• Thumbnail

    【雑談】☆彡評論家が多すぎる島国、日本の対応が遅いワケ☆彡

    ☆彡幹部会議で専務は、各部署の部長の意見に批判を投げるだけで、アドバイスは一切しないから、葬式みたいな会議になり、嘘の報告書だらけになります(-"-;)外注いじめ、賠償金を全額払わせる、36協定せず、むりやり残業を迫る、(?_?)、クワバラ、くわばら(-。-)

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 10

  • Thumbnail

    【雑談】【イ*ボウ論】・・・今日も朝から「イン*ウ論」・・・・本当は「ボウ論」であってほしいものだが・・・

    未だに「真犯人」が隠ぺいされている事件らしい・・・・アーメン・・・ https://youtu.be/HGQsa_f7QPE?t=2 リスナーのコメント欄も・・・疑問を呈しているようだ・・・(以下、3例) ↓ ●アメリカ911事件は不可解な疑問が数多く残っています。ネットやテレビでも多く疑問点の解析が進んでいる現状ですが、いまいち一般社会に浸透しきれていません。 私はネットやテレビで調べている内に、アメリカ911事件はアメリカの自演工作であるという判断に到っています。 数多く解析されている証拠がまだ一般社会に広く浸透していないことが、アメリカ911事件において最大の問題になっていると判断しています。 ●アラモ砦、メイン号事件、真*湾攻撃、トンキン湾事件など、アメリカが戦争を始めたい時は必ず国民を犠牲にして悲劇を作り出し、「リメンバー〇〇!」と敵への憎悪を煽るのが常套手段になってます。真実が明らかになる日がくることを願います。 ●(1週間前)アメリカあるある、なんならもう一回くらいこれくらいの陰謀が裏でコソコソ話が進んでいる。北朝鮮を織り交ぜて外敵の選定が済んだら次は、アメリカ内部での敵の選定である。 ちょうど良い内部の敵の選定が必要になってくる。気をつけていないと巻き込まれる可能性がある。それはアメリカ的発想で、豪快に執り行われるのである。経済的な一時的な崩壊も引き起こすであろう。結局、中東エリアが外敵になる(笑) アメリカあるある ・・・・・・ あくまで仮定の話ではあるが・・・・安全保障条約を結んでいる相手国の国民が、自国政府から「攻撃」を受けていたら・・・条約を結んでいる国としては、「どちらに味方」するのが・・・いいのだろうか?・・・ 悲しい「難題」である・・・ https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPW_kawaiisiroihana.jpg

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 13

  • Thumbnail

    【雑談】【格差社会in Korea】・・・・ヘルコ*アと自嘲するワカモノ・・・がちょっと悲しい・・・

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00027229-bunshun-int https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200124-00027834-bunshun-int 「無」競争ではなく「無限」競争とは・・・ https://bunshun.jp/articles/-/21728?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=relatedLink 参考: https://eiga.com/movie/91131/video/10/ https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vjj1xNSmL.jpg >>> 韓国 行き過ぎた資本主義 「無限競争社会」の苦悩 (講談社現代新書) 2019/11/13 金 敬哲 (著) 内容紹介 政府の過剰に新自由主義的な政策により、すべての世代が競争に駆り立てられている「超格差社会」韓国。その現状を徹底ルポ! 第一章 過酷な受験競争と大峙洞キッズ 第二章 厳しさを増す若者就職事情 第三章 職場でも家庭でも崖っぷちの中年世代 第四章 いくつになっても引退できない老人たち 第五章 分断を深める韓国社会 ◎子供 小学5年で高校1年の数学を先行学習、 1日に2、3軒の塾を回る。 幸福指数は、OECDの中で最下位クラス。 ◎青年 文系の就職率56%。 厳しい経済状況のもと、 人生の全てをあきらめ「N放世代」と呼ばれる。 ◎中年 子供の教育費とリストラで、 中年破綻のリスクに晒される。 平均退職年齢は男53歳、女48歳。 ◎高齢者 社会保障が脆弱で、老人貧困率45%以上。 平均引退年齢の73歳まで、 退職後、20年も非正規で働き続ける。 政権が政策を誤れば、これは世界中のどこの国でも起こりうる。 新自由主義に向かってひた走る、日本の近未来の姿かもしれない! 内容(「BOOK」データベースより) これは、近未来の日本の姿かもしれない。 著者について 金 敬哲 韓国ソウル生まれ。淑明女子大学経営学部卒業後、上智大学文学部新聞学科修士課程修了。東京新聞ソウル支局記者を経て、現在はフリージャーナリスト。 >>> (良い社会が訪れますように・・・・アーメン・・・) https://weblio.hs.llnwd.net/e7/img/dict/skbzk/plants-ma/mukuge_1.jpg

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 21

  • Thumbnail

    【雑談】【封じ込めin China】・・られた「非感染者」たちは・・逃げられなくなった・・という訳だろうか?

