• Thumbnail

    【ニュース】小林麻央 ブログ綴った骨転移「10年後も元気な人いる」と医師 - エキサイトニュース(1/2)

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160929/Jisin_25730.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 231

  • Thumbnail

    【まとめよう】小林麻央、遺伝性乳がんを否定 検査・発症リスクは?

    小林麻央さんが10月7日、自身のブログを更新。一部で自身の乳がんが「遺伝性」と言われたことについて「遺伝性の乳癌ではありませんでした」と否定しました。 http://www.jaxa.jp/article/interview/vol48/img/photo_02.jpg 「私が遺伝性の乳癌だと断定したようなことが一部で言われていたようなのですが」と伝えた小林は「私は、乳がん 卵巣がん症候群の遺伝子検査をした結果、BRCA1 BRCA2の変異はともに陰性で、遺伝性の乳癌ではありませんでした」と検査を実施したことを報告。 「乳がんを経験していた母は、ずっと胸のうちで『私のせいではないか』と自分を責めていました。そして、妹も乳がんとなると、姉(小林麻耶)は、相当不安があったと思います」と続け「私は、娘の麗禾(れいか)ちゃんのことも、とても心配で、私のせいで将来もし、、、と苦しい気持ちになりました」と心境を吐露した。 遺伝子検査については「実際に受けて、結果を待つ人にしか正直分からない気持ちだと思いますが、ここまで、不安や心配があっても、遺伝子検査の説明を聞き、実際、検査を受けると決め、採血をしたまでは、それほどまでの怖さを想像していませんでした」という小林。しかし「結果を待つまでの間にどんどん現実を知ることの怖さがつのっていきました」と明かし「遺伝子検査は想像以上にセンシティブなことだと分かりました」とつづりブログを結んでいる。 http://livedoor.blogimg.jp/breast_cancer_team/imgs/a/7/a701895b-s.png ▼遺伝性乳がん・卵巣がん症候群について 乳がんや卵巣がんの多くは、遺伝する病気ではありません。遺伝性のがんは、乳がんや卵巣がん全体のうち約10%。乳がんや卵巣がんの発症と関連している2種類の遺伝子が同定され、BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子と名付けられました。この2種類の遺伝子は男女関係なく誰でももっている遺伝子ですが、生まれつきこの遺伝子のどちらかに乳がんや卵巣がんの発症に関与する変化(病的変異)があると、乳がんや卵巣がんなどになりやすいことが分かっています。 ・発症リスク 日本人女性が生涯のうちに乳がんを発症するリスクは8%、卵巣がんは1% http://cureri.com/wp/wp-content/uploads/2016/08/shutterstock_316349876.jpg 以下サイト参照 http://www.oricon.co.jp/news/2079611/ http://www.hboc.info/ 【小林麻央 公式ブログ】 http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 655

