• Thumbnail

    【まとめ】人種差別発言は浦和サポ?もし本当なら、いろんな意味で浦和レッズは残念ですねぇ…。

    今日から始まった、Jリーグのチャンピオンシップ。 準決勝の浦和レッズVSガンバ大阪の試合は、延長戦の末ガンバ大阪が勝利しました。 浦和レッズはホームのサポーターの大声援を受けながら、またも勝負弱さを露呈しました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000121-spnannex-socc それにしても、まだ天皇杯は残っているものの、ここまで今季もタイトルは取れず。 ここ数年の大型補強に加え、今年は0円移籍で選手を大量獲得したにも関わらず、 今年もまだ続いている、浦和レッズのここ一番での勝負弱さ。 これは広島時代から無冠だったペトロヴィッチ監督の影響もあるのでしょうか? http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151128-00010018-soccermzw-socc そんな中、とても残念なニュースが。 今日の試合の後、ガンバ:パトリック選手に対する人種差別発言がツイッターに投稿されました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00374658-soccerk-socc この発言をした人物は、自身のプロフィールで「浦和レッズサポ」を名乗っているようで、 これがもし本当なのであれば、とても残念なことですよね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00000034-tospoweb-socc もちろん、一部のサポーターだとは思いますが、昨年3月の人種差別的横断幕を含め、 どうも浦和レッズのサポーターは問題行動が多いイメージがあるのは、僕だけでしょうか?

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 465

  • Thumbnail

    【まとめ】東口が神懸かったセーブ連発!ガンバ大阪が死闘を制し決勝へ!

    いよいよ11年ぶりのポストシーズン、Jリーグのチャンピオンシップが始まりました。 まずは今日、準決勝の浦和レッズVSガンバ大阪の試合が行われ、延長戦の末ガンバ大阪が勝利しました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-01407218-gekisaka-socc 延長戦もあったとは言え、両チーム合計38本のシュートが乱れ飛ぶ激しい試合。 そんな試合に決着をつけたのは、延長後半13分という残りわずかの時間でのガンバ:藤春選手のゴールでした。 藤春選手は今日が誕生日で、自らの決勝ゴールで祝う形となりました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00374527-soccerk-socc さらに劇的だったのは、その直前にガンバ:丹羽選手があわやオウンゴールになるバックパス。しかしボールはポストに当たり間一髪で難を逃れ、その跳ね返りをガンバ:東口選手がダイレクトで展開し、そこから一気にカウンターで生まれた得点でした。 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151128-00010012-sdigestw-socc この時、すぐさま左サイドにパスを出した判断も光りましたが、この試合の東口選手は正に神懸かり的なセーブを連発し、ガンバの勝利に貢献しました。MOM選出も、文句なしといった活躍でしたね。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151128-00374470-soccerk-socc

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 391

  • Thumbnail

    【まとめ】年間総合1位は広島!浦和は大量に0円移籍で獲得したはずなのに…

    Jリーグはリーグ戦の全日程が終了し、年間総合の勝ち点1位はサンフレッチェ広島となりました。 http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151122/367429.html チャンピオンシップの行方はさておいて、広島はここ4年で3度の年間総合優勝を果たしています。 毎年主力選手の流出がありながら、見事なピンポイントの補強+若手の底上げが上手くいっている証拠ですね。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/201511/CK2015112302000117.html 一方、またも浦和は年間総合優勝を逃しました。 今年は他チームから、あれだけ「0円移籍」で補強をしていたにも関わらず、です。 http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20150113-OHT1T50205.html 「ビッグクラブを目指す」という浦和が0円移籍を誇らしげに語ることや、そもそも0円移籍のルール自体の是非は、ここでは置いておきたいと思います。 ただ、上の記事にもあるように「ACLを見据えた補強」と言いながら、そのACLは早々と敗退。 さらにナビスコ杯も取れず、挙句に年間総合優勝すら逃す。 これでは、あれだけの補強は何だったのか、と言われても仕方ない結果です。 http://www.footballchannel.jp/2015/02/20/post72919/ 一方、広島の補強は石原・高萩の抜けたシャドーの穴を埋めるべく、ドゥグラスと工藤。またファンソッコに代わるボランチ・DFの控えとしての佐々木。以上のピンポイント補強のみでした。 http://www.footballchannel.jp/2015/02/26/post73926/ ちなみに年間総合3位で、ACLでは準決勝まで進んだガンバ大阪の補強を見ても、FW赤嶺、MF小椋、GK藤ヶ谷というピンポイント補強のみでした。 http://www.footballchannel.jp/2015/02/16/post72166/ これら3チームの補強を比較しての結果論で言えば、広島と大阪は「チームの弱点を補うもの」として補強を行っている、ということだと思います。 浦和の0円補強の6選手を見ると、ズラタン・石原・高木・武藤と攻撃面の補強が目立ち、サイドは橋本、DFには加賀のみ。特に運動量が求められるサイド(WB)と、ボランチ・DF面の控えが薄いイメージがある浦和で、なぜこれだけ前線の補強に偏ったのか。特にボランチの補強が何故無かったのか。…0円で獲得出来るボランチが居なかったのかな(笑)。 仮に浦和がチャンピオンシップで優勝したとしても、これだけ他チームから0円移籍で獲得しておきながら、この結果では…。また、来年も0円移籍で補強しまくりますか?(笑)

