• Thumbnail

    【雑談】軍用車両

    最近手に入れた本。 エンサイクロペディア、と言うにはちょっと薄い内容ですが、 案外面白い本です。 カラーイラスト軍用車両百科事典とでも訳すのでしょうか、 戦車からオートバイまで、時代も第一次大戦から1960年代までと、 範囲が広すぎて笑ってしまいます。 本来、本格的な書籍なら、 戦車一台でもこのページ数を凌駕してしまいます。 チョイスも雑で、結構有名な車両が載ってなかったり、 アルファベットや数字順なのか、日本の1974年制式の74式中戦車の後に 1938年制式の九七式中戦車が紹介されていたりとややこしい。 ダメ辞典の典型ですが、日本では未公開の写真が非常に多いのです。 滅多にこういった図書に登場しないフォルクスワーゲン181や シトロエン・メアリに至っては実戦写真です。 まあ、基本的に素人目にもいい加減な辞典なので、たたき売りされてました。 他にもチャーチル地雷処理戦車の稼働中など、そこそこ珍しい写真もあり、 600円の元は充分取ったなと、少しご満悦です。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 93

  • Thumbnail

    【雑談】手紙

    先日、手に入れた本。 Tamasin Day Lewis女史著「Last letters home」 第二次大戦の戦争遺族が戦地からもらった手紙と、 その時期の数週間の日々を照らし合わせて語るという本です。 まあ、英語はダメなんですが、手紙の方は簡単な文章が多いので何とか。 戦地から、恋人、妻、親、子、友人など様々な思いが交錯しています。 どこの国も下っ端の兵士たちが考える事は似たようなもので、 現状の苦楽、故郷への思いや気遣い等です。 ただ、西側連合国の手紙なので、受け取る側が戦地にならずに済んでいる分、 日本の兵隊の手紙より余裕が感じられます。 やはり鹿屋の特攻博物館の手紙なんかはきついですねえ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 162

  • Thumbnail

    【雑談】先輩

    大好きな 「先輩がウザい後輩の話」がアニメーション化されました。 溜め撮りを一気見です。丁寧な作りで、声優も良い感じで嬉しいです。 でかくて、一見ガサツな先輩と、かわいがられているのを自覚しつつも 素直になれない小柄な後輩を中心とした会社内の日常と恋愛。 何だか遥か昔の新人時代を思い起こす、ちょっと恥ずかしい面も素敵です。 「ちょっといい話」の積み重ね、幸せな気分の物語です。 あと少しで「先輩」の身分を脱する私ですが、 ちょっとだけ頑張ってみようかな。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 154

  • Thumbnail

    【雑談】薬屋

    お気に入りのライトノベルの漫画化されたものがあるのです。 「薬屋のひとり言」と言う作品です。 歓楽街の薬屋の娘で、攫われて奴隷として売りに出されて、 王家の後宮に勤める羽目になり、目立たぬよう日々を過ごしているのですが、 ある日、お姫様の子供の病気を治すヒントを密かに残したのですが、 ばれてしまい、いろいろなトラブルに巻き込まれていく話です。 舞台は古代中華みたいなのですが、はっきり特定できる部分が描かれていないので、 ファンタジーなのでしょうね。 この作品、漫画化に際して、同じ作品ながら二誌から発行されています。 ガンガンコミックス版「ねこクラゲ」さんが、 小学館サンデーGX版「倉田三ノ路」さんが作画担当。 ガンガンコミックス版は味のあるタッチで、 サンデーGX版はすっきりストーリーが追いやすい感じです。 絵のタッチは少し違うものの、キャラクターデザインは原案があるし、 ストーリーも原作に忠実ですからどうしてこうなったのか不思議です。 まあ、いい作品なんですけれどね。 アニメーション化される時はどっち寄りになるのかな?

