• Thumbnail

    【雑談】復活の日

    今の新型コロナ騒動で思い浮かぶのが、1980年の角川映画「復活の日-VIRUS-」です。 昨今の状況は、リアル 復活の日 と思えるほどです。 当時、製作費に24億円もかけた割にヒットしなかったらしいですが、ジャニス・イアンが歌う"You are Love."が印象的で、好きな映画の1本です。 2時間38分の長編ですが、外出が自粛され、暇を持て余している方は見てみて下さい。 現代の過剰とも思える衛生面からすると、いくら40年前と言えどもそれはないだろうと思える対応にツッコミを入れると、あらゆるシーンにツッコミ処がありますので、それをしない前提で観て頂きたいです。 YouTube版は日本語字幕がないので、AmazonPrime版がお勧めです。 https://www.youtube.com/watch?v=pf8ogthnXMA

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 148

  • Thumbnail

    【雑談】チョコレート・ファイター

    近所のスーパーで「meiji マーブルジャンボ」を見掛けたので、つい手に取り購入してしまいました。(^^; 在宅勤務も自宅待機もない私の仕事、休みの日はなるべく、自粛要請を受け容れています。(^^; やることと言ったら、日常の掃除・洗濯以外には・・・インターネット閲覧とビデオ鑑賞ですかね。 Amazon Prime会員なので、無料で観られる映画が多数あり、ロードショー期間中に見逃した作品があれば観ます。 こんな話をしておきながら何んですが、ラインナップにはない「チョコレート・ファイター」という映画、10年以上前に公開された作品ですが、アクション特に武闘系が好きな方にはお薦めです。 ストーリーは気にしないで下さい。とにかくアクションが凄いのです。タイ映画なのですが、阿部 寛も出演しています。 ウリが "天才美少女・ジージャーのアクション" で、Bruce LeeやJackie Chanを意識しているのが見ていてわかりますが、だからこそ楽しめます。 実際、プラッチャヤー・ピンゲーオ監督が構想から完成までに4年もかけている、というのが見ていてわかります。 主役の女の子「ゼン」役の Jeeja Yanin 、パッと見は普通の女の子、池脇千鶴あるいは井上真央に似たあどけない少女という感じです。 キュートなルックスの少女のアクションといえば日本では武田梨奈が思い浮かびますが、Jeeja Yaninのアクションはそれを上回っていると思います。もともとテコンドーの選手なので、演技は本物です。 昨年発刊されたBruce Lee関連の本に偶々「チョコレート・ファイター」のことが書かれていて、実は2009年に日本で公開されており、DVDが発売されていることを知りました。勿論、すぐに入手しました。99分と短いのですが、見応え十分です。(^^)v タイトルの "チョコレート" にはあまり意味はなく、主人公の「ゼン」がチョコレートが好きだから、その女の子が闘うから "ファイター" 、唯それだけのことなんだと思いますが、そこは気にするところではないかな、と。 https://www.youtube.com/watch?v=S2Lkl6HX19o

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 156

  • Thumbnail

    【雑談】季節外れの雪・・・

    暦の上では既に春・・・。 昨日はまさに季節外れの雪。 報道によれば、東京でこの時期に雪が降って積雪があったのは32年振りだとか。(私の記憶では10年ほど前には4月に雪が降り積もったのではないかと) クルマで買い物に出掛けようと思ったが、今年は冬用タイヤに履き替えていないので断念。 不要不急の外出が自粛されていることもあり、自宅で籠ることにした。 久し振りに「永遠の0」を見た。 時間がたっぷりあるので、長編のテレビ版を見ることにした。 原作(小説)、漫画、映画、テレビドラマ、と色々な版があるが、どれも原作に脚色が施されており、基本的なストーリーは変わらないが随所が微妙に異なる点も見所である。 テレビ版は、2時間超×3という時間的な余裕があり、孫の慶子と健太郎が主軸に描かれている。 そして二人を通して「愛することや将来の夢について、困難かもしれないが進んで行ってほしい」という原作者の強い想いが伝えられているのを感じた。 今、いろいろ諦めていることがある自分に対して、少し頑張ってみようと思った。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 98

  • Thumbnail

    【雑談】小さなカフェ.。.:*☆

    日本の南の島にある 小さなカフェへようこそ(*´∀`) 出逢いは人を成長させてくれると 思っています。 穏やかな気持ちでいたいので 時々こちらで 南の島の綺麗な景色や 美味しいもの☆ 日々感じたことを 綴っていきたいと思います。 興味のある方だけ 見ていただければ幸いです。

    コメント | 112

    お気に入り | 5

    PV | 1593

  • Thumbnail

    【日常】アカデミー賞

    アカデミー賞の結果を見て、韓国映画パラサイトを観に行きました。昨年あれだけ感動したジョーカーをさしおいての作品賞ってどんだけ凄いんだ?って思い遠くのシアターへ行ったのに…。 (ここからはあくまで私観です)観て損した。美しくもないし感動もない。愛も感じられない。ところどころでアメリカにおべっか使って…こんな浅い、安い作品が受賞するなんて。アカデミー賞が最高だとは思ってはないけど、この程度の作品が受賞するなら、もうこの賞に価値はないと思います。いい映画はちゃんとあるのに評価されない、なんて時代になっちゃったのかなぁ。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 222