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 941

  • Thumbnail

    【実況】Jリーグ、年間優勝は広島と浦和、どちらの手に?

    今日、いよいよステージ最終節を迎えるJリーグ。今年は2ステージ制となったものの、やはりJリーグ・サポーターの大半の本音は「年間総合優勝こそが大事」という意識だと思います。 その年間優勝争いは、サンフレッチェ広島と浦和レッズの2チームに絞られていますが、得失点差もあり、サンフレッチェ広島が圧倒的に優位な状況です。 http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151120/371614.html 最終節ということで、今日は全会場同時刻の開催ですが、各会場前半を終えた現時点で、   広島 3-0 湘南 浦和 3-1 神戸 ということで、このまま進めばサンフレッチェ広島が年間総合優勝に輝きます。 http://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/ さらに、広島の佐藤寿人選手が1ゴールを決め、J1通算157ゴールで中山雅史選手の記録に並びました。 後半、一気に単独1位となる158ゴール目を決めるか、それも注目ですね。 http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151122/339763.html

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 202

  • Thumbnail

    【速報】日本対カンボジア戦を見て、改めてゲームを作れるボランチの重要性を感じますね

    昨日行われたW杯アジア2次予選、日本対カンボジアの試合は、2対0で日本が勝利しましたが、 内容はとても喜べるものではありませんでした。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151117-00000125-spnannex-socc 特に前半は、サイドからの単調なクロスの攻撃ばかりで、逆にカウンターからカンボジアに決定機を作られていました。 そんな中、後半から出場した柏木陽介選手が、的確なポジショニングや展開力、そして精度の高いパスでゲームを作りました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151118-00000017-mai-socc 前半は山口蛍選手と遠藤航選手という、どちらかと言えば守備力の高いボランチ2人だったため、効果的なパスがこの2人から供給されるシーンは少なかったと思います。また、展開も単調になりがちでした。 やはり、この試合だけを見てもボランチの位置からゲーム作れる選手の重要性を感じますね。 日本で現在当てはまる選手というと、上記の柏木選手の他に、ガンバ大阪の遠藤保仁選手、サンフレッチェ広島の青山敏弘選手、鹿島アントラーズの柴崎岳選手などが挙げられるでしょうか。これらの選手の所属チームを見ても(柏木選手は浦和レッズ)、どれも年間順位が上位のチームです。 やはり、これを鑑みても「ゲームを作れるボランチ」というのは重要だということでしょうね。 http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2015100741281.html

