• Thumbnail

    【雑談】テント

    先日、クラウドファウンディングサイトで宣伝していたテント。 バイクツーリング用のテントな訳ですが、バイクに引っ掛けて ポール代わりにするというものでしたが、昔、ツーリング時に 貧乏ゆえに、自衛隊用の長方形ポンチョでフライをつくり、 その下に登山用シェルターを立てるというのに近いなあっと。 オートバイもカバーしているみたいですが、 サイドスタンドでこの側に寝るのはちょっと怖いです。 こう言った地面では下石を置いたりして転倒防止するものの、 下敷きになる可能性は否定できなかったので、 効率は悪くなるものの私は反対側に立てていました。 なんか昔を思い出してしまいました。 また、貧乏ツーリング、行きたいなあ。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 167

  • Thumbnail

    【雑談】六角

    同僚が形のアウトドアテーブルに凝っている様子。 中に焚火台を入れるとの事、さすが焚火好きの面目躍如ではあります。 でも、収納性、組み立ての容易さ、座り心地、重量など、 どれをとっても今一つ、私にはその利点が見出せませんが、 同僚に言わすと「形がいい。」のだそうで、ミーハー力も発揮しだしたなと。 この高揚の最たるものは、レーザーカッターを持つ業者を見つけて、 オリジナルを自作したいので図面を引けと言い出します。 六角の一辺でも使えて、組み合わせても使えるものは少ないとか言っていましたが、 接合のアイデアはあるのかとか尋ねると、それはこっち任せ。 普通のベンチを六角形に並べた方が良いのでは?と思った初秋の一日でした。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 180

  • Thumbnail

    【雑談】夢の欠片

    昔、ハリウッド映画は夢があったと思います。 コスト。のせいか、コンピュータグラフィックスが 大きな割合を占める様になってからショボくなった気がする。 コンピュータグラフィックスが発展したけれど、 まだまだ人の目には追いついていないと言った所でしょうか。 ネットで見つけた大好きな写真。 「レッドオクトバーを追え」 ショーン・コネリー氏の表情と大屋台の比較が素敵です。 ハリウッド映画の夢の欠片に見える一葉です。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 150

  • Thumbnail

    【雑談】指輪

    昔、学生時代にジュエリー小物のロウ付けのアルバイトをしていました。 まあ、そんなに高価なものを扱っている訳では無い工場でしたので、 今はもうないと思いますが、模型作りの趣味が存分に活かせる職場でした。 規則も緩いので、個人個人が好みの道具を持ち寄って使っていた訳ですが、 個性が出たのは切削道具と照明具。 工場は普通の民家を改造したような場所だったので、 基本的な部屋の照明以外に小回りの利く照明が必要な場合が多く、 照明付きルーペや登山用のヘッドライトまで持ち込む人もいました。 私が重宝したのはこの「指輪ライト」白色LEDが出てすぐの製品でしたが、 あんまり売れなかったのか、格安で出ていて1ダース買いした記憶があります。 作業場では左右に一つずつつけて、なかなかいい感じでした。 そう言えば、工場でいらなくなった指輪ケースにこの「指輪ライト」を入れて 「プロポーズごっこ」を友人の女の子に仕掛けた時、「まあ、明るい未来ね。」 と言いつつ両側頭部を拳骨でぐりぐりされたのも懐かしい思い出です。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 195

  • Thumbnail

    【雑談】コーヒーメーカー

    会社にNestleの「バリスタ」とか言う機械が入ってきました。 要するにコーヒーメーカーな訳ですが、ブラックコーヒー、 ブラックコーヒーマグサイズ、カプチーノ、カフェラテなど 数種類があり、器用そうでコンパクトで今風のデザイン。 なんかオシャレだなと思いつつも、 紅茶党の私は淹れる機会がありませんでした。 そして本日、とうとう同僚の勧めで淹れた訳ですが、 これがうるさい。 特に紙コップを使った時のカプチーノはコーヒーミルより喧しい感じ。 うちみたいにガサツな事務所でも結構感じるのに、 オシャレなオフィスだったらどうなる事か…。 少し大きくなってもいいから何とかなりませんかねNestleさん。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 170

  • Thumbnail

    【雑談】雨具

    今年は雨の多い夏でした。 基本的に日本は雨の多い国ですが、 今年は夏の気温に影響を及ぼすほど多雨でした。 アウトドアでの基本雨具はレインスーツな訳ですが、 平地のアウトドアではそれにこだわる必要はないので、 傘などで間に合う事もあります。 便利なのはポンチョで、荷物ごと被ってしまえる上、 結構大きな一枚布の場合が多いので 簡易な棒と紐を使えば小さめのタープにも使えたりします。 軍用のものでは、いくつか併せてテントになるものもあったりします。 案外軍用のものは登山にも使えるように ボタンの配置が工夫されていたりしますが、 ヨーロッパのものは降雨量が少ないせいか防水が弱いものが多いです。 雨の多い日本や全世界で戦うアメリカ製はさすが防水ナイロン系です。 そんな中で私が好きなのはレインケープです。 ゴム引きレインコートとポンチョの中間的存在で、 採用している軍隊は少ないのですが、 なかなか有用です。 私愛用の東ドイツ製のものは、ボタンの縫い付けが悪くてはめにくいのですが、 それさえ直せば、防水性はポンチョ以上、 ポンチョの弱点の耐風性もある程度カバーできます。 軍用だけあって表面は火や擦過にに強い綿布、裏に防水のゴム引きで、 雨天使用後の乾燥は遅いものの、損傷に強い利点もあります。 ただ、一枚布でないので応用性はありませんが。 最新鋭のレインスーツは通気性、耐擦過性に優れますが、お高いです。 登山の折は必要ですが、雨の平地キャンプを楽しむ位ならば、 そこまで必要ありません。 後始末が大変ですが、雨のキャンプもなかなかいいものです。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 175