  • Thumbnail

    【雑談】宇宙からのメッセージ

    アノ映画のパクリ作品が、凄いらしい 1978年(昭和53年)か、知らなかった。 だって、当時小3だったもんな~。 https://buzz-plus.com/article/2015/12/20/message-from-space/ ジャパンアクションクラブ(JAC)俳優陣 千葉真一、真田広之、志穂美悦子 揃い踏み! https://youtu.be/IK_ZiX69yVU

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 129

  • Thumbnail

    【日常】映画『プリズナーズ』

    2013年アメリカ映画 監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演 ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール 監督が『ボーダーライン』、『メッセージ』    『ブレードランナー 2049』などの問題作を監督している  私の大好きなドゥニ・ヴィルヌーヴ監督なので  見てみようと思いました。 『メッセージ』はとくに 印象的な映画で [言葉] ”メッセージ”のもつ意味のようなものを 深く考えさせられて 大好きな作品のひとつです。 ストーリー自体は 少女二人の誘拐事件で 捜査する刑事と誘拐された父親が必死に犯人を 追い詰めていくストーリーです。 父親役にXメンやレ・ミゼラブルのヒュー・ジャックマンで この人は何を演じても筋骨たくましいウルバリンが かぶってしまうのですが、この映画では演出もおさえ気味で ウルバリンがかぶることなく、誘拐されて焦る父親役を 見事に演じています。 刑事役のジェイク・ギレンホールも 『ゾディアック』や『ナイトクローラー』など 多数の映画に出演して  わりと特徴的な顔の役者さんなのですが 本作では 見事に一刑事役に溶けこんでいます。 愛する娘を誘拐された父親は 犯人の1人と思われる青年を監禁して 拷問をして聞き出そうとします。 「ああ 神よ 全ての罪を許したまえ」 とつぶやきながら こういう人間の罪業を描いた映画は ラストはかなしい結末が多いのですけど 何度も もうダメって ハラハラとさせられながら 本作ではめずらしく、ハッピーエンドの 結末になっています。 謎ときもののミステリーとしても わりと意外な犯人で  ちょっと意表をつかれたりします。 世界的にも共通のテーマで 日本でも幼児性愛者や児童虐待のニュースは 毎日のようにおこっているので 日本でも似たようなドラマは作成されていますけど これ映画ぐらいに丁寧に撮影されたのは とても少ないように感じます。 ギャオで2月18日まで無料上映されています。 https://gyao.yahoo.co.jp/p/00025/v12632/ 2020年今年の秋 監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴで あのホドロフスキーやデビッド・リンチも 挑戦していた  あの問題作『デューン』が公開されます。 https://www.youtube.com/watch?v=q75RaebfRXw 私の好きなシャーロットランプリング、 スターウォーズのオスカーアイザックも 出演しているので楽しみです。

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 270

  • Thumbnail

    【まとめよう】『去年マリエンバートで』

    『去年マリエンバートで』 下高井戸シネマで上映中です。 京王線下高井戸駅 徒歩2分 改札口を出たらすぐ左にある階段を下ります。 (パン屋手前の「東口」階段) 階段を下りたら、左にぐるっと曲がり駅を出て 前に見えるレストラン(TONINO)の左側の道を 80メートルほど歩いて右手にあるビルの2Fが 映画館になります。(1Fは美容院と歯科医院) https://www.youtube.com/watch?time_continue=134&v=C2W12i3Qj3I&feature=emb_logo 『去年マリエンバートで』 (L'Annee derniere a Marienbad)は、 1961年公開のフランス・イタリア合作映画。 アラン・ロブ=グリエによる脚本をアラン・レネが監督。 1961年、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞。 脚本のロブ=グリエが、 黒澤明監督の『羅生門』に触発され 芥川龍之介の『藪の中』を下敷きにした作品。 ココ・シャネルが衣装をデザイン。 2019年10月25日より、YEBISU GARDEN CINEMAにて 4Kデジタル・リマスター版が公開。 ストーリー 主人公の男Xは、女Aと再会する。 Xは去年マリエンバートで会ったと語りかけるのだが、 Aは記憶していない。 しかし、AはXの話を聞く内に、 おぼろげな記憶を取り戻していく。 Aの夫であるMは、「去年マリエンバートで」 実際に何が起こったのか知っている。 男と女 光と影  フランス版『羅生門』  美しいミステリーです。 https://www.youtube.com/watch?time_continue=134&v=C2W12i3Qj3I&feature=emb_logo

    コメント | 2

    お気に入り | 1

    PV | 428

  • Thumbnail

    【雑談】【おススメ映画】ランダム存在の確立

    「ランダム存在の確立」 確かB級映画だったかな、 同窓会の集まりに向かう途中に彗星が地球に近づいて、その影響で他の平行世界がごちゃ混ぜになり、 同じ時系列に複数の自分が存在してしまっている!という状態になります。 今の自分たちと見分けを付けるように試行錯誤するのですが、 他の自分たちも同じことをやっていたりでさあ大変wといった状態で進んでいきます。 パラレルワールド系めっちゃ好き(*´▽`*)

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 88

  • Thumbnail

    【日常】スターウォーズ

    レイトショーでスターウォーズ~スカイウォーカーの夜明け~を観た。 たしかに面白い。面白いんだけどなにか物足りなかった。期待が大きすぎたのかもしれない。 前作がつまらなかったのは、本作品(3部作の最後)を盛り上げるための演出だと無理やり納得させただけに、本作品は期待外れだった。 ネタばれしないように具体的な感想は避けるが、色々詰め込みすぎじゃね?と思う。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 101