので挫折 似つかわしい方は居ないかと 旅行代理店のHPを物色 すると東京羽田初海外旅行 1泊3日弾丸ツアーで行く シンガポールの旅を発見 初体験の身としては 同じアジア圏で料理も合いそう しかもビジネスクラスでは無いものの エコノミー席より上質な プレミアムエコノミー席、巨体の私でも 楽に8時間近くのフライトを 過ごせそうと考え速攻で予約 他にもタイ王国やら 考えたりもしたのですが 実質1日しか滞在しない このツアー内容が気に入り 予約をお願いしました 出発約1週間前に旅のしおりとか 色々きて、ツアー参加人数が記載されており 確認すると3名? これでツアー成立するの?と 思ってた矢先、当日案内してくれる ツアコンさんから電話が有り 参加人数が1名減り2名との衝撃発言 最早ツアーでなく個人旅行?と 心の奥で叫びながら当日の 2月23日土曜日を迎えたのです かれこれ1年と少々 早いものです 色々紆余曲折有りながらも 初海外旅行にシンガポールに行きました 行くのが決まってから、当日搭乗予定の 鶴がシンボルマークの某大手航空会社さんの マイルを確認すると まぁまぁ貯まっていて 当日アップグレードが出来るのでは?と 密かに打算しつつ 羽田でチェックインする際 お願いしてみると 空席があり可能とのこと 初めてがエミレーツ航空の ファーストクラスとはいかないものの 日系のビジネスクラスと 御一緒できたのは最良だったと思います まぁー機内ではちょっとした 洗礼を受けましたが (食事の際、前菜が済み、メインを待ってると いきなりデザートをお持ちしましょうか? すかさず、ご飯を頂きたいのですがと問うと ご飯だけですか?と訝しそうに、こちらがあえてメインまだなんですとは言わず待っていると ようやく思い出され、遅いメインと白ご飯という、ちょっとしたハプニングを用意して下さってました) まぁー当日アップグレードなんで 眼中には無かったのかなと 自分を卑下しつつ僅かに ブルーな気持ちでシンガポールに向かいました でもそんな些細なことも忘れさせてくれるぐらい シンガポールは素晴らしい都市国家でした 初めてがシンガポールで大正解でした

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 194

  • Thumbnail

    【日常】台湾土産

    これも。。。 地元の人のお勧め からすみのソース(万能だれ)

    コメント | 4

    お気に入り | 1

    PV | 240

  • Thumbnail

    【日常】台湾のお土産

    定番のパイナップルケーキ(^ー^)

    コメント | 5

    お気に入り | 0

    PV | 228