  • Thumbnail

    【雑談】丈夫

    昔、と言ってもそれほど遠くない昔、 カメラや腕時計なんかは一生モノと言う時代があって、 良いものを選ぶのに悩んだものでした。 私は写真が趣味だったので「カメラ」は悩みました。 基本的に登山やオートバイツーリング等、結構荒い事が多かったので、 電池のいらないメカニカルシャッター、それと衝撃に強い事が 筆頭条件でした。 当時の候補は2つ、ニコンのF2とキヤノンのF1。 でも最終的には、戦場カメラマンや報道関係の評判からF2にしました。 重いんですけれどね、それを補って余りある性能でした。 レンズは良いし、登山で何回か滑落しても、バイクの事故に巻き込まれても 表面は傷だらけになっても動作は確実でした。 フィルムカメラ、もうあまり使わなくなったけど、 たまに肩に重みを感じながら、フルアナログで写真を撮りに行くのは素敵です。 モータードライブはどこにしまったかなあ。

    コメント | 4

    お気に入り | 0

    PV | 175

  • Thumbnail

    【雑談】応用

    キャンプを繰り返していると、いろいろずぼらになってきて、 便利道具が増え、その応用も多様化してきます。 最近ちょっと凝っているのは、保温調理器。 実際のところ専用鍋ではなくてもいいので、 少人数分ならば、小さな鍋で複数調理できるのです。 その際、直径21cm以内である事、蓋付きが望ましい事、となると、 取っ手が邪魔になるので折りたためるコッヘルが向いていると。 私は一人で使っていますが、写真の平型コッヘルなら3個入るので 3人分は作れそうです。 加熱もご飯で沸騰3分、スープやシチューも10分程度なので、 燃料の節約にもなります。また、家で加熱しておいて、ピクニックも。 かさばるけれど、車でのアウトドアでは ほぼレギュラー道具になっています。

    コメント | 2

    お気に入り | 0

    PV | 165

  • Thumbnail

    【雑談】灯り

    今でこそアウトドアの灯りは多種多様化していますが、 私がキャンプを始めた頃は白熱球の懐中電灯にハリケーンランプが主流で ガソリンや灯油の気化式ランタンは、全土に電力が回っていない アメリカなどの国土の大きな国でこそ流通していましたが、 日本では高価なものでした。 そこで登山用に登場したのはガスのランタン。 「キャンピングガス」「EPI」のランタンが登場します。 「キャンピングガス」のランタンは初期、ガス缶にバルブが無く、 一度取り付けると器具から外せないと言う、 工具から引き継いだ欠点を持っていました。 登山具メーカーの「EPI」はガス缶にバルブがついていて、 撤去の際ガス缶を外して収納できました。 バルブ分ガス缶の値段は上がりましたが、 登山でも何とか持って行けるサイズになりました。 私の場合、厳しい登山が多かったので、 ランタンは車で行ける所でしか使わなかったのですが、 それでも非常にありがたかったです。 その後「キャンピングガス」もバルブ付きのガス缶を出して追いかけ、 シェア争いが熾烈になりますが、 東洋の島国で画期的なガス缶が発売されます。 「カセットガス」です。 家庭用コンロ向けに開発されたこのガス缶は 登山用と中身は同じで価格は1/5と言う優れもの。 ガス圧がひくい、寒さに弱いと言う評価も何のその、 ブースターをつけたり器具の方が進化してカバーしてしまいます。 ワンタッチ接続・安価・どこでも手に入るという利点が シェアを拡大させていきます。 しかし、灯りとしての革命が再び到来、白色LED照明器具が 力を発揮し出し、燃焼系の灯りのシェアを大きく奪い取ります。 これから燃焼系器具は灯りの範疇から少しずつ外れていくのかもしれません。 好きなんですけれどね、 暖かいと言うか熱い位の光。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 130

  • Thumbnail

    【雑談】浮く

    昔、ジェットスキーをやっていた頃、 琵琶湖をツーリングしたりしていました。 波の水しぶきの視界不良で位置を見失わないように、 GPSを携帯していましたが、それが防水の優れもの。 それに付属していたのが、この肩掛けストラップ。 なんと、浮きが仕込まれていて、水没しても沈みません。 今はGPSも新型に更新されましたが、このストラップは カメラ、ビデオ、電話の防水ケースにつないで、 キャンプとかで活躍中。 GPS15年、このストラップは30年、思わぬ活躍です。

    コメント | 0

    お気に入り | 0

    PV | 160