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 181

  • Thumbnail

    【まとめ】プリキュアに出演していた芸能人一覧【過去の出演者】

    プリキュアシリーズに出演していた芸能人をまとめます。   ・FUJIWARAの原西孝幸、藤本敏史 『スマイルプリキュア!』第17話「熱血!あかねのお笑い人生!!」 本人役で出演。 http://livedoor.4.blogimg.jp/jin115/imgs/b/a/ba00168a.jpg http://blog-imgs-56.fc2.com/k/y/o/kyomisin/smaprevol17-fujiwara01s.jpg ・オードリーの若林正恭、春日俊彰 『フレッシュプリキュア!』第27話「夏だ!祭りだ!オードリー!!」 本人役で出演。 http://blog-imgs-27.fc2.com/p/o/k/pokemogu/tv1249775658552.jpg http://imgcc.naver.jp/kaze/mission/USER/20140527/44/4648444/25/300x168xf1796126aa0fc6f98844b567.jpg http://lifepages.jp/wp-content/uploads/2014/05/onigawara.jpg   ・たむらけんじ 『Yes! プリキュア5 Go Go!』第17話「たむけんさんの宝物」 本人役で出演。 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/49/ad21a0d83c7baf0af68f21b5e2ea9ba4.jpg   きれいなたむけん http://blog-imgs-21-origin.fc2.com/i/m/o/imojersey/P42.jpg   本人に見えない・・ http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2013/07/20130730_tamuken_06.jpg http://blog-imgs-21-origin.fc2.com/i/m/o/imojersey/P41.jpg   ・羽鳥慎一(アナウンサー)、赤江珠緒(アナウンサー) 『スマイルプリキュア!』第8話「みゆきとキャンディがイレカワ~ル!?」 本人役で出演。 http://news.walkerplus.com/article/27808/122764_400.jpg   ・中山雅史(元プロサッカー選手) 『ハピネスチャージプリキュア!』第19話「サッカー対決!チームプリキュア結成!」 ぴかりが丘商店街サッカーチームの監督・ゴン役で出演。 http://blog-imgs-63.fc2.com/e/x/e/exemptyjmpd/20140608094113151.jpg   以下サイト参照 http://lifepages.jp/gonprecure-1470 http://xn--cckva9j7bxa7441dgtm.com/archives/337 http://matome.naver.jp/odai/2140116927988705801

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 6923

  • Thumbnail

    【速報】将来のサッカー日本代表の中心選手になる逸材、遠藤航!

    現在2018年ロシアW杯のアジア2次予選が行われており、日本時間の本日11月17日21時14分から、日本対カンボジア戦があります。 現在、グループEの首位に立っている日本ですが、2位シリアとの勝ち点差はわずかに1。しかも相手はここまで全敗でグループ最下位のカンボジア。首位通過のためにも、確実に勝つ事はもちろん、出来るだけ大量得点を挙げておきたいところです。 さて、前回のブラジルW杯での惨敗を受け、少しずつ若い世代の選手たちも代表に召集され、武藤嘉紀選手のように結果を出す選手も出てきています。 その中で今回は、今後の日本代表の中心選手となる可能性を秘めた、湘南ベルマーレの遠藤航選手を取り上げます。 http://www.jleague.jp/img/news/2015/06/1707.jpg 遠藤航(えんどうわたる)選手は現在22歳、ポジションはDF。しかし対人守備の巧さやボールを動かせる展開力を活かすためか、次のリオ五輪を狙うU-22代表ではボランチを務めており、またキャプテンも任されています。 http://web.gekisaka.jp/news/detail/?166315-166315-fl さらに、そこでの活躍が評価されて今年フル代表にも初選出。ここでは右サイドバックとして出場するも、しっかりと役割をこなし、適応力の高さも見せました。 http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=10597 さて、彼の1番の持ち味と言えばやはり「守備」。上記した対人守備の巧さだけでなく、身長は178㎝と決して高くないものの、当たりや空中戦への強さも持っています。 http://www.football-lab.jp/player/1000272/ こちらのデータを見ても、それらが分かりますよね。 そんな遠藤航選手、カンボジア戦には出場すると予想されています。 今年最後の代表戦でしっかり結果を残し、今後の代表に定着していけるかどうか、注目です! http://www.theworldmagazine.jp/20151115/02national_team/japan/27310

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 349

  • Thumbnail

    【質問】女の子にモテるのはサッカー部?野球部?

    中学、高校で男子がもっとも入る部活ですが、一体サッカー部と野球部どちらが 女子に人気なのか? http://www.footballchannel.jp/wordpress/assets/2013/03/20130329_ni.jpg サッカー部? https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/02/MG_8291_Kevin_Millwood.jpg/270px-MG_8291_Kevin_Millwood.jpg 野球部? 私的にはサッカー部の方がチャラくて野球部の方が真面目で照れ屋が多い気がします。 皆さんどう思いますか?

    コメント | 3

    お気に入り | 0

    PV | 597

  • Thumbnail

    【雑談】一日一笑 大喜利しましょうパート4

    http://www.res-blc.com/blog/images_mt/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9D%A2%E7%99%BD%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg この画像にストーリーをつけて選手同士のおもしろい会話をつけてみてください。

    コメント | 7

    お気に入り | 0

    PV | 386

  • Thumbnail

    【大喜利】一日一笑 大喜利しましょうパート3

    今日も始まりました。一日一笑です。この画像をみて大喜利してみてください。 http://blog-imgs-11.fc2.com/y/o/t/yottette/2007091302_2885295426.jpg

    コメント | 7

    お気に入り | 0

    PV | 766