    「ウィルス封じ込め」はいいのだが・・・非感染者・健康な人たちは・・・危険な「汚染地域」に「閉じ込められた」ことにならないだろうか?・・・ 自動車や徒歩で「街を出て行く」のは、許可されるのだろうか?・・・・ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000038-jij_afp-int 参考: ●インボウ論とは関係ないことを・・・・祈りたい・・・ https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51I5Xb2d%2B3L.jpg >>> インフルエンザをばら撒く人々―金融寡頭権力の罠  2009/10/10 菊川 征司 (著) 内容(「BOOK」データベースより) 新型インフルエンザは、世界で感染者5億人、5000万人が死んだあのスペイン風邪のウイルスを人工的に改良した「生物兵器」であることが判明!さらに強力な、高致死率のインフルエンザも完成済み!散布されるときは近い…。 目次 第1章 戦前のスペイン風邪も生物兵器だった!?―インフルエンザの歴史をたどると見えてくる不可思議なデータ 第2章 戦争・虐殺・飢饉・疫病・出生抑制の5点セットで人口削減―「新世界秩序」を狙う者たちの知られざる大戦略 第3章 やはりエイズは米軍開発の生物兵器だった!―ナチスからアメリカに引き継がれた優生学の恐ろしさ 第4章 全世界の健康は製薬会社の利益の犠牲になっている!―ワクチン、フッ素、甘味料、携帯、牛乳… 第5章 新型ウイルスは、こうして世界にばら撒かれた!!―WHO、政府、製薬会社が危機を煽りワクチンで儲ける 第6章 危機と恐怖を煽って統制社会へ―監視体制が進む自由なきアメリカ 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 菊川/征司 富山県生まれ。在米生活30年。『闇の世界金融の超不都合な真実』などを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) >>> https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51MCCW4WHDL.jpg >>> 鳥インフルエンザの正体   2005/12/21 ジョン・コールマン (著, 監修), 太田 龍 (著) 内容紹介 あのジョン・コールマン博士は、鳥インフルエンザの大流行を予言、激しく警告していた! 陰謀論と侮るなかれ、日本のマスコミが報道しない重大な事実群 ・価値のない人間「無駄飯食い(ユースレス・イーターズ)」抹殺を狙うグローバル2000計画 ・トリからヒトへの伝染は、遺伝子操作がなされた細菌兵器だから ・ワクチン接種で急増する未知の病気、奇妙な疾病 ・予防接種に混入された高致死率の変種インフルエンザ ・エイズ、エボラ、新種マラリヤ、復活した結核菌も生物兵器研究所の産物 ・特効薬タミフル開発の製薬会社はLSDの原料も製造している。 ・しかもその製薬会社はラムズフェルド国防長官が会長をつとめていた。 ・ハンバーガーで発狂、狂牛病ウイルス汚染の米国産牛肉の危険性 ・全米で400万人が罹患のC型肝炎ウイルスは下水道に潜んでいる 内容(「BOOK」データベースより) なぜ日本のマスコミは、かくも重大な事実を報道しないのか。リメイクされたH5N1(鳥インフルエンザ)は伝染病といえる規模で登場し、動物からヒトへの障害を乗り越える能力によって、人類史上最悪の殺人伝染病のひとつとなる。 著者について ジョン・コールマン博士 1935年英国生まれ。元・英国軍事諜報部第6部(MI6)将校。 任地アフリカでの諜報活動中、英国王室と諜報機関が「300人委員会」を中核とする闇の世界権力の忠実な道具であり、全世界人類と諸民族国家の敵である事実を偶然に入手した秘密文章によって知り、MI6を脱出、1969年にアメリカに移住、帰化。 以後、30余年にわたって300人委員会などの活動を徹底して暴露、警告を続けている。 英国軍事諜報部は「裏切り者」は容赦なく抹*する組織であり、博士も報復として資産、年金、保険を剥奪され、著作には妨害工作、非難中傷が執拗にくり返されている。また2001年以後は、ELF放射線を使用と面しき攻撃が博士の自宅になされ、深刻な健康被害をこうむっている。 >>>

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 52

  • Thumbnail

    【雑談】【CATFISH(なりすまし?)】・・・の動画があるらしい(閲覧注意)・・・(英語版)

    「なりすまし」の被害が、米国ではあるらしい・・・↓ 心情的に見ているのが辛くなる・・・感じだ・・・ https://www.youtube.com/channel/UCCnWpQ_d4Y0xBHQZpEIdFcA/videos 中には、「なりすまし」が発覚後、2人の関係が進展して「ハッピーエンド(少なくとも一時的には)」なる事例もあったらしい・・↓ https://www.youtube.com/watch?v=pmtytOKsQNg https://www.youtube.com/watch?v=eujJFPkurgo https://fupo.jp/wp-content/uploads/2019/12/ab6ee1b3d4dcdb842c80d6c627a595de.jpg

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 47

  • Thumbnail

    【雑談】☆彡ベトナムの春節は明後日から始まります☆彡

    ☆彡khi toi dang lam viec dich thuat cho khach du lich nuoc ngoai o kyoto, toi da noi voi dong nghiep nguoi trung quoc rang toi muon tro ve que huong vi tet nguyen dan, nhung toi da noi rang dieu nay la khong the vi day la nhat ban.☆彡ベトナム料理の鍋は日本人に合うのかな?南方系な陽気さと日本人に似てる真面目さが半分ずつくらいですね?

