• Thumbnail

    【雑談】「麒麟がくる」が気になる・・・

    長谷川博己主演のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が、6月7日放送予定の第21話で以って一旦放送を休止することとなりました。(5/15 NHK発表) 新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、4月から収録を休止していたのですが、緊急事態宣言発令(4/7)とその延長(5/6)により、収録再開の見通しが立たないまま、撮影済みのストックがなくなってしまったそうです。 3年振り(?)の戦国大河ということで、初回から毎回楽しみに見ていますので、新型コロナウイルス恨めしや、です。 帰蝶役で出演予定だった沢尻エリカが昨年11月に逮捕され降板、川口春奈に交代し大幅な撮り直しが行なわれ、当初予定の1月5日から2週遅れの1月19日放送開始となり出足から躓きましたが、第1話の視聴率が19.1%と好スタート、以降5月9日の第17話まで二桁をKEEPしています。 まさに、大河ドラマというNHKの看板ドラマが復活したと思っていただけに、6月からの放送休止が残念でなりません。 東京オリンピック期間に5週間分の放送休止が予定されており、例年より5話少ない設定だったので、収録が再開され放送が追い着けば良いのですが、そうならないと越年あるいは大幅なストーリー短縮をせざるをえなくなるのではないかと・・・。 斎藤道三の死によって光秀は長良川の戦いの敗者となり、斎藤高政(義龍)に居城・明智城を攻められ落城、その後浪人としての生活を余儀なくされます。明智家を守るため越前に逃れ、朝倉家に仕官し、約10年間を越前で過ごし、室町幕府第15代将軍に足利義昭を就任させるために動き、織田信長の家臣となり・・・と話は続くのだと思います。 それが大河ドラマではどう描かれるのか楽しみですが、大河ドラマそのものの行く末が気になります。

    コメント | 0

    お気に入り | 1

    PV | 160

  • Thumbnail

    【サークル】直虎について語ろう

    内容にとても満足しています。 特に和尚の一言が好きです!

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 186

  • Thumbnail

    【まとめよう】2018年大河ドラマは西郷隆盛!キャスト・あらすじは?【西郷どん(せごどん)】

    第57作目となる2018年の大河ドラマが西郷隆盛(さごうたかもり)を主人公にした「西郷どん」(せごどん)に決まりました。原作は林真理子氏、脚本は「花子とアン」、「Doctor-X(ドクターエックス) 外科医・大門未知子」などの作品で知られる中園ミホ氏が務める。 http://blog.canpan.info/fukiura/img/5660/saigoh.jpg 男にも女にも“日本史上最もモテた男”西郷隆盛が主人公。西郷が主人公の大河は、平成2年の「翔ぶが如く」以来。明治維新から150年ということで、西郷さんを取り上げることにした。 http://www.nhk-ep.com/simages/product_image_huge/10936AA.jpg 林真理子氏 http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/topicks/article_thumb/41441_original.jpg 中園ミホ氏 http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20141224/2046336_201412240126292001419384564c.jpg ▼クランクイン 2017年夏の予定。 ▼放送はいつ? 2018年1月から全50回放送。 ▼キャストは? 主演俳優については、「(報道陣の)鋭い取材力がありますので、我々もあわてまくって発表しているのですが、主役は決まっておりません」とした。さまざまな報道があることは把握した上で、「決まり次第、ご報告させていただきたいと思っておりますので、あまりかぎまわらないでいただきたい」と冗談まじりに語った。 ▼あらすじ 西郷隆盛(小吉、吉之助)は、薩摩(鹿児島)の貧しい下級武士の家に育った。両親を早くに亡くし、家計を補うため役人の補佐として働くが、困った人を見ると放っておけず、自分の給金も弁当も全部与えてしまう始末。西郷家はますます貧乏になり、家族は呆れかえるが、西郷は空腹を笑い飛ばす。 そんな愚直な西郷に、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬(なりあきら)が目を留めた。「民の幸せこそが国を富ませ強くする」と強く主張する斉彬に、西郷も心酔する。西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走。薩摩のキーパーソンとなっていく。 生涯の師・斉彬との出会いと別れ。篤姫との淡い恋。仲間との友情と反目。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて行く。 以下サイト参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000325-oric-ent