  • Thumbnail

    【まとめよう】(画像)小林麻央がQOL向上の為に受けた手術とは?【乳がん】

    乳がんで闘病中の小林麻央さんが10月3日、自身のブログを更新。自らのがんが「ステージ4」であることを明かしました。 http://tr.twipple.jp/imgp/ce/c288fb.jpg (以下記事) "麻央は「私は、一般的には、根治は難しい状態と言われるかもしれません。色々なこと、真剣に、調べました。なので、それだけ、色々なことも分かっているつもりです」と心境をつづったうえで、主治医に対し「先生、私は治したいんです。奇跡を起こしたいんです」と伝えたという。すると主治医は「奇跡を起こすには、着実な一歩一歩を踏むことです。それなしに、奇跡は起こりません」と回答したという。 今の医師に出会うまでは「根治させたい」とは言えなかったという麻央だが、ついに「心の声」を言えることができたと明言。「前の私なら、言えなかったことも今は言えたりします。私はステージ4だって治したいです!!!」と、堂々と明かした。 さらに「遠慮している暇なんてありません!! だって、先生にも私は、奇跡を起こしたい患者なんだって思っていてもらいたいです」と心境を明かすと、「だから、堂々と叫びます! 5年後も10年後も生きたいのだーっ あわよくば30年! いや、40年! 50年は求めませんから」と思いのたけを吐き出した。 最後に「だってこの世界に生きてるって本当に素晴らしいと、感じるから。そのためにできることはやる。コツコツはカツコツ!」と前を見据えた発言で締めた。 麻央は1日に根治手術ではなく、局所コントロールのQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)のための手術を行っていたことを、同ブログで報告していた。" (画像) http://stat.ameba.jp/user_images/20160926/11/maokobayashi0721/16/96/j/o0480064013757887256.jpg ▼QOLとは 医療の現場では特にがんなどの難病にかかった時に、病気による身体的な直接の痛みだけでなく、精神的な不安やストレスまで含め、残された人生を少しでも穏やかで安らかに過ごすことを目的にした治療をいいます。一般的に考えられる方法は3つあります。 http://smart-list.info/wp-content/uploads/2016/06/artistic-78253_640.jpg まず、腫瘍の中核だけを摘出して、少しでも進行を抑えるという方法ですが、これはいちばん考えにくい方策です。摘出した後の欠損した皮膚をどうやって覆うかという問題が残ります。 次にがんが転移して、腋の運動を制限するほど大きくなったリンパ節だけいくつか摘出する手術です。そこまで大きくなるとリンパ節は壊死し悪臭を放ちますので、これだけは取っておこうということでしょうが、リンパ節転移はモグラ叩きのように次から次へと進んでいきますから、これもあまりQOLの向上には役立ちません。 いちばん考えられるのは胸水のコントロールです。おそらく現状では胸水がたまって、呼吸がかなり辛い状態だと思われます。そこでまず胸腔に管(ドレーン)を入れて胸水を抜き、そのあと抗がん剤を注入します。抗がん剤で胸膜にわざと炎症を起こさせ、胸膜の癒着を促すことで、胸水が溜まるのを遅らせることができます。胸水による呼吸困難は今後もっとも予想され、これがいちばん苦痛となるでしょうから、今後、胸水をコントロールし易くしておくための手術、というのであれば納得ができます。 この他に、皮膚欠損があるような局所進行状態や、痛みをともなうリンパ節転移の場合、その部分を切除して植皮することで、症状軽減や入浴ができるようになるなど、患者さんにとってはありがたい手術も考えられます。 QOLのための手術は、進行し、転移・再発していくまでの期間を少しでも延ばし、抗がん剤などの補助治療を行いながらがんと共存して、より普通に近い生活を長く続けることが目的です。事態がそこまで逼迫(ひっぱく)しているとも受け取れますが、ここまでつまびらかに状況を公表し続ける麻央さんの勇気に、私は敬意を表したいとすら感じています。 以下サイト参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000542-sanspo-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000005-dal-ent 【小林麻央 公式ブログ】 http://ameblo.jp/maokobayashi0721/

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 869

  • Thumbnail

    【まとめよう】(画像)小林麻央、肺や骨に転移あり 乳がん進行状況明かす

    乳がん闘病中の小林麻央さんが9月20日、自身のブログを更新し、現在のがんの進行状況などを明かしました。現在は肺や骨などにも転移があるようです。 http://dethein.net/tore/wp-content/uploads/2016/09/CrPN8IiUMAACt3G-e1472765674374-248x300.jpg (以下記事) "麻央はこの日、更新したブログで、がんの疑いのある細胞を生検したときのことをつづった。「生検の結果を聞くまでの10日間は、ひとりだけ違う時間軸に生きて、ゆっくりゆっくり皆とは違う暗闇に追いていかれるような感覚だった」と当時の不安な心境を振り返った。 しかし、結果を医師から聞かされる告知日は冷静だったようで「診察室に入った時の先生の表情で、『陽性だったんだな、癌なんだな』と分かった」と麻央。「心の準備は意外とできており、冷静に先生のお話を伺った」という。" また、「この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった」とし「(その後、現在肺や骨などに転移あり)」と現在の転移状況について明かした。" ▼ブログから、がんと診断される経緯、心の揺れ動きをたどる "◆9月1日 新ブログをスタート。「子供たちにとって強い母でありたい」。 ◆2日 「抗がん剤で髪が抜けるので」と試した金髪のかつら姿の写真を掲載。(がん公表後初の写真公開) ◆4日 「あのとき、もうひとつ病院に行けばよかった あのとき、信じなければよかった」とがん診断における後悔をつづる。 ◆7日 「不思議なぐらい天気で体調が左右される」。14年2月に初めて受けた人間ドックで、左乳房に腫瘤があり、がんの可能性が五分五分であると告げられたことを明かす。 ◆11日 別の病院で超音波とマンモグラフィー検査を受け、しこりも指摘されたががんの心配なし、生検の必要もなし、との診断。 ◆13日 14年10月、左の乳房にパチンコ玉大のしこりに気付く。「なんだこれ」と焦り、「心臓が音をたてました」。 ◆14日 再検査。脇のしこりも指摘され、「私、癌で、脇にも転移しているということですよね…」。医師から生検を勧められる。 ◆15日 生検で乳房に注射を打たれ、「バッチン!!バッチン!!」と細胞を採取する音で「私、癌なんだ」と実感したことを生々しく記述。抗がん剤治療でタキソールを投与し、副作用で「指先の痺れが強くなってきた」と明かす。 ◆16日 生検後、がんの可能性95%と告げられ、長女と長男の顔が浮かび「我慢したけれど、ポタリと涙が流れた」と述懐。長男の授乳中にがんが判明し「震えながらネットで『授乳 乳癌 赤ちゃん 影響』と調べまくった」こと、子供への影響を心配し「私のせいだ」と自分を責めたことを告白。(その後、医師から影響はないとの説明)。 ◆19日 生検後、95%がん、と言われてもまだ「残りの5%」の希望を捨てていなかったことを明かす。" (画像) http://stat.ameba.jp/user_images/20160902/13/maokobayashi0721/23/b1/j/o0480064013738366365.jpg http://stat.ameba.jp/user_images/20160919/06/maokobayashi0721/db/c6/j/t02200293_0480064013751887774.jpg 以下サイト参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000027-dal-ent http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00000087-spnannex-ent