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 160

  • Thumbnail

    【雑談】加護

    好きな小説がアニメーション化されました、 「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました」 と言う長いタイトル。2020年9月開始。先日撮りためたものを一気に見ました。 小説と漫画が好きだったので、アニメーションはどうかな? と思っていましたが、丁寧なつくりで安心しました。 ファンタジーもので、主人公は勇者のグループから離れ、 辺境で田舎暮らしをする話です。 定番の勇者物語とスローライフものですが、小さな事件と恋愛が進み、 勇者がらみで大きく話が進みます。 この話は、神様からの「加護」が職業や人生を決めてしまうような世界の中で 自身の意思と加護に縛られた人生との合間でどう生きていくか、が特徴的です。 加護に振り回される者、加護に適応する者、自身の意思を貫く者、 それぞれの人生が語られています。  漫画版の作者が「アニメーションにストーリーを追い抜かれた」と言ってましたが、 アニメーションはディティールを省いている面があるので、原作、漫画併読はお勧めです。 何にせよ良作なのと、終わり方に含みを持たせていたので、続編も期待できそうです。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 120

  • Thumbnail

    【雑談】虎

    寅年です。 多くのミリタリー好きが思い起こすのが、 第二次大戦中活躍したのドイツの「ティーゲル(虎)」戦車です。 故にミリタリー派の友人の年賀状はこの戦車のデザインが多かったのです。 現在みたいな無限軌道式の戦車の登場は第一次大戦ですが、 戦車の名前なんてどこの国でも、制式順や年式位だったのが、 第二次大戦の中盤辺りから名前が付くようになってきます。 ドイツも4番目までは四号戦車でしたが、五号戦車は「パンテル(豹)」 六号の「ティーゲル」となる訳です。 戦車の母国イギリスも「マチルダ」辺りから色々つけられますが 一貫性はあまりありません。 アメリカなんかは一貫して軍人の名前、日本は年式+分類記号、 ソビエトは「スターリン」戦車以外は制式番号、と言った感じでしょうか。 ドイツの戦車は猛獣の名前シリーズが多いのですが、 ポルシェ製は草食動物が多いのは何だか面白いですね。 戦争が進むにつれ名前が出てくると言うのは、士気高揚の為なんでしょうねえ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 186

  • Thumbnail

    【雑談】便利?グッズ

    何だか便利そう、と買ってみたグッズ。 バーベキューの時、網の上にのせるもの。 食品の脂なんかを網につけさせないし、丸洗いできる。 なんか、鉄板と重量しか変わらなくないかな? 耐熱温度260℃だと炎が当たるとダメだし、 誰かの家かオートキャンプの時しかバーベキューしないし、 ちょっと失敗だったかなあ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 145

  • Thumbnail

    【雑談】だるま

    新年の墓参り、東福寺でお守りを購入。 達磨さんがぷにぷにしてかわいい。 前にどこかで買った達磨の鈴と。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 145

  • Thumbnail

    【雑談】最初

     ガンダムって、放映したての時はマニアックな人だけ騒いでて そんなに人気が無かったのですが、なぜかサントリーの景品になっていて、 酒屋のおじさんが、人気無いがあまりくれたグラス。  サントリーエード 1Lサイズ二本で一個のグラスでしたが、 料理酒だったか何か買ったらくれたもの。 こんなもん後生大事に持ってるのは珍しいかもしれませんね、 マニア需要はあるのかな?

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 136

  • Thumbnail

    【雑談】ABC

    近頃、簡易なケーキ類ですが案外お菓子を作る事が多くなってきて、 そろそろパイやクッキーに挑戦しようかなと。  そんな昨日、朝一番に、と言っても8時頃ですが、 ご飯の材料を買いに出かけました。 まあ、歩いて5分のスーパーですが、帰り道、ちょっと遠回り。  と、「路傍に不用品あげます」の屋台、見てみると、こんなのが。 クッキー前に、スライスチーズでやってみたら面白い、 パイ生地、作る意欲が涌きそうです。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 175