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 511

  • Thumbnail

    【ニュース】草刈正雄が語る『真田丸』と俳優人生「三谷さんに出会って変わった」 - エキサイトニュース(1/5)

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160818/E1470649037521.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 151

  • Thumbnail

    【ニュース】竹中直人の多才すぎる経歴を振り返る! 俳優・映画監督・モノマネ芸人・歌手などで好実績 - エキサイ…

    http://www.excite.co.jp/News/90s/20160726/E1466993094243.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 135

  • Thumbnail

    【ニュース】『真田丸』信繁と茶々が急接近! 吉田羊演じる稲ついに登場 - エキサイトニュース

    http://www.excite.co.jp/News/cinema/20160514/Crankin_4303203.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 95

  • Thumbnail

    【まとめ】星野源が「真田丸」で初の大河、真田家と“因縁”2代将軍・秀忠演じる。 - エキサイトニュース

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160328/Narinari_20160328_36846.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 213

  • Thumbnail

    【まとめ】実は時代劇初挑戦の竹内結子!2016年に出演する大河ドラマ・映画について

    「えーッ、まだ出たことなかったの?」――そう思った方も多いのではないでしょうか。女優歴19年の竹内結子(35)が時代劇に初挑戦します。   その作品は、来年5月公開予定の「殿、利息でござる!」と、来年の大河ドラマ「真田丸」。出演作品についてまとめます。    ●「殿、利息でござる!」 この中で竹内が演じるのは、竹を割ったような性格の飯屋の女将。原作「無私の日本人」(磯田道史著)には登場しないキャラクターだが、中村義洋監督の「結子さんの日本髪を一度見てみたい」との希望で実現したそう。   初時代劇、初日本髪の竹内結子 http://img.stardust.co.jp/upload/news/51/5125.1447127565.jpg   原作は、「武士の家計簿」などの著作で知られ、“平成の司馬遼太郎”との呼び声も高い磯田道史さんの「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」。藩の重い年貢により、夜逃げが相次ぐ宿場町・吉岡宿を救うため主人公・穀田屋十三郎ら庶民が、藩に大金を貸付け、利息を巻き上げる「庶民がお上から年貢を取り戻す」逆転の発想で立て直した、江戸時代に実在した人々の奇跡と感動の歴史秘話を、『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-』などで知られる中村義洋監督がユーモアたっぷりに映画化する。   http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1511/1110/extra/news_header_tonorisokudegozaru_201511_04.jpg 公開予定:2016年5月14日(土)   ●NHK大河ドラマ「真田丸」 竹内は、秀吉最愛の側室で、秀頼の母でもある茶々(淀)役を演じる。同作は、戦国時代最後の名将・真田幸村(本名・真田源次郎信繁/堺雅人)を主人公に、真田信繁が戦国時代最後にして最強の砦『真田丸』を作り上げるまでの人生と、戦国の荒波に揉まれ続けた小さな家族船『真田丸』での長い長い航海の道程をドラマ化。脚本は、大河ドラマ『新選組!』(2004年)以来2度目となる三谷幸喜が執筆する。   http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20150924/2059637_201509240499584001443069079c.jpg 放送予定: 2016年1月10日(日)より(全50回)   時代劇出てるかと思ってました。意外です! 声の感じも昔の時代に合いそう。作品を含め気になります♪   以下サイト参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000005-nkgendai-ent http://www.oricon.co.jp/news/2059621/full/ http://www.stardust.co.jp/news/?id=4565   【映画「殿、利息でござる!」 HP】 http://tono-gozaru.jp/   【NHK大河ドラマ「真田丸」 情報サイト】 http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2550/222604.html

    コメント | 1

    お気に入り | 0

    PV | 436