• Thumbnail

    【日常】村田大稀くんの詩

    読売新聞に、こどもの詩という欄がある。 プッと吹き出す詩も、 ほっこり優しい気持ちになる詩もあるけど、 少し前に見た、 岐阜県の村田くんの詩が心に沁みた。 平和とは 今日も誰かが悲しみました 今日も誰かが泣きました 今日も誰かが殺されました 今日も誰かが死にました そんな世の中を人は平和と言う 村田くんは、 これから大人になっていく。 描くべき未来のその背景が、 既にやるせない痛みや虚しさなら、 我々大人の責任は あまりに重すぎる。 誰しも、 人にはわからない哀しみや痛みを抱え、 置かれた状況の中で、 悩みながら今日を生きているけれど、 争いや不平等が無いことが平和なのではなく、 人のこころに この為に生まれてきたという目的と 誰かの為に生きているという希望があることが、平和なのではないかと 村田くん、 あなたの声が、 誰かの志に影響を与えていきますように。

    コメント | 11

    お気に入り | 1

    PV | 334

  • Thumbnail

    【雑談】離婚~ドアにかぎをおろした時(クソ長いし「メンドくせ~」って人は読まん方がいいで)

    TULIPの名曲「サボテンの花」のワンフレーズ。 恋人とじゃないが、似た感覚を味わった5年前。 5年前の2月に離婚をし、元妻は家を去った。 そこから二人の子どもと始まった生活。 そしてこの時点で、子どもと相談し引っ越すことを決めていた。 元嫁と共働きで支えていた家計なので、そこが抜け落ちると厳しい現実。 幸いに実家に数部屋の空きもあり、職場に近く、主夫もしやすい。 その春に高2・中3となる子どもらにも目を配れる利点があった実家。 「実家戻り」と揶揄されても、前に進む上での決断で、その一歩目は自宅の売却だった。 少し脱線するが、家事まで親に甘えるつもりもないし係る費用は当然払っている。 実家に戻って今に至るまで、洗濯や弁当作り含む食事も二世帯状態でやってきた。 それでも最初は双方にストレスもあったし、揉めることも多かった。 当時80歳手前の高齢の両親で、そこに3人が加わった5人家族。 少なくとも遅くまで灯りがつく子ども部屋に生活感は、用心の悪さを払拭させたように思う。 また孫と暮らすこと、気にかける相手がいることは両親にとって生活のハリにもなっている。 自宅売却に話を戻すと、間違いのない仲介業者探し、同時並行で断捨離をスタートさせた。 住宅ローン残債>売却価格を避けるため、残った候補2社にこう迫った。 「掲載価格云々でなく、最終的になんぼで売り切る自信がある?」と。 また、子どもらにも「持っていかれへん想い出の品、ごめんな。」と。 子どもらにとって学年も変わる4月は、大きな節目となる。 だから4月から、新たな環境でと引越しも決めていた。 断捨離に引越し準備に、そして決めた仲介業者からのオープンハウス依頼。 依頼が入れば毎回が大掃除と化す、住みながらのオープンハウスはキツかった(笑) 最初に気にいってくれた買主さんは、その方のローン申請がNGだったことも今は笑い話。 それでも引越し間際に新たな買主さんが確定し、引渡し期間は2ケ月程度って話だった。 それが先方の賃貸マンション契約更新の都合から、大幅な短縮へ。 5月の連休はどこに行くでもなし、子どもと3人、出て行く家の整理と掃除の毎日だったなぁ。 売買契約も済ませ、銀行でローンに係る部分を履行すれば、全てが終わり引渡しとなる。 引渡しの前日に、忘れ物の最終チェックで立ち寄った我が家。 新築で買った時は、当たり前にとても広く感じた自宅。 家具が入り家族が増えて、最後は狭く感じた自宅。 そして再び引渡しの時と同じ様に、何もない部屋に廊下にキッチンが目に写る。 また間が悪く、もうカーテンもない部屋に容赦なく差し込む夕陽って(―_―)!! 見事に微妙な感情を揺らしてくれましたわ。 最終チェックを終えクローゼットに天井収納に、そして各部屋を後にする。 玄関で靴を履き、そこから伸びる階段をぐっと見上げると・・ 「お父さん、お帰り~」って、幼かった娘と息子が出迎えてくれた、そんな声が思い返された。 このドアを開き出ていけば、もう二度と見ることのない自宅の光景。 最後の玄関からの景色を、しばらく眺めていたように記憶している。 決して大きくもなく豪華でもない家だったけど、想い出はいっぱい詰まっていたから。 そして家を出て、最後にやってくる「かぎをおろしたとき」 涙はこぼれなかったが、もう回すことのない鍵に特別な想いはこみ上げてきた。 5月も今日で終えようとする中、この下旬はふとそんな5年前を思い返したものだ。 離婚は双方で言い分もあり、明らかな瑕疵がない以上、本当の原因は夫婦にしかわからない。 いや、夫婦ですらわからないから、離婚かもしれないが。 ただ話し合ったり、修復に向き合えなくなった時、辿り着く先は離婚か仮面夫婦として過ごしていくか。 その仮面を被ることすら息苦しくなった時、やはりゴールは離婚となる。 いい風に言えば、僕も元嫁も、そして子どもたちも、笑顔を取り戻すために選んだ離婚。 その影で、きっとこの先も見せることがない心の闇を子どもに作ってしまったのも確か。 他方、子どもと一緒に暮らした5年に、その成長を大きく感じ取ることも出来た。 これを読んだ方から、美化と言われようが、詭弁と言われようが、そんなことはどうでもいい。 ただ、子どもたちがしっかり成長さえしてくれれば。 いずれ結婚するならば、親を反面教師に、壊れない幸せな家庭を築いてほしいと願うだけ。 離婚の数だけ離婚の事情もあるだろうし、これはあくまでも僕の事情で僕が感じたこと。 日々しんどいことはあるが、子どもの笑顔に支えられたところも多い5年間。 まだまだ自分自身も成長しないといけないし、挑戦も勝負もしないといけない。 ここまでしゃにむにやってきたように、明日も明後日も頑張るのみだ。