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 67

  • Thumbnail

    【雑談】あき

    先日、ひびき型音響測定艦の3番艦「あき」が進水したと言う記事がありました。 潜水艦の音紋を取ると言うただでさえ珍しい艦種ですが、形状も珍しい双胴の大型艦です。 双胴船は横安定が非常に良くて、ヨットなどの高速化に寄与します。 しかし、この船は最大船速11ノットと普通に競技用ヨットに負ける程度の速度です。 荒天時に進路を確保する為の設計です。海洋音響装置は平時に準備するための艦船で、 速度が速いと音響測定が困難になるので速力は必要ないのでしょうね。 アメリカ海軍も胴形状の船体を採用しているのですが、それまでの双胴船の建造実績は 唯一日本の調査船だけだったので、建造開始はアメリカの方が随分早かったのに、 完成はひびき級の方が早くなってしまいます。 アメリカでさえ5隻しかない船を日本は3隻も持つ事になります。 戦争は平時から始まっているのは確かなようですね。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 115

  • Thumbnail

    【雑談】俺の漫画名作列伝「ストッパー毒島」

    数多ある野球漫画の中でも、個人的に一番好きな漫画です。 ドラフト下位で指名された主人公(素行不良のため高校野球に入部できず)が、プロ投手として成長する姿を軸に、お荷物弱小球団が優勝する物語。いわは、映画の「メジャー・リーグ」です。 とにかく、主人公を含め周りの選手の個性が面白い。そして、イチローをはじめとする実在のパ・リーグの選手たちが花を添えます。 セ・リーグと比べ日の目を見なかったパ・リーグには、数々の伝説が残っていて、それをさりげなく混ぜてくるところは、マニアの心をくすぐります。 そして、ラストの優勝決定戦の展開はもう神です。特に佐世保のシーンは鳥肌です。(読んだ人はきっと分かると思う)。本当に贔屓のチームが優勝したような感動を感じました。 作者のハロルド作石はこの作品の前の「ゴリラーマン」でも、間柴高校や堂上商業など古い野球ファンが喜ぶネーミングをしてくれました。 また、この後の「BECK」ではロック、「RIN」では漫画業界の、それぞれマニアックな話を展開して、ファンを楽しませてくれました。 現在の「7人のシェイクスピア」は「RIN」の流れを組む伝奇物語風ですが、これも面白い。大ヒットこそしないけれど、これだけコンスタントにヒット作を連発する作家は滅多にいないと思います。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 47

  • Thumbnail

    【雑談】潮時

    ちょっとここに長居し過ぎたようで、 そろそろ潮時かな?と思い、 今日で最後にしようと思います。 ここに登録する前は、たしかに友人が少なかったので、 新しい友人を求めて、このサイトに登録したのですが、 皮肉なもので、登録してから、実生活の方が男女の友人が増えました! 顔が見えることと、実際に会話をするということは大切ですね(^^) それでも、記事の投稿にハマりまして、 だらだらとここまで来ましたが、 ほんと、潮時です。 では、最後に届ける曲は、 ジャクソン・ブラウン「プリテンダー」 この動画は、2009年のライブで、ジャクソン・ブラウンを見いだしたデビッド・クロスビーが所属する、 クロスビー、スティルス&ナッシュとの夢の共演♪ では、僕の拙い記事を読んで下さった方、 本当に、どうもありがとうございましたm(__)m さようなら(^-^)/ https://youtu.be/BV03illYdTM

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 156

  • Thumbnail

    【雑談】【迷路遊びが出来る市役所】?・・・・近年の役所は「遊戯機能」も備えているのか・・・

    知人からの「報告」なのだが・・・とある市の市役所は、現在改装工事の真っ最中・・・ 建物内の部署の配置が、臨時で大幅に変更になっているらしい・・・ 入って所用を済ませる時には、「矢印(→)」などの誘導標識があるらしいのだが・・・ 帰りは「放置プレイ」になるそうだ・・・ そこで、多くの市民が「迷子」になって・・・「迷路遊び」を強要されるんだとか(苦笑) 幸い、昨今は高齢化の為か・・・時間の余裕のある市民が少なくないので・・・苦情はない・・・らしい というか・・・どこに苦情に行っていいのか・・・誘導指標は・・・ないらしい・・・ 高齢者の中には、一瞬「ここは何処?」と・・・ちょっと「ちがう」心配になられる方もおられるかも・・・・ 「そうじゃなかった」・・といって・・・安心される方も・・・おられそうだ・・・ https://www.youtube.com/watch?v=MJwCyuFEZm0 https://shikinobi.com/wp-content/uploads/2018/01/snowdrop-min.jpg

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 65