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 822

  • Thumbnail

    【ニュース】タチのいいがん、タチの悪いがん~海老蔵さんの妻・麻央さんの乳がんに学ぶ - エキサイトニュース(1…

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160704/HealthPress_201607_post_2473.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 133

  • Thumbnail

    【ニュース】乳がんの小林麻央 全摘出しなかったのはなぜなのか? - エキサイトニュース(1/3)

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160714/Postseven_430149.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 141

  • Thumbnail

    【ニュース】乳がん北斗晶の夫・佐々木健介が懇願「仕事下さい」 - エキサイトニュース

    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20160501/Mamatenna_33468.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 1073

  • Thumbnail

    【ニュース】専門家に聞いた「小林麻央乳がん」の深刻度 - エキサイトニュース(1/3)

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160611/TokyoSports_551438.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 228

  • Thumbnail

    【まとめよう】小林麻央さんの乳がん ステージは深刻 種類は?

    市川海老蔵さんは6月9日、都内で会見をし、妻の小林麻央さんが進行性の乳がんであることを明らかにしました。 http://static.pinky-media.jp/matome/file/parts/I0002125/aa42214887d69b2b1cf6109ccdb3f7c8.jpg ”「単刀直入に言えば、乳がん。1年8カ月前の人間ドックで分かった」と説明した。 海老蔵さんは「進行のスピードは速い。(病状は)比較的、深刻であると認識している。現在は抗がん剤治療を探りながらやっている。よくなったり、よくなかったりを繰り返しながら、手術する方向で向かっている」と述べた。がんのステージには言及しなかったが、病状は「深刻だ」と明かして「途方に暮れたこともあった」と胸中を語った。さらに「(彼女が)いないと寂しい。いつも『いってらっしゃい』と言ってくれたが、この1年8カ月は違った。麻央の存在の大きさをひどく痛感した」と振り返った。” 引用元 http://mainichi.jp/articles/20160609/k00/00e/040/193000c http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20100311/74193_201003110221927001268285579c.jpg ▼がんについて ”がんは一般に早期がん、進行がん、末期がんの3段階に大別される。がんの進行度を表すのがステージ(病期)で、0、1、2、3、4の順で4が最も進行している状態。早期がんと進行がんの違いは、がんの種類にもよるが、一般的には「がんがどこまで浸潤しているか」で決まる。早期はステージ1、2。ステージ3以降が一般的には進行がんと呼ばれる。ステージ4がいわゆる「末期がん」になる。” 引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000108-nksports-ent 以下サイト参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000047-mai-soci

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 51591

  • Thumbnail

    【まとめ】「感情が崩壊」。両乳房切除のクリスティナ・アップルゲイト、術後の心境を語る。 - エキサイトニュー…

    http://www.excite.co.jp/News/world_ent/20121024/Techinsight_20121024_68671.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 113