• Thumbnail

    【まとめ】赤い悪魔? 過激な浦和レッズサポーターが起こした事件 - エキサイトニュース(1/2)

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160311/E1457406639996.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 131

  • Thumbnail

    【まとめ】人種差別発言は浦和サポ?もし本当なら、いろんな意味で浦和レッズは残念ですねぇ…。

    今日から始まった、Jリーグのチャンピオンシップ。 準決勝の浦和レッズVSガンバ大阪の試合は、延長戦の末ガンバ大阪が勝利しました。 浦和レッズはホームのサポーターの大声援を受けながら、またも勝負弱さを露呈しました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000121-spnannex-socc それにしても、まだ天皇杯は残っているものの、ここまで今季もタイトルは取れず。 ここ数年の大型補強に加え、今年は0円移籍で選手を大量獲得したにも関わらず、 今年もまだ続いている、浦和レッズのここ一番での勝負弱さ。 これは広島時代から無冠だったペトロヴィッチ監督の影響もあるのでしょうか? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151128-00010018-soccermzw-socc そんな中、とても残念なニュースが。 今日の試合の後、ガンバ:パトリック選手に対する人種差別発言がツイッターに投稿されました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00374658-soccerk-socc この発言をした人物は、自身のプロフィールで「浦和レッズサポ」を名乗っているようで、 これがもし本当なのであれば、とても残念なことですよね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000034-tospoweb-socc もちろん、一部のサポーターだとは思いますが、昨年3月の人種差別的横断幕を含め、 どうも浦和レッズのサポーターは問題行動が多いイメージがあるのは、僕だけでしょうか?

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 465

  • Thumbnail

    【まとめ】東口が神懸かったセーブ連発!ガンバ大阪が死闘を制し決勝へ!

    いよいよ11年ぶりのポストシーズン、Jリーグのチャンピオンシップが始まりました。 まずは今日、準決勝の浦和レッズVSガンバ大阪の試合が行われ、延長戦の末ガンバ大阪が勝利しました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-01407218-gekisaka-socc 延長戦もあったとは言え、両チーム合計38本のシュートが乱れ飛ぶ激しい試合。 そんな試合に決着をつけたのは、延長後半13分という残りわずかの時間でのガンバ:藤春選手のゴールでした。 藤春選手は今日が誕生日で、自らの決勝ゴールで祝う形となりました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00374527-soccerk-socc さらに劇的だったのは、その直前にガンバ:丹羽選手があわやオウンゴールになるバックパス。しかしボールはポストに当たり間一髪で難を逃れ、その跳ね返りをガンバ:東口選手がダイレクトで展開し、そこから一気にカウンターで生まれた得点でした。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151128-00010012-sdigestw-socc この時、すぐさま左サイドにパスを出した判断も光りましたが、この試合の東口選手は正に神懸かり的なセーブを連発し、ガンバの勝利に貢献しました。MOM選出も、文句なしといった活躍でしたね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00374470-soccerk-socc

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 391

  • Thumbnail

    【まとめ】年間総合1位は広島!浦和は大量に0円移籍で獲得したはずなのに…

    Jリーグはリーグ戦の全日程が終了し、年間総合の勝ち点1位はサンフレッチェ広島となりました。 http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151122/367429.html チャンピオンシップの行方はさておいて、広島はここ4年で3度の年間総合優勝を果たしています。 毎年主力選手の流出がありながら、見事なピンポイントの補強+若手の底上げが上手くいっている証拠ですね。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201511/CK2015112302000117.html 一方、またも浦和は年間総合優勝を逃しました。 今年は他チームから、あれだけ「0円移籍」で補強をしていたにも関わらず、です。 http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150113-OHT1T50205.html 「ビッグクラブを目指す」という浦和が0円移籍を誇らしげに語ることや、そもそも0円移籍のルール自体の是非は、ここでは置いておきたいと思います。 ただ、上の記事にもあるように「ACLを見据えた補強」と言いながら、そのACLは早々と敗退。 さらにナビスコ杯も取れず、挙句に年間総合優勝すら逃す。 これでは、あれだけの補強は何だったのか、と言われても仕方ない結果です。 http://www.footballchannel.jp/2015/02/20/post72919/ 一方、広島の補強は石原・高萩の抜けたシャドーの穴を埋めるべく、ドゥグラスと工藤。またファンソッコに代わるボランチ・DFの控えとしての佐々木。以上のピンポイント補強のみでした。 http://www.footballchannel.jp/2015/02/26/post73926/ ちなみに年間総合3位で、ACLでは準決勝まで進んだガンバ大阪の補強を見ても、FW赤嶺、MF小椋、GK藤ヶ谷というピンポイント補強のみでした。 http://www.footballchannel.jp/2015/02/16/post72166/ これら3チームの補強を比較しての結果論で言えば、広島と大阪は「チームの弱点を補うもの」として補強を行っている、ということだと思います。 浦和の0円補強の6選手を見ると、ズラタン・石原・高木・武藤と攻撃面の補強が目立ち、サイドは橋本、DFには加賀のみ。特に運動量が求められるサイド(WB)と、ボランチ・DF面の控えが薄いイメージがある浦和で、なぜこれだけ前線の補強に偏ったのか。特にボランチの補強が何故無かったのか。…0円で獲得出来るボランチが居なかったのかな(笑)。 仮に浦和がチャンピオンシップで優勝したとしても、これだけ他チームから0円移籍で獲得しておきながら、この結果では…。また、来年も0円移籍で補強しまくりますか?(笑)

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 941

  • Thumbnail

    【実況】Jリーグ、年間優勝は広島と浦和、どちらの手に?

    今日、いよいよステージ最終節を迎えるJリーグ。今年は2ステージ制となったものの、やはりJリーグ・サポーターの大半の本音は「年間総合優勝こそが大事」という意識だと思います。 その年間優勝争いは、サンフレッチェ広島と浦和レッズの2チームに絞られていますが、得失点差もあり、サンフレッチェ広島が圧倒的に優位な状況です。 http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151120/371614.html 最終節ということで、今日は全会場同時刻の開催ですが、各会場前半を終えた現時点で、   広島 3-0 湘南 浦和 3-1 神戸 ということで、このまま進めばサンフレッチェ広島が年間総合優勝に輝きます。 http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/ さらに、広島の佐藤寿人選手が1ゴールを決め、J1通算157ゴールで中山雅史選手の記録に並びました。 後半、一気に単独1位となる158ゴール目を決めるか、それも注目ですね。 http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151122/339763.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 202

  • 前へ

  • 1

  • 次へ