サークル|好きな和歌や詩に 思いを託して… (絡みなし)

82件の掲示板書込があります。
  • ゆふぐれは 雲のはたてに 物ぞ思ふ あまつそらなる 人をこふとて(詠み人知らず 古今和歌集)

    2019/06/27 11:29:23

  • 庭の面は まだかわかぬに 夕立の 空さりげなく すめる月かな(従三位頼政)

    2019/06/18 08:13:21

  • ・・・(北原白秋「落葉松」)

    2019/06/15 13:15:04

  • ・・からまつの林を過ぎて、ゆゑしらず歩みひそめつ。からまつはさびしかりけり。からまつとささやきにけり。 からまつの林を出でて、浅間嶺にけぶり立つ見つ。浅間嶺にけぶり立つ見つ。からまつのまたそのうへに。 からまつの林の雨は、さびしけどいよよしづけし。かんこ鳥鳴けるのみなる。からまつの濡るるのみなる。 世の中よ、あはれなりけり。常なけどうれしかりけり。山川に山がはの音、からまつにからまつのかぜ。・・・

    2019/06/15 13:12:53

  • からまつの林を過ぎて、からまつをしみじみと見き。からまつはさびしかりけり。たびゆくはさびしかりけり。 からまつの林を出でて、からまつの林に入りぬ。からまつの林に入りて、また細く道はつづけり。 からまつの林の奥も、わが通る道はありけり。霧雨のかかる道なり。山風のかよふ道なり。 からまつの林の道は、われのみか、人もかよひぬ。ほそぼそと通ふ道なり。さびさびといそぐ道なり。・・・

    2019/06/15 13:01:45

  • 願湧く 心しきりに 我にあり 海の夜ふけの 闇のそよかぜ(北原白秋)

    2019/06/15 12:24:27

  • 不死鳥よ 不死鳥よ わたしにも おまえのちからをかしてくれないか わたしは 焔々ともえたいよ そうして しずかな 灰になりたい そして ふたたび 甦りたい 不死鳥よ 灰の中からよみがえる術をおしえてくれないか(八木重吉)

    2019/06/05 08:21:33

  • 初春の令月にして 気淑く風和ぎ(仲春の令月 時和して気清し) まあ・・よろしいんじゃないですか、どちらでも。。個人的には、つるべい元年ですね♪

    2019/05/31 21:40:59

  • 誰かと話すことによって ぱっと明るくなったり 憂鬱になったりする でも孤独で話し相手も居なくなったら 絶望しかないのかな多分(つるべい)

    2019/05/28 22:14:51

  • いつかふたりになるためのひとり やがてひとりになるためのふたり(浅井和代)

    2019/05/28 08:12:05

1 / 9ページ
このサークルを管理者へ通報する

アバター

アバターでフレンズをもっと楽しもう!

フレンズちゃんねる