    コメント | 5

    お気に入り | 2

    PV | 380

  • Thumbnail

    【日常】軽くて楽しい毎日

    ボクらは、大人になればなるほど、いつの間にか誰かの価値観(観念)を生きるようになってしまう。 子どものころのボクらは、自分の感性にしたがって毎日楽しく過ごしていたはずなのに……。 そろそろ、他人の価値観を生きるのは辞めにしてもいいと思う。 ボクらは今この瞬間から、子どもの頃のように、無邪気で純粋な心で、自分の興味関心と情熱にしたがって動き始めるほうがいいと思う。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 282

  • Thumbnail

    【ニュース】【実録】セックスレスが原因? 夫の浮気は●●で忘れる! - エキサイトニュース(1/4)

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20161023/Mamatenna_43358.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 359

  • Thumbnail

    【ニュース】親の介入が難しい「子どものネットいじめ」救う鍵は一家団らんの食卓にあり - エキサイトニュース(1…

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20161025/Wooris_223406.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 176

  • Thumbnail

    【ニュース】ポジティブな子に育つ! 尾木ママ流「叱らずしつけ」のコツ - エキサイトニュース(1/4)

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161020/Urepia_64954.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 217

  • Thumbnail

    【ニュース】菅野美穂、スッピンに抱っこひも…あまりに理想的すぎる堺雅人との「夫婦生活」 - エキサイトニュース…

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160928/asahi_2016092800050.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 316

  • Thumbnail

    【ニュース】親子で食べてない!? 「がんリスク」を高める危険なおやつ3つ - エキサイトニュース(1/2)

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160904/Wooris_217356.html

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 290

  • Thumbnail

    【ニュース】“ママの死”で本当に描きたかったものとは? 大人気絵本『ママがおばけになっちゃった!』作者インタビ…

    http://www.excite.co.jp/News/column_g/20160908/Urepia_62610.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 164

  • Thumbnail

    【ニュース】スゴすぎて誰かに教えたくなる!風邪予防に効果絶大な「マヌカハニー」 - エキサイトニュース(1/5)

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20130928/ItMama_13391.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 164